2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

Twitter、自殺を促すようなアカウントを凍結対象にすることを決定

凄惨な事件を経て、Twitterは急速にその体質を変えています。これは望ましい変化だと考えていますが、自由を求める人たちには嫌がられるでしょう。



Twitter Japanは2月21日、Twitterルールで禁止している「自殺や自傷行為の助長」の定義や、自殺を助長するツイート投稿者への措置を、ヘルプセンターに明記した。「自傷行為や自殺の助長・推奨のみを行っているアカウントは凍結される可能性がある」としている。

yx tw Twitter、自殺を促すようなアカウントを凍結対象にすることを決定 更新されたヘルプセンターより

 「自殺や自傷行為の助長」とは何かを明確に定義。「過食症、拒食症、接触行動に重大な混乱を引き起こす深刻な病気など、摂食障害を助長または推奨する」「自殺の方法を教えたり、集団自殺や自殺ゲームに参加したりするなど、自らの命を絶つ行為を助長または推奨する」などと具体的に記載した。

 自殺や自傷行為の推奨を行うなど、ポリシーに違反しているとみなされた場合、ツイートの削除が要請されるか、アカウントが一時的にロックされツイートできなくなることも記載した。繰り返し違反したり、自殺や自傷行為の推奨のみを行っているアカウントは、凍結される可能性があるという。

 昨年起きた、自殺志願者をTwitterなどで誘い出し殺害したとされる神奈川県座間市の事件を受け、同社は自殺関連の対策を強化しており、今回の対策もその一環。これまでに、自殺願望をツイートしたユーザーへのケアや、自殺関連ワードを検索したユーザーに対して、専門の相談機関を紹介するといった取り組みを行っている。

via: Twitter、自殺助長ツイート投稿者は「凍結の可能性」 ヘルプセンターに明記 – ITmedia NEWS

twitter1 Twitter、自殺を促すようなアカウントを凍結対象にすることを決定

 

twitterは自由な場?

Twitterといえば匿名で自由なことを呟ける場として非常に人気を誇っているSNSの一つです。が、あらゆるwebサービスがそうであるように、匿名であるからといって完全な自由ではありません。むしろ匿名だからこそ加速してしまう暴力性については、現実よりも更に厳しい視線を向ける必要があるほどです。

 

twitterを通して自殺を促し、自ら暴力を振るった上で殺害していた恐ろしい事件が起きてから、Twitter社は相当な体質改善をしているように思います。これは基本的には素晴らしい方向だと思います。匿名SNSだからといって無法地帯を企業が許していては、しかもグローバル企業であるtwitterが許していてはいけないと私個人としては思います。

 

最近は匿名で人を攻撃している人が名誉毀損で訴えられているケースも出てきています。有名人相手であってもあまりに失礼な発言については何でもありで許されたりはせずに普通に法的に罰されている現状は非常に素晴らしいことです。自由でなんでもやって良いならこの社会は簡単に壊れてしまうし、それはオンライン上の社会-コミュニティであっても同様です。

 

自殺を促すアカウント

しかしなんだか当たり前の前提のように語っていますが、他のアカウントに対して自殺を薦めるようなアカウントが普通に存在していることも改めて驚きですよね。驚きでありつつも昔からそういうニーズがあったことも確かです。一緒に自殺しようと呼びかけて集団自殺するようなコミュニティは昔からありましたし、それはネットの闇だという風に紹介されていた時期もありました。練炭自殺でたくさんの人が死んだことは今も記憶に残っている人が少なくないのではないでしょうか。

 

しかも、そのような自殺を呼びかける人たちの中には殺人を望んでいる人もいて、集団自殺として人を読んでおきながら陵辱した上で殺害するケースもありました。これはまさに人の心の弱さにつけこみ、その人を傷つけた上で殺すという極めて罪の重たい行為です。

 

SNSがある前からそういう事件があったのですから、ある意味何の不思議もないことなのかもしれません、人間の底知れない悪意というのはどんな媒体やメディアであっても発露して多くの人を傷つけてしまうのでしょう。たとえいたちごっこであったとしても、企業側はそれへの対応を義務付けられているでしょうが、その効果がどれほどのものかはよくわかりませんね。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る