2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

中国で、同性愛者の中でのエイズ感染が拡大中。とりわけ未成年の間で…。問題は教育。

未成年の中国人の間でエイズ感染が拡大、しかも内75%が興味本位な同性愛的行為によるものである、と報じられています。ショッキングな内容ですが、本質的な問題が果たしてどこにあるのかを考えていきましょう。



 

中国でエイズ患者が増加している。1985年1月から今年10月までの間で、中国全土でエイズ患者は累計で50万人を超え、そのうち15万人が死亡している。エイズ感染の原因の95%は性行為によるものだが、そのうち75%の患者はホモセクシャルで、とくに15歳から19歳までの未成年の男子が最も多く、エイズ患者の半数はこの年代で、最年少は14歳だったという。中国各紙が報じた。

 中国のエイズ患者は全国的にまんべんなく広がっているが、それでも北京や上海などの大都市部に多く、年齢も10代の男子が急増している。これはネットの発達によって、おもしろ半分にホモセクシャルの世界に入る高校生や大学生が多いことを物語っている。

 北京では今年10月までのほぼ30年間の累計で18635人がエイズに罹患しているが、今年に入って2932人と急激に増えている。このうちの73.5%がホモセクシャルだ。

 これは全国的な傾向で、河北省ではエイズ患者は今年だけで9601人だが、そのうちの89.5%がホモセクシャルで、河南省では同じくエイズ患者の96.3%を占めている。

 中国衛生省関係者によると、上海のホモセクシャルは10万人を超えており、高校生や大学生が興味半分に交渉を持つなどして、エイズに感染するケールがあとを絶たない。

 ホモセクシャルは北京や上海など大都市に居住する教育程度の高い男性に多く、成人男性のうち8割が既婚者で、知らず知らずのうちに、配偶者も夫との性行為によってエイズに罹患するケースが多くなっている。

via: 中国で10代男性のエイズ患者急増中 興味半分の交渉が原因か│NEWSポストセブン

 

情報整理

まずは簡単に情報を整理するところから始めましょう。中国では現在50万人を超えるエイズ患者がおり、ほとんどが性行為による感染ですが、その内の75%が同性愛者。さらに、その75%のうちのボリューム層で一番多いのが15歳から19歳の未成年男子とのこと。

 

全国的に広がっているものの、特に北京や上海などの大都市部に多いとのことです。また、成人同性愛者の内8割が既婚者で、配偶者にもエイズ感染が広まるという状況の様子…。

 

これは同性愛の問題なのか

まずはここについて触れる必要があるでしょう。果たしてこのようなエイズ感染の原因は、「同性愛」だから起きているものなのでしょうか? 答えは否です。以前も記事を書きましたが、こういった性感染症などで重要なのは早期の性教育です。

 

妊娠しないようにコーラを膣内に流せばいい、といった情報が若者の間は安易に信じられる時代があったことを考えると当然のことですが、こと同性愛者のことになると、そういった観点からの意見があまり見受けられません。まさしく偏見と言えるでしょう。

 

 中国で、同性愛者の中でのエイズ感染が拡大中。とりわけ未成年の間で…。問題は教育。 同性愛者の中で梅毒が感染拡大中。でも、問題なのは「ゲイ」ではなくて、教育。 | キジトラ速報

 

まさしく関連した内容を最近書いていたので、ここに参照しておきます。結論は同じく、「性教育」が性感染症の拡散を弱める働きがあるということです。また、「なぜ性教育に対して同性愛者を考慮に入れないのか」を考えると、そこには同性愛者に対する社会的不寛容ないし不包摂の問題があると言えます。

 

興味半分に交渉を持つ、のは本当か

さて、もう一つ興味深い記述があったのでチェックしておきましょう。それは引用記事における「これはネットの発達によって、おもしろ半分にホモセクシャルの世界に入る高校生や大学生が多いことを物語っている」という部分です。

 

