2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

争いのために壊される貴重な遺跡…歴史を軽んじる国家に未来はあるのか:トルコの空爆

なんとも悲しいニュースです。他国のものとはいえ、歴史的な遺産を破壊するような軍事行動を国家は取るべきではないと考えます。なぜなら、それこそが国家の正当性を担保するものだからです。



【2月1日 AFP】シリア北部のアインダラ(Ain Dara)神殿に建てられたライオン像の数々は、3000年間にわたり鉄器時代の証しとしてそびえ立ってきた。だが周辺地域がトルコ軍の空爆に見舞われる今、足元以外に残る部分はほぼない。

 シリア当局と地元クルド勢力は、同神殿がシリア北西部アフリン(Afrin)に対するトルコ軍の攻撃によって破壊されたと主張している。トルコ軍は約2週間前から、同国と国境を接するアフリンを支配する民兵組織「クルド人民防衛部隊(YPG)」に対する軍事作戦を進めている。

 丘の上にそびえるアインダラ神殿は、ヒッタイト新王国が栄えた紀元前1300年から紀元前700年ごろにかけて建造され、アフリン地域にある村にちなみ名づけられた。シリアの文化財保護当局は「アラム人が紀元前1千年紀にシリアで建造した中で最も重要な遺跡の一つ」だと説明している。

 だがアインダラでは今月26日、トルコ軍が空爆を実施。アフリンの文化財保護当局者によると、神殿の4~5割が破壊された。被害を免れたのは神殿の後部のみで、アフリンの緑の丘を見下ろすライオン像1体も難を逃れた。

via: 古代神殿が粉々に… トルコ軍空爆のシリア北部 写真9枚 国際ニュース:AFPBB News

img 0964c09bc7f191478f3db59198709f74263698 争いのために壊される貴重な遺跡…歴史を軽んじる国家に未来はあるのか:トルコの空爆

 

国家の正当性は歴史にある

非常に悲しいニュースです。現地の人間からすればまさに心の拠り所であり、自分たちの文化の全ての中心である歴史的建造物が破壊されたわけですからこの衝撃や怒りは相当のものがあるのではないでしょうか。一体トルコはなぜこのようなことをしてしまったのか疑問が残ります。

 

国家の正当性というのはどこから来るでしょうか。つまり、なぜ国家は人を殺したり税金を掛けることが許されるのでしょうか。それは、国家が国民のためにする限りにおいて許されることです。人を殺すのは死刑という形で秩序を守るため。税金を掛けるのはそのお金を福祉政策や公共インフラのために使うためです。

 

そのような機能的な正当性のほかに、歴史的な正当性というものもあります。すなわち、古来から続く文化や伝統として国家が存在しているのだから、それは尊重するべきだという国家観です。これはまさに歴史と紐付いているものであり、国家とは歴史そのものであるともいえます。

 

歴史は国家の要であり中心ですが、だからこそそれが破壊された場合に国家が国家としての体を保てなくなることも当然ありえます。支配に正当性がなければ国民は反発するからです。歴史は国民一人ひとりが共有する一種の共通前善として機能し、その歴史を共有しているものとしていないものとの間にウチとソトを作り出す効果を持っているのです。例えば日本人が幼少期から海外で過ごし、桃太郎も知らないとなると私達は驚き、その人を日本人を認めたくない気持ちが湧くこともあるでしょう。それがまさにこの歴史と民族の関係なのです。

 

戦争中であってもやっちゃダメなことはある

極めて貴重な歴史的建造物に関しては、例え戦争中であっても破壊してはいけない。こんな当たり前のことを守れないような国家がいるということが信じられません。日本だってもしも戦争中に京都や奈良の建造物が破壊されていたら、再起不能なレベルで文化が侵犯されていたはずです。

 

積み上げるのは難しく、壊すのは酷く簡単です。だからこそこのような暴挙には厳しい態度を国際社会が見せるべきではないでしょうか。許されないことです。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る