2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

中国人観光客が世界中で増加、マナーの悪さも世界中で広まる

円安の影響もあり、ますます増える中国人観光客。世界的にも経済的な発展に伴って中国マネーが観光業をにぎわせるようになってもう十数年になるでしょうか。とはいえマナーの悪さの声も大きいですが、実際のところはどうなのでしょうか。



 

日中、日韓関係は今年、本格的な改善にはいたらなかったが、円安などを理由に中韓両国から日本を訪れる旅行者は増えている。日本外務省が来年1月から中国人へのビザ発給要件を緩和することもあり、さらに大勢の中国人観光客が日本に押し寄せそうだ。

【写真】中国人観光客らに免税書類の書き方などをアドバイスする百貨店のスタッフ=東京都中央区、松井望美撮影

 東京・銀座の百貨店「松屋」では、免税対象が拡大した今年10月以降、2カ月間の免税品の売り上げが前年同期の約2倍。免税カウンター利用者の7割弱は中国人だ。広報担当者は「富裕層の中国人観光客は、高額な化粧品やブランドバッグなどを気っぷ良く購入する。時間をかけて吟味する日本人に比べ、購買意欲が旺盛」と言う。同店では受付や免税カウンターに中国語ができる店員を配置。中国で人気のミニブログサイトに公式アカウントを作り、情報発信している。

 12月に銀座の百貨店でブランドのバッグを購入した上海の女性弁護士(31)は「日本が好きかと言われると微妙だけど、日本での買い物は楽しい」と話した。

via: 中韓の客増「外交とは別」 にぎわう銀座、円安で割安感

 

現状整理

さて、最近の中国人観光客の増加は確かなもののようです。日本だけに留まらず、筆者は欧州しか知りませんがどの国に行っても必ず中国人のツアーと出くわします。観光名所で中国料理店がないところは見たことがありません。(ちなみに大学生でも、中国人同士のつながりはかなり強いものがあるように感じます)

 

日本を歩いていても最近は関東圏の駅などで中国語の表示が出ることもすっかり当たり前になりました。国全体として「中国人観光客」に対応する姿勢を見せていることは間違いありません。少なくともここ数年の出来事ではなく、前々から予想されていた事態といえるでしょう。

 

マナーの悪さは本当か

さて、よくよくネタになっている中国人のマナーの悪さとは一体本当なのでしょうか。この記事ではあくまで「筆者が体験したこと」にのみ限定してお話させていただきます。一般論での評価は難しいので、あくまで「筆者が直接関わった中国人」の行動に限ります。(中国人と判断する方法は中国語を話しているかどうか)

 

さて、早々に結論を言ってしまうと中国人のマナーは悪い、と感じることが多いです。しかし、それは若者を中心にかなり変わってきているというのも正直なところです。マナーが悪いのは中高年の方が多いですね。筆者が関わってきた範囲では、ですが。

 

いくつか例を挙げますと、まずは日本でホテルに泊まったときに驚くことがありました。朝食時にパジャマで現れた子連れの家族が現れたことがあったのです。グレードが高くないホテルであってもかなり非常識な行為ですが、そのホテルはいわゆる「割といいホテル」でしたから、初めての「マナーの悪さ」に衝撃を覚えました。他にも観光客が集まって道をふさいだりといったことはよく見ますが、それとは違うタイプのものでした。

 

さて、海外の例を挙げてみましょう。筆者がミラノの大聖堂に行ったときのことです。イタリアの中でも二番目に大きい大聖堂で、大きい声を出したりするのが「たとえ宗教を信じていないとしても」憚られるような雰囲気のあるところでした。とはいえ貴重なものも多いため、立ち入り禁止のエリアも多い場所でした。その立ち入り禁止の縄を何のためらいもなく潜って写真を取り続ける集団、それが中国からの観光客たちでした。

 

周りの人達も嫌そうな視線を向けるばかりで注意をすることもできず、好きなように写真を撮って好きなように帰って行く姿に衝撃を覚えました。他の欧米諸国でも、同様のシチュエーションには何度も出くわしました。

 

マナーの悪い中国人、のイメージの裏側にあるものは

さて、マナーが悪いというイメージにはちょっとした裏側があるようにも感じます。というのも、昔は日本人もまたそんな視線を浴びていたからです。当時の日本人(今もそうかもしれませせんが)はマナーや習慣の違いがわからず結果として「マナーが悪い人」として映ってしまうことがありました。

