2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

テレビはバカを喜ばせるためのもの 

バカが多いのには理由がある

経済小説家の橘玲が 『バカが多いのには理由がある』という本を出版するようです。その書き出しが、ブロゴスに掲載されて、ちょっと話題になっていたので、今回はこの記事について。

 

本自体は入手していないし、読んでいないので、あくまでブロゴスに掲載されている部分のみで論考します。





テレビは馬鹿を喜ばせるためのもの

橘氏が会ったある民放テレビのディレクターは、「昼間からテレビを見ている人はバカだ。バカを喜ばせるために番組を作っている」というような発言をしたそうです。橘氏曰く「ニヒリズムに満ちた」このディレクターのような考えは、メディア全体を覆って、売れる記事・コンテンツ作りを加速させてるんだとか…。

 

うーん、何からコメントしていいやら。

 

このディレクターの発言は視聴者をバカにするための発言ではなく、ある種の自虐なんじゃないかなぁと感じられました。公の場で発言したわけではなく、自分の意見・話なんか役立たないっていう文脈で発した言葉ですし。 テレビ業界・メディア側の傲慢云々っていう意見も、ブロゴスにはたくさんありましたが… 真意は、本人のみぞ知るってことではあるんでしょうけどねぇ。

 

テレビを見ている人は馬鹿なのか

彼(ディレクター)の話は置いておくことにして… テレビを見ている人がバカなのかどうか(テレビはバカに娯楽を提供するためのメディアなのかどうか)という話について。

 

じゃあ、どのメディアなら高尚なんだよ、と思ってしまう。ネットなんだろうか、それとも紙媒体なんだろうか…。新聞?本…? いろいろと比べてみると、テレビだけが特筆して低俗ってわけでもないんだろうなぁと思えてきます。 バカは見ないような番組もあるわけですし。

 

そもそも、何も考えずバカになってテレビを見るってのがそんなに悪いことなのかどうか… バラエティ番組とかワイドショーとかを楽しむってのは、「バカ」なんだろうけど、それで何が悪いんだよって思います。

 

※このあたりの論点は、橘氏自身が設定・主張している論点ではないので注意。

 

バカの定義

橘氏がどういう主張を繰り広げるのかはよくわかりませんが、「バカを馬鹿にするような論調」が増えてきているような気がするのが気になります。

 

バカの定義が広くなりすぎているのも気になる。 昼間にテレビを見るような層はバカだ、メディアから受働的に情報を受け取るだけの人はバカだ。こういう定義は明らかに広すぎる。 わたしは、話が通じないだとか、日本語ができないだとか、一見明白にバカだと断定できる場合に限定してバカという言葉を使う方がいいんじゃないかなぁと考えています。

 

記事引用

ずいぶん昔の話ですが、仕事の企画で民放テレビのディレクターに会いにいったことがあります。彼は30代後半で、視聴率の高いワイドショーを担当し、業界ではやり手として知られていました。

「僕の話なんか聞いたって仕方ないですよ」

開口一番、彼はそういいました。

「昼間っからテレビを見ている視聴者って、どういうひとかわかりますか? まともな人間は仕事をしているからテレビの前になんかいません。暇な主婦とか、やることのない老人とか、失業者とか、要するに真っ当じゃないひとたちが僕らのお客さんなんです。彼らをひとことでいうと、バカです。僕らはバカを喜ばせるためにくだらない番組を毎日つくっているんですよ。あなたの役に立つ話ができるわけないでしょ」

彼はテレビ局のエリート社員ですから、この偽悪ぶった言い方がどこまで本音かはわかりません。私が驚いたのは、その言葉の背後にある底知れぬニヒリズムです。

彼によれば世の中の人間の大半はバカで、1000万人単位の視聴者を相手にするテレビ(マスコミ)の役割はバカに娯楽を提供することです。その一方で、テレビは影響力が大きすぎるので失敗が許されません。そこでテレビ局はジャーナリズムを放棄し、新聞や週刊誌のゴシップ記事をネタ元にして、お笑い芸人やアイドルなどを使って面白おかしく仕立てることに専念します。これだと後で批判されても自分たちに直接の責任はないわけですから、番組内でアナウンサーに謝らせればすむのです。

「バカだって暇つぶしをする権利はあるでしょ」彼はいいました。「それに、スポンサーはバカからお金を巻き上げないとビジネスになりませんしね」

いまではこうしたニヒリズムがメディア全体を覆ってしまったようです。嫌韓・反中の記事ばかりが溢れるのは、それが正しいと思っているのではなく、売れるからです。ライバルが過激な見出しをつければ、それに対抗してより過激な記事をつくらなければなりません。

近代の啓蒙主義者は、「バカは教育によって治るはずだ」と考えました。しかし問題は、どれほど教育してもバカは減らない、ということにあります。

だとしたらそこには、なにか根源的な理由があるはずです。

 

via: テレビはバカに娯楽を提供するメディア

 

関連記事

 

b0e445b1550964716e85b97421ddb15d テレビはバカを喜ばせるためのもの 




関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (6)
    • キジトラさん
    • 2014年 7月 28日

    そりゃあ馬鹿ブログの管理人には理解できるはずもない話題なんだから
    馬鹿なら馬鹿なりに黙っておけば馬鹿がバレにくいのにこれだから馬鹿は

    • キジトラさん
    • 2014年 7月 28日

    うーん、なにやらコメントしていいやら。とりあえずきもす。

    • キジトラさん
    • 2014年 7月 28日

    自分に都合が悪いコメントは消すとか馬鹿すぎワロタwwwwwwwwwwwwwww

    • キジトラさん
    • 2014年 7月 28日

    ((☛(◜◔。◔◝)☚))ココ、大丈夫ですかァ~??

    • キジトラさん
    • 2014年 7月 29日

    高卒で50代のヒマな主婦でもわかる番組を作れ、だっけ?
    nhk関係者が漏らしてたやつって

    • キジトラさん
    • 2014年 7月 29日

    ネトウヨはバカ!っていいたいだけの記事に文字数割きすぎだろ

広告

おすすめサイト:Freemake YouTube ダウンロードソフト

 



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る