2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

ワタミが経営理念を「24時間365日死ぬまで働け」から「仕事とは、生きることそのものである」に刷新 あまり変わってないw 

ワタミが経営理念を刷新

ワタミグループの創業者としてもおなじみ、参議院議員の渡邉美樹氏が、ワタミ社員向けの理念集の文言を撤回し、他の言葉に書きかえるとのこと…

 

  • Before:24時間365日死ぬまで働け
  • After:仕事とは、生きることそのものである





その分対価をよこせよ

…あまり変わっていないように感じたのは私だけではないようです。言葉を変えただけで、理念は変わっていないよねぇ。この意識の高さで、ブラックな労働を強いる姿勢苦手だなぁ。 わたしは個人事業主なので、常に仕事って考え方は分かるのですが、サラリーマンの場合には明らかに違うだろう、と。

 

仕事であると押し付ける以上は、きちんとそれに見合った対価を支払うのが企業としての務めでしょう。 対価・報酬もなしに、とにかく働け、「仕事=生きることそのもの」にしろというのは、どんなに言葉を取り繕ってもブラック企業の考え方と言わざるを得ない。

 

…というより、ブラック企業というより、生き方・人生観にまで口を出しているんですから、これはもはや一つの信仰、宗教とまで言えるんじゃないかなぁと思います。

 

「ワタミ」が無くなる?

ところで、このような理念の撤回・書きかえの裏で、ワタミグループから「ワタミ」という文字を書き換える動きも進んでいるようです。

 

「和民」や「わたみん家」などワタミという名前の入っている店を減らして、「GOHAN」「銀政」などに変えていく…

 

一度ブランドイメージに傷がついたらなかなか回復しないってのは事実ですから、経営方針としては妥当だと思いますが… 自らの過ちを認めたともとられかねない方針じゃないかなぁ。 「ワタミはブラック企業ではない」と声高に叫ぶのであれば、ワタミという名前のイメージそのものを改善すべく動くってのが本来通すべき筋ってものじゃないでしょうか。たぶん、これ言われるとぐぬぬってなるでしょうね。

 

富士通ARROWSの話

ただ、繰り返しになりますが、ブランドイメージが低下してしまった場合に、看板をすげかえるってのは手っ取り早い解決策ではあります。わたし自身、富士通ARROWSに関して、ブランド名を変えた方がいいと過去に数回提言してきましたしw ARROWSの方は、富士通自身がクソスマホだったことを認める発言をしている分、まだ許せる感じがします。

 

ワタミは過労死認定までされているのに、目下裁判で争っている最中ですからねぇ。裁判では悪くないと主張しておきながら、こっそり看板をかけかえるってのはどんなものか… 「GOHAN」や「銀政」はワタミグループの店舗・サービスですよっと周知徹底させるのが、ワタミの卑劣な策に対する対抗手段となるんでしょう。メモメモ…

 

記事引用

ブロゴス:ワタミ、経営理念「24時間死ぬまで働け」撤回 でも中身は変わっていない? から

 

ワタミグループ創業者の渡邉美樹氏が、5月12日に開かれた同社の創業30周年祭で、社員向けの冊子(理念集)にある「24時間365日死ぬまで働け」という一文を撤回すると表明した。

 

この「24時間365日死ぬまで働け」という文言は2013年6月、週刊文春が同社の「理念集」を独自に入手したと記事にして以来、ワタミのブラック労働の代名詞として語られる文言となっている。

 

仕事とは「生きることそのもの」なのか

同社では、2008年に入社2か月の女性が過労自殺。残業100時間を超える長時間労働の実態が次々と明らかになり、2013年には「ブラック企業大賞」を受賞するなど、ブラック企業批判が絶えない。

 

週刊文春が実施したアンケート(2013年)では、読者の80.6%が「ワタミをブラック企業と考えますか」との質問に「はい」と答えている。

 

今回の撤回も、こうした批判に配慮してのことだと見られる。12日付のオルタナによると、理念集の「24時間…」の部分は、こう書き換えられるという。

 

「仕事とは、生きることそのものである」

 

すでに配布済で社員が所有している理念集には、該当部分にシールを貼ることで対応するという。

 

このオルタナの記事は14日18時現在削除されているが、編集部によると「文言の撤回は事実」であり、記念祭に集まった人数などその他のファクトの確認が取れ次第「記事を14日中に再アップする予定」だという。

 

しかし、「仕事とは…」というこの書き換えの文言に対しても、ネットでは「中身は変わっていない」という批判が強い。

 

仕事は生きることの一部であり、手段のひとつであって、生きることそのものではない。生きることとワタミで働くことを一致させようとする考え方は変わらず、「死なずに働け」ということにしかならないというのだ。

