2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

受験でエリートまっしぐら~慶應、早稲田に合格しよう~Lesson23古典文法の学習法②

こんにちは、ぬっこぬこです。Lesson22の続きを書かせていただきます。

3feff5939d9a4d5fc1cef33a512d6ca4 受験でエリートまっしぐら~慶應、早稲田に合格しよう~Lesson23古典文法の学習法②





2冊のステップアップノートでステップアップ

古文の助動詞など文法を覚えるのには、実際に問題を解いてみたりするのが一番でしょう。しかしながら、古文の問題集は薄くてとっつきやすそうな代わりに1つ1つの事柄に対しての問題量が少ないものが多いです。なので、せっかく問題集を解いても、次に進んでしまったら忘れてしまう、なんてことが多いです。

 

この古文の問題集の欠点を補う学習法があります。まず、河合出版から出ている「ステップアップノート30 古典文法基礎ドリル」「ステップアップノート30古典文法トレーニング」を用意してください。

 

前者が背表紙が赤く、後者は青いです。前者の古典文法基礎ドリルは超簡単な参考書で、文法問題しか載っていません。そして後者の古典文法トレーニングは前者よりは難しく、簡単な読解問題もついています。

 

両者共に30個の項目で構成されていて、それぞれ対応しています。

 

そしてこの2冊を1項目ずらして毎日解きましょう。1項目ずらすというのは、先に「古典文法基礎ドリル」の1章を解いたら、次の日に「古典文法トレーニング」の1章と「古典文法基礎ドリル」の2章を解き、その次の日には「古典文法トレーニング」の2章と「古典文法基礎ドリル」の3章を解くということです。こうすることで、「古典文法基礎ドリル」で覚えたことを次の日「古典文法トレーニング」で復習することができ、毎日繰り返すことで効率よく定着させることが出来ます。

 

忘れるか忘れないかぎりぎりのラインでもう一度解く、というのは記憶の定着に効果的です。これで量がやたら多く覚えづらい助動詞も少しは楽に覚えられるようになるでしょう。

 

51ZHbpNx1wL. SL160  受験でエリートまっしぐら~慶應、早稲田に合格しよう~Lesson23古典文法の学習法②
井上 摩梨 河合出版 売り上げランキング: 477

 

61cUfB8EwGL. SL160  受験でエリートまっしぐら~慶應、早稲田に合格しよう~Lesson23古典文法の学習法②
井上 摩梨 河合出版 売り上げランキング: 4,839

 

敬語の仕組みを理解する

助動詞と並んで受験生に苦手とされるのが敬語です。私自身文法は問題を解かないと覚えないと思っているのであまり読む系の参考書はオススメしないのですが、敬語は問題集を解くだけでは仕組みまでは理解できないことがあるので、敬語の学習には「マドンナ古文」を読むことをオススメします。

 

このマドンナ古文は敬語の説明に30ページも使っており、図や問題文も豊富ですごくわかりやすいです。あと、絵が可愛いです。

 

マドンナ古文は敬語以外の章でもとても詳しく解説をしてくれています。しかしなんといっても特筆すべき点は各章に3~4個ずつ「まとめ」としてそれまでの解説が図で分かりやすくまとめられているところですね!つまり、一回読んだら二度読まなくていいわけです。あーなんだっけおもいだせない、となったら「まとめ」のとこの図を見れば思い出せます。結構便利です。

 

 

助動詞も敬語もやった。けど、古文が読めない!

助動詞も敬語もしっかり覚えたけど、古文が読めない!という方もいるでしょう。私も最初はそのような状態に陥っていました。人によって原因は様々でしょうが、参考程度に私は助詞の学習をしたら、文と文のつながりが見えてきて古文の文章が読めるようになってきました。助詞を軽視していると読めるものも読めなくなってしまうものです。

 

他に考えられる理由としては、「単語力不足」や「助動詞の識別ができていない(「なり」とか「に」とか)」などが考えられます。

 

自分が出来なかったとき、何が原因で出来ていないのか、自分には何が足りていないのかを明確にしましょう。そしたらおのずと解けるようになりますし、古文以外の教科にもつながりますよ!

 

関連記事





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告

おすすめサイト:Freemake YouTube ダウンロードソフト

 



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る