2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

【WEBライティング】記事を量産するための5つのコツ

記事を量産するコツ

ウェブ専業で生きていくためには、記事を量産できるスキルが必要となってきます。サイト運営だけで生きていこうと思うのであれば、1日少なくとも「1000文字×10記事」くらいは書けるようになっておく必要があるでしょう。

 

10000文字といえば、原稿用紙になおすと25枚…そんなに量をこなせないっ・書くことがないという方も多いかもしれません。

 

そこで、今回は記事を量産するための5つのコツについて紹介していきます。



1.同じテーマで記事を量産するコツ=切り口を変える

アフィリエイトのためのコンテンツを作る際には、同じテーマで何個も記事を作らなければなりません。

 

たとえば、「酵素ダイエット」。わたしは以前、酵素ダイエットというテーマだけで400記事くらい書いたことがあります…w(ライターの仕事で) 他にはインプラントとか幟(のぼり)とか…そんなに書くことねぇよってことが多いんですよねぇ。

 

でも記事を量産するためには、どうにかして書かなければなりません。

 

そういう場合に有効なのが、「切り口を変えて同じことを書く」という手法です。結論は同じだけど、スタート地点・視点が違うっていうイメージ。

 

たとえば、「酵素ダイエットで健康的に痩せることができる」という結論についての記事を量産するのであれば…

 

  • ・従来のダイエット方法はリバウンドしやすい
  • ・酵素ダイエット飲料には必要な栄養素が十分含まれている
  • ・腸内環境が悪化すると代謝が悪くなって痩せにくい
  • ・体内の酵素は年齢の衰えに伴って減っていく
  • ・運動が必要なダイエットは苦しい

 

などの切り口(スタート地点)が考えられます。で、これらの話を膨らませていって、最終的に「健康的に痩せることができる」っていう結論に着地させるわけです。

 

もっと具体的な例を挙げると、当連載は「ウェブ専業で生きていく」ってことを結論にして、切り口を変えながら記事を書いています。

 

違う切り口・アプローチから記事を書いてみる。ちょっとイメージしづらいかもしれませんが、挑戦してみてください。

 

2.テーマを外部から見つけてくる

書くことが思い浮かばない…そんなときには、ニュースや他のサイトからネタを拾ってくればいいんです。

 

わたしは、キジトラで記事を書く際には、ブロゴスからネタを拾ってきて、あれこれ意見や感想なんかを書いています。

 

ちょっと専門的なことをライターとして書かなければならないときには、関連書籍を数冊購入してきてから、そこからネタ出しします。

 

ネタは自分で生み出さなくてもいい。これ意外と盲点なんで、覚えておきましょう。

 

Googleアドワーズのキーワードツールなんかは、テーマ探し・ネタ探しにピッタリです。

 

3.知識を小出しにする(1つの記事で1つのテーマにする)

1つの記事で、知識を詰め込んでしまうと、あっという間に書くことがなくなります。一つ一つの知識についての説明も薄くなりがちで、SEO的にもちょっと弱くなってしまう。

 

だったら、1記事1テーマ(1つの知識)と割り切って、具体的に掘り下げながら記事を書いていくようにしましょう。

4.漏れを見つける

記事がある程度たまってきたら、それらのタイトルを眺めるクセをつけるようにしましょう。これまでに扱っていなかった「漏れ」が見えてくるはずです。

 

漏れを埋めていくように記事を書いていけば、サイトの完成度も高くなっていって一石二鳥。

 

今回の「記事を量産するためのコツ」も、「長く文章をかくためのコツ」と「早く記事を書くためのコツ」を見てから思い浮かんだネタです。

 

5.関連ワードを考える・一見関係のない話と絡める

テーマと関連しそうなワードを絡めて記事を作るってのも量産のコツの一つです。一見、主題とは関係なさそうでもどうにか繋げられるものです。

 

たとえば、今Googleで「ライター」でググったら関連ワードとして「必勝ガイド」が出てきました。

 

ライター必勝ガイド…これだけでも1記事書けそうです。必勝ガイドでググってみるとパチンコ必勝法についての記事が多いみたいです。わたしはパチンコは詳しくないですから、書くとしたら以下のような記事になるでしょうか。

 

『パチンコには必勝法というものが存在していると言われています。しかし、必ず勝てる方法というものがあったら、誰も苦労して働きはしないでしょうし、そんなマニュアルを公開することなんてないでしょう。ただ、勝つためのある程度の法則みたいなものは存在しているはず。

 

フリーライターで生計を立てていくのも似たようなものです。必勝法なんてありませんが、稼げるようになるための法則・原則のようなものは確実に存在しています。そこをうまくついていけば、ライターで大金を稼ぐことも不可能ではありません。

 

今回は、ライターで勝つための大原則について解説していきます…』

 

どうでしょうかwそんなに頑張らなくても、「パチンコ ライター 必勝法」の3つのワードを意識しながら、文章のようなものに仕上げることができました(執筆時間2分)。

 

ちなみに、最近、Googleはターゲットワードの出現率・含有率よりも、関連キーワードの数を重要視するようになってきていると言われています。会話型の検索を目指すアルゴリズム「ハミングバードアップデート」などもその表れと言っていいでしょう。いろんなワードを意識しながら文章を作っていくと、SEO上も有利になっていきます。

 

 【WEBライティング】記事を量産するための5つのコツハミングバードアップデートは会話型検索を目指すアルゴリズム | Webマーケティング&SEO診断の株式会社センターサークル

 

管理人が書いた「サラリーマンが副業としてブログで稼ぐ方法」の記事一覧はこちら

私が書いた「ネットビジネスを専業にして生活していくための方法」の記事一覧はこちら

 

関連記事

 

c9981e0b326aa5746605da0a5e4456c6 600x450 【WEBライティング】記事を量産するための5つのコツ




関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告

おすすめサイト:Freemake YouTube ダウンロードソフト

 



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る