2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

バイラルメディアが今後発展していくには? 

バイラルメディアはゴミなのか

バイラルメディアはゴミなのかどうか、という話について、プロブロガー・イケダハヤト氏が記事を書いています。

 

バイラルメディアというのは、(本来の定義では)TwitterやフェイスブックなどのSNSでトラフィックを稼ぐメディアのこと。日本でバイラルメディアという場合には、「画像や動画、記事などを紹介して(人のコンテンツをコピーしてきて)、SNSでPVを稼ぐメディア」というイメージが強いみたいです。





バイラルメディアはゴミなのか

今回、イケダハヤト氏が紹介していたバイラルメディアの記事を見てみたんですが、確かにオリジナリティが皆無。youtube動画に2行くらいのコメントを付けて、あとはやたらと目立つ共有ボタンのみ… 正直、ライターとしては、こんなゴミ記事でPV稼げてうらやましいなぁといった感想を抱きました。以前記事を書いたときには、バイラルメディアがゴミかどうかについての意見は保留していましたが、バイラルメディアはゴミばっかりですわ…

 

現状のバイラルメディアに一切魅力を感じない状態。正直、このままの路線だとバイラルメディアはすたれていくんじゃないかなぁと思っています。

 

ハフィントンポストに関しては、オリジナリティも高く記事のクオリティも高いので評価しています。

 

バイラルメディアを流行らせるにはどうすればいいのか?

特に特徴がなく、セールスポイントがないバイラルメディア。それが今後発展していくためにはどうすればいいのか…イケダハヤト氏は、バイラルコンテンツでアクセスを稼ぎながら、良質なオリジナル記事を編集していくことが大事だ、そのためには編集長の力量が問われる、と結論づけています。

 

編集が必要かどうかはわかりませんが、オリジナル記事でインパクトを増していくって点には同意。

 

まとめサイトの話

バイラルメディアじゃなくて、まとめサイトの話になりますが…大半のまとめサイトって特徴がないんですよね。そんな中で、ランキング上位に位置している大手サイトは、やっぱりインパクトがある。記事を見ていても、それなりにクオリティの高いものになっているんですねぇ。とはいえ、記事がいいだけでPV伸びるかっていうとそうでもないんですが…

 

バイラルコンテンツはPV獲得の手段

バイラルコンテンツってのは、PVを獲得するための一つの手段にすぎません。固定客をいかに掴んでいくかってのが今後のバイラルメディアの課題になっていくんでしょうねぇ。少なくとも今のままだと将来性はそんなにないんじゃないかなぁと思っています。SNSやネット利用率が高まっていけば、リテラシーも高まっていきますしね…

 

記事引用

現状はたしかに「ゴミ」だらけ

バイラルメディアってすごい流行ってますよね。なんかこんな感じの記事が読めるサイトです。適当にピックアップ。

基本的にどのコンテンツも似ていて、オリジナリティが欠如しています。某バイラルメディア運営者は「バイラルコンテンツはパブリックコンテンツ」と語っていました。もう「公共財」になっちゃってるわけですね。fbrankあたり見ていると、どれをパクればいいかがすぐに判別できるのでおすすめです。

バイラルコンテンツがゴミ扱いされるのは、この「コピー可能性」が原因なのでしょう。どの記事を読んでも、どこかで読んだことがあるものばかり。ある程度情報に慣れている人にとっては、ジャンクフードを腹一杯食べさせられるような不快感があります。

強い言葉ですが、国内のバイラルメディアの現状は、たしかに「ゴミ」だらけといっても過言ではありません。ぼく自身も、まったくバイラルコンテンツは消費しません。

 

「本当に読ませたいオリジナル記事」を作れるか

さて、「バイラルメディアに編集長が必要か否か」という論点が業界的にあるのですが、ぼくは明確に「編集長は必要」だと考えている一派です。というか、編集長がいないとバイラルメディアは短命に終わります。

猫とかクイズとか動画とか、バイラルコンテンツなんてものは「集客手段」に過ぎません。フェイスブック広告みたいなもんです。予算を割いて、ソーシャル流入をゲットする、それだけの意味しかありません。

問題は集客したあとのアクションをどうデザインするか、です。BuzzFeed、ハフィントンポストあたりは「猫でアクセスを集めて、本当に読ませたいオリジナル記事を読んでもらい、媒体を好きになって(or 嫌いになって)もらう」というアクションが設計されているように感じます。これはバイラルメディアの設計において、一般的な思想となるでしょう。

 

この「本当に読ませたいオリジナル記事」は、機械やアルバイトでは生産できません。ここは編集者の力量が大いに問われる部分です。

媒体のビジョンを感じさせるコンテンツを提供し、ユーザーを魅了させることができるか、トップページをブックマークさせられるか、ツイッターやフェイスブックを購読させられるか、好意ないし嫌悪感を抱いてもらえるか。他の媒体と同じコンテンツばかり出していても、こうした目標は達成できないでしょう。

 

まだまだ国内のバイラルメディアは、「本当に読ませたいオリジナル記事」を生産することができていません。「好きでも嫌いでもない」という、色の無いバイラルメディアばかりなのが問題です(オリジナルコンテンツという観点では「Spotlight」が頑張っているので期待!)。

 

バイラルメディアは全般的に、もっと予算をぶっ込んで(1記事1〜2万円+PV報酬)、ちゃんとしたライターに発注した方がいいと思うんですよね。オリジナルコンテンツは希少なので、基本的に早い者勝ちです。

バイラルコンテンツでアクセスを稼ぎつつ、良質なライターに対価を払い、スピーディーにオリジナル記事を編集できるか。ここがバイラルメディアの「次の」勝負どころです。バイラルコンテンツだけのメディアなら、大学生でも作れますからね。

私見では、国内でもっともこの立ち位置に近いのはハフィントンポストだと思います。今はまだ編集が機能していないようなので、その点が課題になるでしょうね。

 

via: バイラルメディアは「編集長」次第でゴミにも宝石にもなります : まだ東京で消耗してるの?

 

関連記事

 

 バイラルメディアが今後発展していくには? 




関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (1)
    • キジトラさん
    • 2014年 8月 05日

    ハフィントンポストはオリジナリティは高いか?
    どこかで見たような言説と政権叩きしかないと思うが。

広告

おすすめサイト:Freemake YouTube ダウンロードソフト

 



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る