2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

最近の若者は地元志向らしい 

最近の若者の地元志向らしい

みんなの党・衆議院議員の山内康一氏が、「最近の若者の地元志向は、地方再生のためのチャンスだ」という旨の意見をブログに書いています。

 

そもそも最近の若者が本当に地元志向しているのか、というような議論もブロゴスでは巻き起こっていますが…都会にあこがれない層が地方・田舎で出てきているってのは、一つの傾向としては存在しているようです。昔と比べてどうなのかって部分はソース・統計等がみあたらないのでなんともいえませんが…「ヤンキー経済」でのマイルドヤンキー論などでは、昔と傾向が変わっているって意見が書かれていますね。

 

単にお金がないから・上昇志向がないから・地元愛が強いから、などいろんな原因があるでしょうが…地元志向が若者たちの間で強まっているなら、これを地方再生の起爆剤として利用すべきだ、って意見は至極当然のように思えます。



山内康一氏の唱える地方再生案

ただ、山内氏が提言している3つの地方再生策がちょっと弱いように感じる…

 

  • 1.地方の国立大学を強化
  • 2.Uターン・Iターンをしやすいように就職・住居の紹介を後押し
  • 3.文化やスポーツを民間の力も活用して整備する

 

地元にいる若者をつかって云々っていう政策・提言ではないんですよねぇ。まぁ、地元志向が強まっているから、その志向を受け止めるだけの土台を作っていこうって話なんでしょうけど。

 

今地方に暮らしている若者を有効活用する方法はないのか

地元・地方にすでに暮らしている若者たちの力を引き出せるような、もっと積極的な方法ってのはないものでしょうか…?

 

起業セミナーの実施だとか、正規雇用の拡大だとかくらいしか思い浮かばない…w 非正規雇用として地元に残っている人たちを、引っ張り上げて推進力に変えるような具体的な案…地方議会や商工会のみなさんなど、考えてくれないかなぁw(他人任せ)

 

田舎に行けばいくほど中小企業のブラック度合って上がっている気がする(ソースなし)ので、それを是正していくってのが一つの方法かなぁと思います。安い賃金で若者を酷使するってのは、その分地方での消費を鈍くさせるだけな気がしています。

 

あと、これは山内氏の提言に賛成する形なんですが…地方には「文化の香り」ってものがない。働きながら勉強する・教養・素養を学ぶって人のための場所・機会がないんですよね。ネットなどでどうにかなる部分もありますが、図書館にいってもロクな本がない、ツタヤに行ってもマンガだらけってのは、どう考えてアレ。学校を卒業してからもスキルを磨ける場ってのは、田舎に必要だと感じます。

 

記事引用

代々木ゼミナールの大幅縮小が話題です。
解説の新聞記事を読むと興味深いです。
大学受験世代の志向に興味をひかれます。

団塊ジュニアの私とは価値観が異なります。
どちらが良いとか悪いとかではないものの、
ジェネレーションギャップがありそうです。

私は18歳人口が一番多かった世代ですが、
当時に比べて大幅に受験生は減っています。
他方、大学の定員は大幅に増えています。
その結果、浪人生は激減したようです。

さらに意識の変化も代ゼミに逆風です。
ムリして上のレベルの大学を目指すよりも、
レベルを落として楽に入学したいという、
安全志向の若者が増えているそうです。

経済情勢の変化も大きいでしょう。
私が18歳の頃はバブルの末期というより、
失われた20年の始まりの時期です。
まだ世の中は浮かれていて強気でした。
立身出世主義的な雰囲気が残ってました。

バブルの余韻が残っている時代だったので、
がんばって上のレベルの大学に入ることが、
良いこととされていた印象があります。
経済的に余裕がある家庭が多い時代です。

低成長時代が長く続いた今どきの若者は、
上昇志向よりも安定志向が強いようです。
ハイリスク・ハイリターンの人生よりは、
リスク最小化戦略の人生を好むようです。

また、地方の若者の地元志向が強まっています。
浪人してまで東京のトップ校を目指すよりも、
地元の大学に進学し、地元で就職するのが、
地元愛の強い若者の志向だそうです。

一流企業に入って一流企業に就職するのが、
幸せな人生という時代でもなくなりました。
ある意味で「安定志向」や「地元志向」も、
自然な選択肢のようにも思います。

東京に出なくても地方でも娯楽は増えて、
楽しい生活を送れるようになったことも、
ひとつの要因のようにも思います。

ネットがあれば、不便は少ない時代です。
地方に住んでいても何でも手に入ります。
物価が高くて、通勤もたいへんな首都圏へ
引っ越したくない人もいるでしょう。

地方の再生といった観点から考えるなら、
今どきの若者の地元志向はプラスです。
大いに結構なことではないかと思います。

地元の大学を出て、地元企業や役所に勤め、
両親や地域社会との関係を大事にしながら、
夫婦共働きで、子どもを2~3人育てる。
こういうモデルは理想的かもしれません。

若者の地元志向をチャンスと考えて活かし、
地方を再生するために次のことが必要です。

1)地域産業の活性化や社会問題の解決に
  大学の果たす役割は大きいです。
  特に地方の国立大学を強化すべきです。

2)一度は大学進学で上京した地元出身者や
  一度は東京等で就職した地元出身者が、
  Uターンしやすい環境を整備すべきです。
  Iターンも促進したらよいと思います。
  就職や住居の紹介等を後押しすべきです。

3)地方の文化やスポーツの振興は重要です。
  税金を投入するのはむずかしい時代なので、
  サッカーでも野球でも民間の力を活用して、
  整備する必要があります。

今どきの若者たちに期待したいと思います。
低成長でも明るく穏やかに暮らせる時代が、
やって来ることを願います。

 

via: 最近の若者の地元志向: 山内康一 の「蟷螂(とうろう)の斧」

 

関連記事

 

f6d8e2e0e0b74979996d103f2e97ab8a 最近の若者は地元志向らしい 




関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (1)
    • キジトラさん
    • 2014年 9月 06日

    地元志向なら
    在日は半島へ

広告

おすすめサイト:Freemake YouTube ダウンロードソフト

 



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る