2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

Xperia Z3 SO-01G SOL26の分解画像がリークされる バッテリー容量はZ2より少ない3100mAh 

Xperia Z3 SO-01G SOL26の分解画像

GAMArenaから。

 

Xperia Z3 SO-01G SOL26の分解画像がリークされました。リーク元は中国の掲示板digi-wo。



分解画像

Xperia Z3 SO 01G SOL26 600x450 Xperia Z3 SO 01G SOL26の分解画像がリークされる バッテリー容量はZ2より少ない3100mAh 

Xperia Z3 SO 01G SOL26 2 600x450 Xperia Z3 SO 01G SOL26の分解画像がリークされる バッテリー容量はZ2より少ない3100mAh 

Xperia Z3 SO 01G SOL26 3 600x450 Xperia Z3 SO 01G SOL26の分解画像がリークされる バッテリー容量はZ2より少ない3100mAh 

Xperia Z3 SO 01G SOL26 4 600x450 Xperia Z3 SO 01G SOL26の分解画像がリークされる バッテリー容量はZ2より少ない3100mAh 

Xperia Z3 SO 01G SOL26 5 600x450 Xperia Z3 SO 01G SOL26の分解画像がリークされる バッテリー容量はZ2より少ない3100mAh 

Xperia Z3 SO 01G SOL26 6 600x450 Xperia Z3 SO 01G SOL26の分解画像がリークされる バッテリー容量はZ2より少ない3100mAh 

Xperia Z3 SO 01G SOL26 7 600x450 Xperia Z3 SO 01G SOL26の分解画像がリークされる バッテリー容量はZ2より少ない3100mAh 

Xperia Z3 SO 01G SOL26 8 600x450 Xperia Z3 SO 01G SOL26の分解画像がリークされる バッテリー容量はZ2より少ない3100mAh 

Xperia Z3 SO 01G SOL26 9 600x450 Xperia Z3 SO 01G SOL26の分解画像がリークされる バッテリー容量はZ2より少ない3100mAh 

 

デザインはこれまでリークされた情報通りです。側面は少し丸くなり、フレームのメタルラインは無くなりました。

 

バッテリー容量が減ったw

スペックはこちら

 

  • OS:Android 4.4.4(KitKat)
  • 画面:5.2インチ FullHD 1920×1080ピクセル IPS液晶
  • プロセッサ:Qualcomm Snapdragon801 2.5GHz MSM8974AC
  • GPY:Adreno 330
  • メモリ:3GBRAM
  • 内蔵ストレージ:16GBROM(MicroSD対応)
  • 背面カメラ:2070万画素 CMOSイメージセンサー
  • 前面カメラ:200万画素
  • バッテリー容量:3100mAh
  • サイズ:146.5×72.4×7.35mm
  • 重さ:158.4g
  • カラバリ:白、黒、琥珀

 

今回新たにバッテリー容量が3100mAhであることが明らかになりましたが、Xperia Z2の容量は3200mAhのため少なくなっていますw

 

今後もこんなガッカリが続くのか

2011年以降SONYはフラッグシップモデルを半年ごとにリリースしています。ライバルのSamsungやAppleに追従するには短いサイクルで発売しまくったほうがいんでしょうけど、Z3はデザインもカッコ良いとは言えないし、スペックも進化してないし、フラッグシップモデルの格を落とすだけだと思うんですよね。先に発売された「LG G3」「LG G3 Cat.6」のほうがスペックが良いってどういうことなのさ。

 

ちなみにソニーモバイルのUX商品企画統括部長兼クリエイティブディレクターである黒住吉郎氏はXperia Z2発売時このように語っています。

 

――なぜ、この短期間でフラッグシップを立て続けに出しているのか。

黒住氏
 それは、業界やマーケットの進化が速いからだ。フラッグシップを保つためには、このスピードでやらなければならない。我々のポジションを考えても、キャッチアップをキープできない。スマートフォンをやる以上はフラッグシップでは絶対に外したくないし、そのポジションをキープするためにも、最新で一番いいものを真っ先にお届けしたい。

――敵が1年に1回なら、半年に1回ということか。

黒住氏
 そうしないと追いつかない。

――スマートフォンの完成度が全体的に上がる中で、それでも半年に1回なのか。

黒住氏
 業界はそのスピードで進んでいると思う。

――iPhoneは年に1回なのに対し、(サムスンの)GALAXYはSシリーズが1回、Noteが1回と枝分かれしている。そのような戦略を取ることはあるのか。

黒住氏
 今は事実として、半年に1回フラッグシップを出している。これが二股に分かれるかというと、今の段階では戦略的なことなのでシェアできない。少なくとも言えるのは、Z2が2014年前半のフラッグシップということだ。

 

via: 「Xperia Z2は難しかった」、ソニーモバイル黒住氏が語るその狙い – ケータイ Watch

 

インタビュアーも言ってますが、ZシリーズとZ Ultraシリーズの2展開は無理なんですかね。こんなZ2の焼き直しを出すくらいならXperia Z2 Ultra出しておけばよかったのに。個人的にスナドラ805やWQHDを必要とはしていないし、普通に使う分にはスナドラ800にFullHDがあれば十分だけど、それでもSONYのフラッグシップ機には最先端を行ってて欲しかったなぁ。

 

関連記事

 





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (1)
    • キジトラさん
    • 2014年 8月 28日

    S-masterとかX-Tended Dynamic Range for mobile(仮)みたいなものが搭載されてればまた違ってくるんだろうけど…

広告

おすすめサイト:Freemake YouTube ダウンロードソフト

 



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る