2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

【WEBライティング】早く文章を書くためのコツ6つ

早く記事を書くコツ

ウェブ専業で生きていくためには、オリジナルのコンテンツを量産できるテクニックが必要となってきます。今回は、より早く記事を書くための6つのコツを紹介していきます。 ※「長い文章を書けない人のためのアドバイス」も参考にしてみてください。

 

 【WEBライティング】早く文章を書くためのコツ6つ長い文章を書けない人のための6つのアドバイス : キジトラ速報





1.タイピング速度を上げる

ごく当たり前の話ですが…タイピング速度が早ければ早いほど文章を仕上げるのも早くなります。

 

とは言っても、「タイパー」のように人間離れした手さばきまでは求められません。1秒あたり3~6key打鍵できるようになれば十分でしょう。1分100文字ペースで書いているわたしは、4~5key/秒程度です。

 

できればブラインドタッチ(タッチタイプ)ができるようになった方がいいでしょう。タッチタイプの習得については、次回詳しく説明します。

 

2.調べてから書く

書きながら調べているとどうしても書くスピードが落ちます。調べるべき知識は先に仕入れておいて、それに基づいて書いていくってのが筋です。

 

辞書を引きながら書くってのも論外。辞書を引くのはアウトプットではなく、インプットのときだけにしておきましょう。

 

もちろん、文献・参照ページなどを開いて、それを見ながら書くというのはアリ。ただ、ずっと眺めているとコピペになってしまい、グーグルペナルティも食らいやすくなってしまいます。

 

3.考えながら書く(思い出しながら書く)

文章の構成を100%考えてから書くというタイプの人間もいるようですが…わたしは、書きながら考えています。

 

もちろん、ある程度の結論・落としどころは先に考えているのですが、論理展開や具体例などは書いている途中に「思考」しています。

 

4.連想する

3の説明だけではちょっと分かりづらいかもしれません。連想ゲームの要領で書くと早くなります。バナナといったら黄色、黄色といったらレモン♪みたいなwちょっと例えが古かったかもしれません…

 

たとえば、福岡は美人が多い、というテーマについて書くとします。

 

福岡といえば→とんこつラーメン・辛子明太子

 

この連想を無理やり美人と絡めていきます。とんこつラーメンにはコラーゲンが溶け込んでいるので、美人が多い!辛子明太子に含まれるカプサイシンには脂肪を燃焼させる効果があって云々…ちょっと無理がある例えだったかもしれませんが、「福岡・とんこつラーメン・美人」というキーワードだけで十分1000文字くらいの記事が書けそうな気がしてきませんか?w

 

思い浮かんだものはとりあえず書いてみる。そして、結論につじつまを合わせる。これが早く記事を書くコツです。

 

5.とりあえず書き上げてしまう

途中で書くことがなくなって筆が止まってしまうという人も多いかもしれません。

 

そんな人は、書けるだけのことを箇条書きでもいいので書いてしまいましょう。

 

で、後になって文章を膨らませていけばいいのです。理由を足したり、具体例を足したり…

 

6.テンプレを作っておく

文章のスジ・流れや言い回しには「一定の型」があります。それをテンプレ化して、手元or脳内にストックしておけば徐々に書くのが早くなります。

 

「確かに~。しかし~」、「原則として○○。しかし、例外として○○」みたいな言い回しはテンプレ化できるでしょう。

 

文章自体をテンプレ化することもできます。 たとえば、47都道府県の温泉について記事を書くとしましょう。

 

  • 1.県の特徴、人口など
  • 2.温泉地の列挙
  • 3.代表的な温泉地のレポート

 

この順番に書くって先に決めておけば、毎回書くことに悩む必要はありません(リサーチは必要となりますが)。

 

管理人が書いた「サラリーマンが副業としてブログで稼ぐ方法」の記事一覧はこちら

私が書いた「ネットビジネスを専業にして生活していくための方法」の記事一覧はこちら

 

関連記事

 

41b23be0f7df06988bcbd5f4e412b78b 600x450 【WEBライティング】早く文章を書くためのコツ6つ




関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告

おすすめサイト:Freemake YouTube ダウンロードソフト

 



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る