2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

山奥の田舎に住む理由

本当の田舎

いまでこそイオンモールだけが娯楽な街が「田舎」だと思われている節がありますが、山村・山里などの「真の田舎」には何もありません。ファスト風土とは無縁な…夜には自販機の明かりくらいしか目につかないような田舎。

 

わたしも割と「田舎」出身ですが、国道沿いには一通りのファーストフード店が立ち並んでいますし、山奥の本当の田舎の暮らしってのはちょっと想像できません。



自給能力

で、NHKが「昔の人はなぜ不便な山村で暮らしていたのか」との記事を出してバズっていました。うん、現代人の素朴な疑問として、なぜわざわざこんな場所に住んでるの、って感覚は確かにある。

 

NHKの記事では、「身一つですみついて生き延びられる場所は、山裾だったのだ」「山あいに済んだ方が、水・食べ物などが労働・協調によって手に入り生きやすかったから」だと説明しています。

 

この言説が本当かどうかについてはまた議論の余地もあるでしょうけど、山村にすんでいる人の自給能力は確かに長けていますwスーパーとかの小売・物流にもちろんお世話にはなっているけど、割と自分の畑で採れるものでまかなったり、ご近所さんにおすそわけしたり…そういう文化はまだ生きている感じ。

 

なりわい

現代社会の便利さからは多少隔絶されてはいますが、今では車もあるし、ネットもあるから、山村でもある程度現代文明の恩恵を受けることはできますしねぇ。「なりわい」をもって生活できているから、わざわざ住み慣れた土地を出て行こうとは思わないのかもしれません。

 

農家は金持ってる

ちなみに、わたしの地元だとサラリーマンよりも農家の方が稼いでいるっていう逆転現象も起きてるみたいです。山村でやっている小規模な農家ってわけではなく、ある程度大々的にやっている農家なわけですが…w家にソーラー発電とりつけたり、銀行に通って投資をしたり、行きつけのサウナでは補助金の情報交換で盛り上がったり…田舎の農家は、都会の人が思っている以上にバイタリティあふれる生活をしているんじゃないかなぁとは思う。

 

無理して田舎に住む必要はないですけどね

こんな話をしていると「まだ東京で消耗しているの」とのたまう声が聞こえてきそうになります…w

 

d318ad45d7b347746757814d46b941d3 山奥の田舎に住む理由

 

田舎でも生活はできるとは思うけど、地盤がない人がゼロからやっていくってのは決して簡単ではないでしょう。田舎には田舎の良さがあるけど、悪癖(ムラ社会的な風習)もある。都会には都会の人の暮らし、田舎には田舎の人の暮らしがある。これでいんじゃないですかねぇ。

 

記事引用

なぜお婆さんたちのご先祖は、代々ここで暮らしていたのか? それは戦乱で日本が貧しく、インフラが未熟だった時代(間近では昭和20年代)には、都市に住んでいるよりも、山あいに住んだ方が、清潔な水、食べ物、燃料、建材が、お金ではなく労働と協調によって手に入り、生きやすかったからです。こうした集落の多くは平家の落人、戦国時代起源の伝説を持ち、新しいところでは敗戦直後の満洲帰還者の戦後開拓として始まった所が多いのです。先のお婆さんも、戦後の飢餓の時代も麦があったから食べ物には困らなかったと言っていました。彼らは自分の事は自分で出来る、お金に頼らず生きて行ける力を持つ、逞しい知恵と力の持ち主です。食べ物を収穫し、うまく保存し、炭を作り、製材をする。先行きの見えない今の時代、人が最も必要とする確かなものではないかな、と思うのです。

現代人は山里を不便なところと思いこんでいますが、身一つで住み着いて生き延びられる所は、本来平野部や盆地の中央ではなく、山裾だったのだと思います。平野部の江戸、名古屋、大阪の都市は、治水と流通が整備された太平の17世紀以降に初めて都市化が可能になった場所です。山歩きを通してそんなことに気が付きました。

 

150501 005 山奥の田舎に住む理由
身延町平須の養蚕伝統建築の民家

 

山あいでも、何百年も前から家がある所に土砂崩れは来ません。崩れるのは途中の、無理して作った自動車道路です。大雪や土砂崩れで孤立しても、毎日車で行き来する必要がある人以外は困りません。都市の人と違って自立して生きているから生命の危険は特に無いのです。逆に都市部の住民は、車社会になる前には、誰でも当たり前に出来ていた事が、出来なくなりました。電気が止まればトイレにも困り、食べ物を手に入れる方法もわかりません。

 

日本は平和が70年続いて、最後の貧困時代を生きた人たちがいま、山あいの集落で暮らしています。この美しい風景が見られて、お年寄りたちの「昔の日本人の記憶」を聞けるのもあと十年ほどかもしれないと思っています。

 

via: 昔の人は、なぜ不便な山村に暮らしていたのか? |ブログ|NHKエコチャンネル

 

関連記事





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (1)
    • キジトラさん
    • 2015年 6月 15日

    縄文時代ならまだしも、単に人口が過剰になって
    都市であぶれて地価の安いところに逃げただけだよ
    僻地の集落は明治の開拓団みたいに歴史の浅いところが多いよ
    昔からの集落は案外少ない

広告




画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る