2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

文章の質の高さとGoogleで上位を取ることは関係ない 

打ちひしがれる経験

ブロガー鳥井弘文さんが、ウェブ上の物書き(ウェブライター)には、「打ちひしがれる経験が必要だ」という記事を書いています。

 

タイトルに惹かれて読んでみたんですが、「打ちひしがれる経験が必要」というよりも、「ウェブライティングをしていると打ちひしがれる経験を必ずするものだ」というような趣旨の文章になっている感じ。 うん、確かに予想していたような反応をもらえないで打ちひしがれるなんてことは多々あります。

 

どこまでいっても個人として戦わなければならないから云々ってのもわからないではない。

 

ただ、これはいかにもブロガーらしい発想というか…ウェブの一側面をとらえたに過ぎない考え方なんじゃないかなぁと、あえて逆の意見を主張してみます。



文章の内容とSEO

ウェブ上の文章では個人のスキルや文章力がストレートに評価される。これは一側面では正しいといえるでしょう。

 

しかし、Google検索が圧倒的なパワーを持っている現状では、へたくそな文章であっても、中身が伴っていない文章であったとしても、「検索上位を取れれば読まれる」んです。SEOを意識した文章を書いていると、狙っているキーワードの「ライバル」となるページなんかを読んでいて、どうしてこれが上位なんだ、と腹立たしくなることが多々あります。個人としての実力なんかなくても、ドメインのパワーさえあれば多数の人の目に触れてソーシャルなんかでも数多く共有されている。 これが事実なんですよねぇ。悲しいけどw

 

2ちゃんまとめサイトの場合なんかでも同じです。質の高いまとめサイトであったとしても、うまくアンテナなどのアクセストレードの流れに乗ることができなければほとんど読まれない。 逆に、一度その流れにうまく乗ることができれば、あとは中身がある程度適当であっても読まれるし、シェアされる。

 

もちろん、固定客をつかむためには、中身のクオリティを維持することが大切ではあるんでしょうけど… 検索から流れてきた人って固定になりづらい傾向もあるので云々…。

 

開き直りも大事

わたしは打ちひしがれる経験だけではなく、ある程度開き直ることも大事なんじゃないかなぁと思っています。クオリティだけをあげようとしても、なかなかPVはついてこない。ある程度妥協して、数をこなせるようになるってことも大事なんじゃないかなぁと思っています。 …結論としては、鳥井氏に同意って感じになってしまいましたw

 

記事引用

 

“丸裸”になってからこそ本当の真価が問われる

誰しもWEB上で文章を書いていれば、「これは絶対にウケる!!」という根拠のない自信で満ち満ち溢れ、夜も眠れない時が必ずやってきます。

それはPV的な意味だけでなく、「こんなコメントがくるだろうなー!」とか、「こんな反応してもらえるだろうなー!」っていうのも含めて全部。

しかし、そんな予想はまず当たりません。恥ずかしいぐらいの“自惚れ”で終わっていきます…。

自分も今日まで1年間毎日このブログを書き続けてきて、本当の意味で狙い当たった記事なんて、突き詰めたら以下の2記事しかありません。365分の2です。

参照
反日デモ最大級のあの日、僕は北京日本大使館の前にいた。 | 隠居系男子 函館蔦屋書店がスゴい!代官山を超え、これを目当てに函館に移住しても良いレベル! | 隠居系男子

ネタを出し切って、それでも全く読まれなくて…でも、そこから続けられるかどうか。それがウェブ上で文章を書いていくという行為なんだと思います。

ある意味で“丸裸”になってからこそ本当の真価が問われるわけで、そこから必死に、しかし淡々とコンテンツを出し続けられるかどうかがカギなんです。

どこまでいっても、個人の時代

これはきっと紙媒体では得られない感覚だと思います。紙媒体だと全体として評価されるだけ。(個人名義で出している書籍でも編集者の意見や出版社の意向が多分に含まれてしまうので。)

しかし、ウェブの場合は1記事ずつに固有のURLが割り当てられ、そのURLが独立してシェアされていきます。決して紙媒体の様にパッケージとして売れていくわけではありません。

1記事ずつの評価が、ダイレクトにあらわれるのがウェブなんです。

完全に「個人の時代」。個人ひとりひとりが自分のURLを持ち続ける限り、どこまで行ってもウェブ上では、個人の集合体でしかありえない。

残酷かもしれませんが、それが今の時代なんだと思います。

そう考えると、たとえウェブ上でチームを組み、一つの媒体を共同で運営していく場合であっても、個人の能力の底上げを図っていくしかない。

「今の時代のチームとは何なのか」を常に問い続け、どれだけ強いチームであっても、自分一人で戦える個人にならなければいけない。

最後に

風の噂で聞いたところによると、あの大手ビジネス誌のウェブ版も、あの挑戦的なビジネス誌のウェブ版も、編集者の自由裁量の部分がかなり大きく、相当な権限が与えられているそうです。

最近では、nanapi代表のけんすうさんも「許可より謝罪」という記事を書いていて、このブログでも取り上げました。

参照:「許可より謝罪」で十分なのに、それを複雑化させてしまっているもの。 | 隠居系男子

「ひとりひとりの人間が試行錯誤して、徹底的に打ちひしがれて、稀にヒットを打つ」みたいな繰り返しが、本当の意味で読まれる記事を作り出すのでしょう。そして、その積み重ねがチームの強さに繋がっていくのだと思います。

本当に残酷な話ですけれど…。最近はそんな風に思います。

 

via: ウェブ上の物書きには、“打ちひしがれる経験”が絶対に必要だ。

 

関連記事

 

SEO 600x311 文章の質の高さとGoogleで上位を取ることは関係ない 




関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (4)
    • キジトラさん
    • 2014年 7月 14日

    どこを縦読み?

    • キジトラさん
    • 2014年 7月 15日

    なんだこのまとめ
    内容がタイトルと関係ないし
    記事自体なにが言いたいのかわからん

    • キジトラさん
    • 2014年 7月 15日

    なかさんは新聞読んだほうがいい
    構成が下手くそだよ

    • キジトラさん
    • 2014年 7月 16日

    うちひしがれた人の記事を読みたいかね〜

広告

おすすめサイト:Freemake YouTube ダウンロードソフト

 



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る