2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

ミュート機能はTwitter側が公式に行うのではなく各個人がクライアントを活用して行うべき 

ツイッターが公式にミュート機能を導入

5月12日、ツイッターが「公式に」ミュート機能を導入開始したそうです。ミュート機能を使えば、指定した特定のユーザーのツイートを非表示にすることができます。

 

「公式に」追加されたという部分を強調したのは、この機能はすでにクライアントなどで対応できていたからです(アプリ・ソフトなどを使っている人ならミュートは簡単にできた)。公式サービスばかりを使っている人であっても、「リスト」を作成して、リストに追加した人のツイートばかりを見ているって人もいますし… ある程度ツイッターをやりこんでいる人なら、今更感が漂うサービスとなっています。

 

今回導入されるミュート機能を使うと、プッシュ通知やテキストメッセージなども届かなくなるようで…話しかけられたのに無視してしまうってケースで角が立ちそうではあります。だったら、従来通りクライアントのミュート機能や、リスト機能などを活用した方が「日本的」な無難な解決法のような気もします。



多少は必要性があるけどそこまでするならブロックすればいい

さて、ミュート機能については、「そもそもそこまでするのならブロックすればいい」「最初からフォローするなよ」というような意見も数多く出ています。実際、わたしのフォロワーさんも同様の意見を数多くツイートしていましたし、私自身も同じように感じました。

 

ただ…どうしてもフォローを返さないわけにはいかないし、ブロックが絶縁宣言と同様に捉えられがちなので、ミュート機能などの必要性もあるのは事実。 別に悪い人じゃないんだけど、異様にツイートの量が多いって人もいますし… わたし自身、1時間に100ツイートくらい連投してしまうので…すでに相当ミュートされているとは思っていますw

 

Twitter社は以前にも似たような機能を導入したことがある

しかし、ミュート機能については、公式側・Twitter社側に相当なこだわりがあるような気がします。以前も似たような機能を導入して、クレームが相次いで1日で撤回したことがありました。(片面的なブロック機能だったはず)

 

Twitter社が公式に行う必要はあるのか

わたしは、公式は変な仕様変更をしないほうがいいと思っています。ベースはシンプルで必要最低限の機能。クライアントなどを活用することで、ある程度カスタマイズできる。この絶妙なバランスこそがTwitterがSNS系サービスとして生き延びてきた理由なのではないかなぁと思うわけで… ゴテゴテしてくると、必ず離れていくユーザーがでてきます。 今回のミュート機能にしても、自分がミュートされているのではないかと被害妄想にとりつかれながらツイッターしていくことになるわけで…ストレスを増やしてユーザー離れに繋がる可能性もあります。 さて、今回の試みは吉と出るのか凶と出るのか…。

 

記事引用

米Twitterは5月12日(現地時間)、公式アプリおよびTwitter.comにユーザーのミュート機能を追加したと発表した。数週間かけて全ユーザーに“ローリングアウト”する。

ミュートとは

 ミュートは、特定のユーザーのツイートをタイムラインで非表示にする機能。ミュートした相手からのプッシュ通知やSMSによる通知も来なくなる。ミュートした相手の@返信や@ツイートは[通知]タブに表示される。

 ブロックやフォロー解除と異なり、相手にはミュートしていることを気づかれないので、付き合いでフォローしているがツイートを見たくないような相手に使える。

 ミュートしても、相手はミュートしたユーザーのツイートをリツイートしたり返信したり、DMしたりできる。ミュートしたユーザーのタイムラインに表示されなくなるだけだ。

ミュートするには

 ミュートしたい相手のツイートから、あるいは相手のプロフィールで設定できる。

ツイートからミュート

 ミュートしたいツイートを表示して[その他](●●●)を選択すると表示されるメニューから[ミュート]を選び、[はい]を選ぶ。Androidアプリの場合の[その他]メニューのアイコンは、右上の縦に円が3つ並ぶアイコンだ。

プロフィールでミュート

 ミュートしたい相手のプロフィールを表示し、設定アイコン(歯車のアイコン)を選び、[ミュート]→[はい]。

ミュートの解除

 ミュートした相手のプロフィールには赤いミュートアイコンが表示されるようになる。このアイコンをクリック(タップ)すれば、いつでもミュートを解除できる。

 

via: Twitter、公式ミュート機能の提供を開始 – ITmedia ニュース

 

関連記事

 

d873735479e3094f3331196522804be8 600x533 ミュート機能はTwitter側が公式に行うのではなく各個人がクライアントを活用して行うべき 




関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (1)
    • キジトラさん
    • 2014年 5月 16日

    思いつきじゃなくて、そういう要望とかが多かったから追加したわけだろうし、意外と公式使ってる人が多いのかもね。

広告

おすすめサイト:Freemake YouTube ダウンロードソフト

 



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る