2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

あのウォール・ストリート・ジャーナルが誌面を捨てwebに専念する時代

アメリカの最大級の雑誌であるWSJが、欧州やアジアでの誌面販売を辞めることを決定しました。これからはwebに専念するとのこと。これからの時代、本当の意味でペーパーレス。



香港(CNNMoney) 米経済紙「ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)」は10月1日までに、欧州とアジアで紙媒体の発行を中止すると発表した。 欧州版は先月29日が最後となり、アジア版は今週後半に発行停止の予定。海外での販売部数や購読者の近年の落ち込み、広告収入の減少を理由にしている。今後は両地域の電子版に注力するとした。 紙媒体のアジア版の発行は40年以上、欧州版は約25年続いていた。今年の第2四半期(4~6月)における欧州、中東やアフリカでの販売部数は前年同期の5万9000部から4万9000部に低下。アジア太平洋地域では、5万4000部から4万5000部に減っていた。この業績低迷を受け、欧州の支局閉鎖やアジア版の編集部員の整理などの対応策を講じていた。 一方、東京など一部都市では紙媒体の米国版の販売を計画している。米国版の発行部数は110万部以上。同紙は128年前に創刊されていた。 WSJを2007年以降、傘下に抱える新聞・出版大手ニューズ・コーポレーションは紙媒体の新聞部数や広告収入の減退に悩み、直近の年間業績では昨年度、6億4300万ドルの赤字を被っていた。

 

米紙WSJ、アジアと欧州で紙面版を廃止 電子版に注力へ

wsj horizontal あのウォール・ストリート・ジャーナルが誌面を捨てwebに専念する時代

 

ペーパーレスの時代が加速する

あのWSJが誌面を辞める-これはwebメディアに慣れている人からするとどうってことないことのように聞こえるかもしれませんが、実際ものすごく大きなことです。Newyork timesなどと同様、世界で売れ続けてきた最強レベルの雑誌ですから、ちょっとにわかには信じがたいものがあります。

 

しかし、ペーパーレスの時代が進むに連れてこうなることは必然だったとも言えます。kindleの登場により小説が紙という媒体から解き放たれて世界中に飛び出しやすくなったのと同じように、雑誌もwebメディアに大きく変わっていったことも事実。それに、雑誌じゃないほうが世界中どこでも手に入るので嬉しいですよね。

 

読者も獲得しやすく、世界中でアクセス可能で、雑誌と違って場所を取りすぎることもなく、環境にも優しい上に印刷代が掛からないのでコスト削減にもなる。そんな素晴らしすぎるwebに移行するのは当然です。なんだか悲しい気持ちもありますが。

 

webになるデメリット

では、ペーパーレス時代にあらゆる情報がwebメディア化していくことは必ずしも良いことだらけなのでしょうか。残念ながら-というか当然ですがもちろんメリットばかりではないことは誰にでもわかることです。

 

特に言われている一番のデメリットは一覧性が無くなるということです。誌面の場合はパラパラっとめくるだけでどの記事がどのくらい大事なのか、その文章の長さや記事の多さですぐに把握することが出来ますし、webメディアと違って一部抜粋などではなく本文が全部乗っているわけなので、その記事が面白いかどうか、読む価値があるかどうかの判断もさっと済ませる事ができます。

 

こういうところはwebメディアがどうしても苦手なところであります。つまり、情報を出来るだけ最適化し、シンプルにしようとするのです。それに対して雑誌はその紙という媒体の限界が却って功を奏して、非常によく練られた記事の文章のバランスや見出し文章の付け方などを管理することが出来たのです。

 

しかし、webメディアが持つメリットのほうが遥かに大きい。そう決断された以上、もう誌面が戻ってくることはないでしょう。他の大手雑誌もどんどん姿を変えていくのだろうなと思います。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る