 

しかし、それと同時に「お金を持っていた」ということが共通点だと思うのです。マナーが悪いように見えるアジア人が現地の人間が入れないような高級店に、適した服装をせずに入って高級品を買っていく姿に言葉にならないモヤモヤを抱えていたのではないでしょうか。

 

そしてそれは、いま日本人が中国人に向けている視線にも似ているのではないかなと思っています。嫉妬や羨望を体よく正当化して批判できる、「マナーの悪さ」が攻撃の的になっているのではないでしょうか。

 

まとめ

さて、中国人のマナーの悪さは一部は少なくとも真実だといえると思います。決してうわさやネットの書き込みによる印象ではなく、現実の体験を持ってそのように感じることが多かったです。しかし、若者はずいぶん印象が違います。やはり日本人と同じように様々な形で欧米諸国の文化や価値観を受容すると共に「マナーが悪く見えない」ように振舞えるようになったといえるでしょう。

 

しかし、いたずらに批判するのには気をつけなくてはなりません。その裏に隠れる嫉妬や羨望を、攻撃的な形で表現している部分がないのか意識しないと、単なる「ひがみ野郎」になってしまいますから。これは他の事例においても同様のことといえそうです。

 

関連記事

 

4bc1989c921f7e05f920a94d8238486a 中国人観光客が世界中で増加、マナーの悪さも世界中で広まる




関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (6)
    • 名無しのソニックブーム
    • 2015年 1月 03日

    円高のころに日本に来てた中国人はわりとしっかりしてたっていうか分別ある富裕層が多かった気がするな

    • キジトラさん
    • 2015年 1月 03日

    以前は日本人もマナーが悪かった、と言いますが公共の場で大騒ぎすることはなかったように思います。

    中国人の煩さは異常です。これは海外じゃなく日本でも感じます。
    昨年夏に都内で見かけた中国人は電車の中で大騒ぎでした。
    恥という概念がないんじゃないかと、思ったくらいです。

    あと韓国人も最悪でした。
    これは地方の話ですが、私が歩いていたら韓国語で大声で話している若い女性の集団がいて
    私は気にも留めずに通りすぎようとしたら、いきなり目の前に携帯電話を突き出し手渡されました。
    こっちは???な感じでポカンとしてたら、どうやら写真を撮ってくれと言ってる風で、
    それも韓国語で一方的に話すもんだから頭にきて携帯を付き返して去りました。
    これは1回だけの出来事ですが、こういう不愉快な思いをすると好きにはなれませんよね。
    その国が。

    そういう基本的な部分が中国人と韓国人には抜け落ちてるんじゃないでしょうか?
    日本人と違って。

    • キジトラさん
    • 2015年 1月 04日

    正月に浅草寺行ったら中国人がやらかしてたなあ

    西側から東側に移動しようとしたチュン夫婦が立ち入り禁止のバリケード突破しようして
    警備のジジイと揉めた挙句に中国語喚きちらしで突破しやがった。
    なお、雷門から本堂に続く人波に弾き返され東側には行けなかった模様w
    本堂の裏回れば簡単に行けたのにね。

    あと屋台の列に割り込みしようとして喚き散らしてるのも居たなあ
    ホントあいつらルール守んないよなあ。何なんだよあれ。

    • 2015年 1月 04日

    ★日本人だってババアはギャアギャア煩いし一々爆笑するけどな。
    支那畜はマナーや礼儀といった概念を持たない低級民族なので進歩しないのは当然。入国禁止にすべきだろ。

    • 来るなシナコロ
    • 2015年 1月 04日

    羨望って・・来て欲しくも無いんですが・・
    マナー悪い所じゃなくて人間としての常識を疑うレベルで、トイレすらまともに出来ないで汚い事平気でされて後始末しなきゃならないこっちの気分が解りますか?
    ガンガン気前よく買うタイプばかりでなくて、食事をカップ麺で済ましたりするセコい連中も多いのに、何を嫉妬するんですかあ?

    • ・・・
    • 2015年 2月 22日

    概ね同意。「まとめ」がなかったらもっと良かったのだけれど。これこそ蛇足の典型。

広告

おすすめサイト:Freemake YouTube ダウンロードソフト

 



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る