2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

ウェブライティングでは「戻り読み」させないため短文・単文・淡文を目指すのがコツ

戻り読みさせないこと

ウェブ上の文章で大事なことってなんだと思いますか?いろいろなポイント・コツがありますが…一番大事なのは読者に「戻り読み」させないことです。

 

戻り読みっていうのは、文章を読んでいる途中で「アレ、これってなんのことかな?」と前に戻って読むこと…本と違って、サイトの文章ってそんなに気合い入れて読まないはず。戻り読みさせるようなわかりづらい文章を書いてしまうと、それだけで「客離れ」が起きてしまいます。



戻り読みさせないこと

で…戻り読みしなくてもいいような分かりやすい文章のコツは、「短文・単文・淡文」です。

 

  • ・短文:短い文
  • ・単文:複文になっていない、主語と述語だけの文
  • ・淡文:くどくなく、あっさりした文章

 

短文・単文・淡文ってのは、実は司法試験業界でよく使われている言葉です。難しい法律についての知識・見解を書く司法試験でも、分かりやすい文章は至高のものだと言われているんですっ。

 

短文・単文・淡文を実践するコツ

短文・単文・淡文を実践するためのコツについてさらに説明していきます。

 

第一に、「が(逆接)」を極力使わないこと。 「~ですが、~」って書くと1つの文の中に、2つの主張が入り込んでしまいます。「が」の代わりに「。」を打つ癖をつけましょう。これだけでも、文章がだいぶ短くなります。

 

口語調の文章を書く際には、どうしても「が」と言いたくなることもあるので、わたしは「が…」と「…」でちょっとごまかしますw(これは私の文章のクセなので、マネしなくても結構ですw)

 

第二に、適切に読点(、)を打つこと。 これがまた難しいw文章の添削指導を何回かしたことがあるんですが…読点が少なすぎる人が多いですね。読点が少ないと、どこからどこまでが1つの塊なのか把握しづらくなります。

 

読点の打ち方については、文章力についての本などでも詳しく説明されています。最初のうちは、難しいことは考えずに長くなったら「、」を打つってくらいの感覚でいいでしょう。

 

「」を使って塊を明示するってのも一つの手です。わたしは、割とカギかっこを多用しますw

 

第三に、無理に難しい言葉を使おうとしないこと。 わたしの文章はよく「稚拙だ」とか「ボキャブラリーが貧困だ」とか言われます…w実際にその通りなんですが、中学生が読んでもある程度理解できるような文章にはなっているんじゃないかと自負しています。

 

普段使わないような高尚な言葉を無理して使うと、読む気が起きない文章になります。「誰もウェブ上の文章に、そんな難解なことは要求していないだろ」ってのが私の自説…

 

ありのままの自分で文章を書けば、どうにかなるものです。

 

管理人が書いた「サラリーマンが副業としてブログで稼ぐ方法」の記事一覧はこちら

私が書いた「ネットビジネスを専業にして生活していくための方法」の記事一覧はこちら

 

関連記事

 

2be33d0de4dce1a808748106b139a97d ウェブライティングでは「戻り読み」させないため短文・単文・淡文を目指すのがコツ




関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (1)
    • キジトラさん
    • 2014年 10月 23日

    意識高い系ブログ

広告

おすすめサイト:Freemake YouTube ダウンロードソフト

 



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る