果たしてこれは「同性愛」というものの捉え方として採用されるべき考え方なのでしょうか。この考え方の裏には、「同性愛は後天的に生じるもの」「同性愛は面白半分に行うもの」といった感覚が透けて見えます(穿ちすぎでしょうか)。

 

同性愛については、その要因が環境によるものなのか、あるいは遺伝によるものなのかは完全には判明していません。すなわち、生まれた瞬間から当たり前のように同性愛者である、という人もいるわけです。筆者の友人にも、物心ついた頃から「そう」だったという人がいます。性同一性障害の友人もそのように言っていました(本質的には違うものかもしれませんが一例として)。

 

少なくとも、「面白半分に目覚める」人ばかりではないということは確かです。そして、そのように幼少時から抑圧されてきた人たちが、ネットの広まりと共に「同性愛者としての自由」に触れることで、「赦された」気持ちになっている人も多いのではないでしょうか。

 

自分と同じ人が他にもいる、少数ではあるけれども「孤独」ではない。そのような感覚は、同性愛者のみならず多くの「社会的弱者」に共通する安堵です。こんな風に見てみると、引用記事を書いている方の偏見というものが感じられてきます。

 

同性愛者で、妻帯者

配偶者にエイズが感染するケースについてはいくつか書くべきことがあると思いますが、一つは「性感染症に対する知識の不足が生んだ悲劇」と言えます。妊娠しないのだからコンドームをつける必要はないと考えたのでしょうが、コンドームには「性感染症を防ぐ」という極めて重要な機能があることを知らなかったのでしょう。

 

もう一つは、この罪(浮気なり不倫なり不貞なり)は相手が同性であっても異性であっても変わらないものであるべきだ、ということです。相手が同性だからより倫理的に罪であるとか、そういう問題ではありません。別に異性と性行為を行ってもエイズに感染する可能性は当たり前にありますからね。

 

風俗産業もそうですが、性感染症というのは同性愛者だけのものではもちろんなく、異性間のものが圧倒的に多いことを忘れてはいけません。エイズの拡大に活躍しているのは同性愛者ではなく「同性愛者も含んだ性教育を行っていない教育」です。

 

まとめ

そんなわけで、中国で同性愛者の間で広がるエイズについての、「教育」に対する批判になります。それにしても、最年少が14歳と聞くと少し驚きますね。感染症に対する知識もなく安易に性行為に及んでしまったのか、はたまた強姦の被害者だったのか、状況はわかりませんが、性教育をどの時点から行うべきなのかについて考えさせられます。

 

性の低年齢化が進むと言われる一方で、性行為の経験者自体は減っているとも言われており、二分化が進んでいっているのでしょうか。詳しいデータはわかりませんが、中学生時点での性教育が望まれるのでしょうか。

 

とにかく、本来は「同性愛」で括る必要のない問題に対して色眼鏡をかけて判断することは、より合理的な判断をすることを望むのであれば悪手であるということが言えるでしょう。

 

 中国で、同性愛者の中でのエイズ感染が拡大中。とりわけ未成年の間で…。問題は教育。 同性愛反対に一理なし。愚かな感情論はもうやめよう。ロシアでAppleの現CEOクック氏のカミングアウトを受けて、ジョブズの記念碑撤去 | キジトラ速報

 

関連記事

 

ea20eae71bd1d52aa73407e5aabec9ae 中国で、同性愛者の中でのエイズ感染が拡大中。とりわけ未成年の間で…。問題は教育。




関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (3)
    • 軍荼利つまんねー
    • 2014年 12月 17日

    管理人の人間性がオワットル

    • キジトラさん
    • 2014年 12月 17日

    同性sexの方がハードル低いのもあるのかもな

    • キジトラさん
    • 2014年 12月 19日

    拒 む こ と を 知 ら な い 種 壺 野 郎

広告

おすすめサイト:Freemake YouTube ダウンロードソフト

 



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る