2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

白人至上主義というバリアで身を固めないと耐えられない人達

白人至上主義と聞くと、差別的な響きを感じる。でも本当のところ、彼らは攻撃的なのではなくむしろ怯えたアイデンティティ崩壊の危機にある哀れな人種しか自分を説明出来ない人達なのかもしれない。



ヴァージニア州シャーロッツヴィルで2017年8月に起きた、白人至上主義者の集団と反対派との衝突。これに関してトランプ大統領は、白人至上主義者やネオナチが発する暴力的なイデオロギーや人種差別を、多かれ少なかれ容認するような記者会見を行った。なかでも、ある発言が頭を離れない。大統領は「双方に責任がある」と言ってのけたのだ。 「わたしはそのことを疑っていない。あんだだって疑いの余地はないと思ってるはずだ」。金権ポピュリズムの力をもってしても、異論を挟む余地はない。ふざけていて傲岸不遜、脅しには屈しないといった強気な態度、あらゆる点で無法者──。つまり典型的なドナルド流だ。 シャーロッツヴィルでは、暴力と悪意、偏見に満ちた罵詈雑言の嵐のなかで、1人が殺害され19人が負傷した。何が起きて誰が非難されるべきかは、火を見るより明らかだ。だが彼は別の見方を選んだ。視野が狭いのではなく、意図的に見て見ぬふりをしたのだ。 白人至上主義は「価値観」ではない。それは防御のための「フィルター」である

GettyImages 831999106 白人至上主義というバリアで身を固めないと耐えられない人達

 

白人至上主義という危険な思想

白人至上主義は危険な思想である。そんな言葉はたくさん聞いたことがあると思う。では一体なぜ危険なのか。それは差別的な思想で多くの人を傷つけるからだろうか。もちろんそれは一つの側面としてあるが全てではない。

 

白人至上主義が持つ最も強烈な暴力性は、その主義を信奉する人達のあらゆる個性を捨象するところにある。彼らは白人至上主義を掲げる限りにおいて、自分のことを白人としてしか認識出来なくなってしまう。

 

彼らは白人でありながら、同時に親切な隣人にもなりえる。欲張りかもしれないし、歯医者かもしれない。誰かの甥っ子かもしれないし同時に愛する人と穏やかに暮らしたい人達でもある。全ての人と仲良くなれるわけではないし、また嫌悪することもできない。

 

白人至上主義とは何か。それは白人という囲いを設定して、自分をその中に入れて安心することだ。私達はこの枠の中に入っていない人達とは違う。私たちはこの枠の中に入っている素晴らしい存在なのだ!

 

シンプルで素晴らしい安心感である。しかし、彼らはある時気づくことになる。もしかしたら枠の外の人をどこか遠くへ追いやってから気づくことになるのかもしれない。それは、枠の中にある異質な他者との出会いだ。

 

望みどおり白人至上主義達は枠の中で確かに他の白人たちと共にいられるようになった。他の人達はもういない。私たちは白人で、みんな白人で、だからみんな同じだ。そうだろうか?

 

そこにはどんな人達がいるだろうか。最近のアメリカ大統領選がアメリカ国内にある大きな分断を教えてくれた。レッドネックと言われる白人労働者と、インテリ白人との違いがそのままトランプ大統領とヒラリーの支持者となったのは記憶に新しい。

 

不思議なことに、彼らは確かに白人という枠の中で白人として暮らしているのだが、どうやら白人の中にもまた新しい枠を作らなくてはならないようだ。だって彼らはいけ好かない白人だから! 頭でっかちで難しいことばかり言っているが、本当に素晴らしいことは難しく言わなくたって素晴らしいはずだ。

 

さあ、新たな枠を設けるとしよう。いけすかない白人と、そうじゃないbrotherとしての白人だ。おや、brotherの白人の中にもなんだかひょろっとした弱そうなやつがいる。運動が苦手なアメリカ人なんてアメリカ人じゃないぞ。やれやれ、こんなひょろっこいのと一緒にされるわけにはいかない。次の枠も準備しなくては…。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る