 

「妥当な表現ですね 死なないと仕事から逃れられないよ。というのは同じ」 「仕事の時間以外も仕事のことを考えてほしいなんて、あなたのメンタリティ、何も変わってないでござる」

 

ワタミの名前は「GOHAN」「銀政」に変更

こうした「撤回劇」の背景には、企業イメージを何としても改善したいという事情もあるようだ。景気の回復で国内外食市場のアルバイト時給単価は上昇を続け、外食産業は人員の奪い合いになっている。

 

これまでパート・アルバイトで人を確保していた会社も、相次いで「正社員化」を打ち出して、優秀な人材の確保に懸命だ。

 

一方、ワタミは「ブラック企業」によるイメージ悪化で、人材の確保に苦労している。決算説明会では、同社に入社した4月の新卒社員は約120人で、目標の半分であったことが報告された。

 

14年3月期決算は、純損益が約49億円の赤字。全店舗の約1割(60店舗)を閉店する特別損失(約21億円)が響いている。人手不足の中で、適切な労働環境を確保するには、一部の店舗を閉店するしかない、というわけだ。

 

遅まきながら、アルバイト約100人を地域限定正社員とすることも決めた。営業時間の見直しや、メンタルヘルスサポートの取り組み強化も行い、労働環境の改善を行っていくという。

 

さらに「和民」「わたみん家」といった「ワタミ」という名のつく業態を、現在の9割超から5~6割程度に減らし、「GOHAN」「銀政」などに名前を変える。 「理念に感動して入社」した人はどう思うのか

 

決算資料には「よりお客様にご支持いただける業態への転換を加速させる」とあるが、ブラック企業イメージのついたワタミ色を薄める狙いもあるのだろう。これによって、新しい社員やアルバイトは増えるだろうか。

 

創業祭があったことを報告する渡邉美樹氏のフェイスブックには、社員と思われる人からの前向きな書き込みがある。

 

「理念に感動して入社して…原点に戻れました。ワタミに入社できて、素晴らしい時間を共有できた事を、誇りに思いました。本当に有難うございます。明日からまた人間性向上の為に頑張ります」

 

人手不足が顕在化している外食産業にとって、労働環境の改善は死活問題となっている。理念の一部を切り貼りしただけでは、もはや労働者を騙せないだろう。

 

関連記事

 

9cb1058f741ecbab0b7303144526634c 600x370 ワタミが経営理念を「24時間365日死ぬまで働け」から「仕事とは、生きることそのものである」に刷新 あまり変わってないw 




関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (5)
    • キジトラさん
    • 2014年 5月 19日

    自民党も支持率が下がったら新生和民党に改名すればイケるよね

    • キジトラさん
    • 2014年 5月 19日

    わたみ も変えるし、韓国も海上警察名前変えるし、
    うさんくさい方法だ。

    と4回も名前が変わった会社の社員が、つぶやく。

    • キジトラさん
    • 2014年 5月 21日

    あざとい。結局これはやばいと思ってしれっと変えるのか。
    あくまでうちはブラックじゃないって言い続けるんだろうな~。

    • キジトラさん
    • 2014年 5月 25日

     中身が変わるなんてほぼありえないねW
    ていうか、人件費削って利益出してたのに人件費増やしてどうすんだ?
     不採算になって倒産を待つばかりだよ?
    いったいこの社長どうしたいのかね?
     この社長、自分では立志伝上の人物だと思っているのかもしれないが、
    要は円高時期に安い輸入品で利益を上げていたようなもの。
    労働市場が高騰すれば利益が出ないのは当たり前。
     つまり、ワタミやすき屋の社長はえらそうなこと言いながら、
    収益体制がほぼ全て従業員の過重労働におんぶに抱っこだったのだ。
    この事が分かっているのだろうか。

    • ff
    • 2014年 5月 25日

     中身が変わるなんてほぼありえないねW
    ていうか、人件費削って利益出してたのに人件費増やしてどうすんだ?
     不採算になって倒産を待つばかりだよ?
    いったいこの社長どうしたいのかね?
     この社長、自分では立志伝上の人物だと思っているのかもしれないが、
    要は円高時期に安い輸入品で利益を上げていたようなもの。
    労働市場が高騰すれば利益が出ないのは当たり前。
     つまり、ワタミやすき屋の社長はえらそうなこと言いながら、
    収益体制がほぼ全て従業員の過重労働におんぶに抱っこだったのだ。
    この事が分かっているのだろうか。

広告

おすすめサイト:Freemake YouTube ダウンロードソフト

 



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る