2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

専門家「ホワイト企業でも、やりがいがないなら良い企業とは言えない」は本当か?

良い企業とは何か、となったときに最近は消極的な回答が多いかもしれません。それは「ブラックじゃない企業」という考え方です。しかし、ブラックじゃなければなんでも良いというわけでもない?



売り手市場が続く昨今の就職活動では、一人の学生が複数の内定をもらうのも珍しくない。その中からより労働環境や条件が良い「ホワイト企業」に入社しようとするのが就活生の心理だろう。

こうした中、慶應義塾大学特任准教授の若新雄純氏は11月30日放送の「モーニングCROSS」(TOKYO MX)で、このホワイト企業という呼び名に疑問を呈した。「悪い労働環境が改善されればホワイト企業と言える訳では無い」というのだ。

「不満があっても、達成感を得られると成長の可能性を見出せるように人はなっている」

同番組MCの堀潤氏を例に挙げると、朝4時から夜10時まで働く生活を毎日送るなど、労働環境は良くはない。それでも堀氏が「ブラックだ」と訴えたりしないのは、「動機付け要因」があるからだと若新氏は言う。

働きがいの研究で知られる米心理学者、フレデリック・ハーズバーグの理論では、人が働く際には「衛生要因」と「動機付け要因」が必要とされている。

衛生要因は、勤務時間や給与など、労働環境に関するものを指し、社会が成熟するまではここを整備し、労働者の不満を減らすことが働きやすさに繋がるとして重視される。ただ、衛生要因は不満を減らすだけに過ぎないため、社会が成熟すれば動機付け要因の整備が必要になる、というのだ。

労働環境が良くないとすぐ「ブラックだ!」と言われやすい日本の現状について、若新氏は「不満をなくそうという方向に行き過ぎている」と感じているといい、

「それだけで人は頑張れるかっていうとそうではない。不満が残っていても、褒められたり達成感を得られるとそこから成長の可能性を見出せるように人はなっている」

と、動機付け要因の重要さを語る。いくらマイナスを埋め合わせてゼロにしてもプラスにはならない、ということだろう。

今後は労働条件に問題が残っていても「成長実感を作り出せる企業が勝ち残っていく」

若新氏はこうしたことから、「職場の改善を考えるよりも、成長する機会をどう作っていくかが大事になると思う」と自論を述べた。「長時間だったり賃金はそこまで高くなくても、ひとりひとりの成長実感をうまく作り出せる企業が勝ち残っていくし人も集めていける」時代なのに、やりがいを生み出す方向での努力があまりに進んでいないというのだ。

「日本の社会は(衛生要因の)問題解決ばかりより、満足度を高める、成長の場を作るようになっていく必要があるんじゃないかなと思っています。ホワイト企業という言葉には注意してほしい」

ネットでは若新氏の意見に賛成する声もある一方で、「やりがい搾取とのバランスまで含めて聞きたかったなぁ」という声も出ていた。

 

via: 「ホワイト企業という言葉には注意して」若新氏が労働環境重視の風潮に苦言 「問題解決ばかりでなく、成長機会を作っていく必要ある」

0627waka 専門家「ホワイト企業でも、やりがいがないなら良い企業とは言えない」は本当か?

 

ブラック企業でないことは最低条件

この方の言っていることは確かに納得ができるものです。ブラック企業でない、という消極的な理由で企業を選んでも結局そこでやりがいを感じられないならしょうがない、あるいは素晴らしい企業とは言えないというものです。ホワイト企業というのがブラック企業を否定する形でのみ存在していることが良くないのかもしれません。

 

しかし、やはりまず第一には異常なブラック労働をさせられるような場所には行かないというのは決して間違った選択ではないと思います。ある程度お金が稼げる、過労死しないほどの労働時間で済むなど大事なことはやはりとても大事です。ですから、この方が言っていることはあくまで「最低ラインを突破した上で」考えればイイ話であると私は考えます。

 

そしてもう一つ大事な要素があります。それは、必ずしも働いている企業でやりがいを感じなくてもよいのではないかということです。

 

仕事と人生

大体、仕事というのは人生の全てでは全くありません。それはすなわち、人を取り巻く環境のすべてが働いている企業というわけでもありません。環境は自分で複数持つことができるのです。例えば家庭と企業だってどちらも大事な環境です。ブラック企業の恐ろしいところは、その環境を長時間の労働によって職場以外に無くしてしまうことにあるでしょう。

 

つまり、他の世界が全く見えなくなって仕事のことしか考えられないし、やりがいだって当然その仕事の中から見出すしか無いような状態に追い込まれるということです。これは物凄く怖いことでしょう。

 

ですから、私はむしろせっかくホワイト企業に務めたなら積極的に外部の環境を獲得することをおすすめします。NPOでもいいですし、大人のサークルの・ようなものでも良いと思います。趣味の集まりでも素晴らしいと思います。自分の人生を楽しんでいる感覚を持つこと、そのためにはやりがいではなく「生きがい」こそが重要でしょう。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る