2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

なぜアメリカでは中絶問題が政治の関心なのか? 命は誰のものか

オクラホマ州で人工中絶を違法化する法案が可決されました。成立には州知事の署名が必要ですが、中絶反対なのでほぼ確実に署名は手に入りそうです。日本では議論の俎上にもあまり上がらない中絶問題。一体命は誰のものなのでしょうか?



【5月20日 AFP】米オクラホマ(Oklahoma)州議会は19日、人工妊娠中絶を犯罪とみなし最高3年の禁錮刑を違反者に科す法案を可決した。

 人工中絶の非合法化法案は、オクラホマ州上院で審議や討議なしに採決が行われ、賛成33、反対12の賛成多数で可決された。

 法案成立にはメアリー・ファリン(Mary Fallin)州知事が署名が必要だが、同知事は中絶反対派で、米大統領選の共和党候補指名を確実にしたドナルド・トランプ(Donald Trump)氏の副大統領候補として名前が挙がっている。

 法案を提出した共和党のネイサン・ダーム(Nathan Dahm)上院議員は、米連邦最高裁が人工妊娠中絶の禁止を違憲と判断した1973年の「ロー対ウェイド(Roe v. Wade)判決」の見直しにつなげたいと語っている。

 妊娠中絶は米国では依然として激しい論争を呼び起こす話題だ。近年、複数の州が人工妊娠中絶に対する規制を導入し、多数の中絶クリニックが閉鎖に追い込まれている。

 国際人権団体「性と生殖に関する権利センター(Center for Reproductive Rights)」は、オクラホマ州の中絶非合法化法案について、露骨に違憲な前例のない法律で、女性やその家族を侮辱する内容だと批判。ファリン州知事に拒否権を行使するよう書簡で訴えた。

 類似の中絶禁止法案はユタ(Utah)州とルイジアナ(Louisiana)州で可決した例があるが、いずれも違憲と判断され無効となっている。(c)AFP

via: 米オクラホマ州、中絶禁止法案を可決 違反者に最高禁錮3年 写真2枚 国際ニュース:AFPBB News

 

中絶はなぜ問題になるのか

日本ではあまり議論にならない中絶問題ですが、一体なぜこの問題がアメリカでは常に話題になるのでしょうか。その答えを探る1つの方法が、宗教的な価値観から考えるということです。

 

ご存知の通り、アメリカでは中絶に対して根強い反発があり、それは基本的に信仰心の高い地域ほどそうなっています。今回のオクラホマや、ユタ、ルイジアナなどどこもそうです。

 

それではキリスト教では出産についてどのような考えがあるのでしょうか。最も有名な言葉は「産めよ殖やせよ地に満ちよ」でしょうか。

 

79a45d45 なぜアメリカでは中絶問題が政治の関心なのか? 命は誰のものか

聖書における性と命の意味

極めて象徴的なエピソードがあります。それは、旧約聖書「創世記」に描かれたオナンのシーンです。皆さんご存知ですか? オナンとはオナニー、すなわち自慰行為の名前の由来にもなっている登場人物です。

 

オナンの兄エルが神に処刑されたので、父ユダはオナンに兄エルの妻タマルと結婚するよう命じた(創世記38:6-8)。しかし、オナンはタマルによってもうける子が自分の相続人とならないことを知っていたので、性交の際、故意に精液を地に流した(創世記38:9)。これは神の意に反することであったので、オナンは神により処刑された(創世記38:10、46:12、民数記26:19)

 

このように、膣外射精に対して(すなわち生殖を求めない性交)極めて強い罰が課せられるシーンがあります。教義としては2つの意味があります。1つ目は性交は生殖のために行わねばならない。2つ目は、子を増やさねばならないというものです。

 

この考えが強まれば強まるほど、中絶という行為はもってのほかの許されないものになるわけです。1つ目の視点かあは性交しておきながら生殖を拒否する行為であり、そして2つ目の視点としてそれは子を増やすという行為の真逆をいくものだからです。

 

体は誰のものか

一見ある意味で正当化可能なようにも思える意見ですが、ちょっと特殊な例を出したらすぐにその理論の正当化困難性に気付かされます。例えばレイプされて妊娠した場合はどうでしょうか。

 

あるいは、まだ若くて子どもの出産に伴い母体に死の危険がある場合はどうでしょうか。そのような場合にも、この教義を一方的に押し付けることは出来るのでしょうか。

 

この問いは更に深めていくと「赤ん坊の命は誰のものか」という問いと繋がっていきます。つまり母親や人間がある程度管理して良いものなのか、他人と一緒でその生命には独自の意味がありその命に対する生殺与奪権は誰も持たない(神だけが有している)のか。

 

まとめ

中絶に関する議論は日本人にとってはどうも不思議な感じのするものですが、それは1つにはこのような宗教観があまり日本では強くないからだと言えるでしょう。

 

宗教観が強くないということは、政党も自分たちの支持の獲得のために宗教的にセンシティブな話題を出す必要がなく、それはすなわち中絶問題などにもあたるということですね。

 

ちなみにアメリカは先進国の中では異常なほど宗教に対する信仰心が高い国です。欧州の先進諸国では中絶に対する議論を寡聞にしてあまり聞きません。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告

おすすめサイト:Freemake YouTube ダウンロードソフト

 



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る