2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

在宅勤務のデメリット

在宅勤務の落とし穴

自由な働き方が定着しているアメリカで、ジャーナリストが「在宅勤務の落とし穴(デメリット)」についての記事を書いていました。

 

 在宅勤務のデメリット いいことばかりではない「在宅勤務」――評価の機会や自己管理、孤独という問題もある

 

これまでにも在宅勤務に向いている人・メリットやデメリットについての記事を書いてきましたが…ここで一度在宅勤務(リモートワーク)の短所などについてまとめてみたいと思います。





私も同じことを感じている

アメリカのジャーナリストが指摘している難点は…

 

  • ①評価の機会がない(仕事ぶりを直接見てもらえない)
  • ②自己管理能力がより一層求められる
  • ③孤独との闘い

 

の3点。わたしがリモートワークをしていて感じてきたものと基本的には一致しています。

 

少し補足・注釈も加えながらまとめていきます。

 

1.評価・指導・教育(OJT)が難しい

この問題は、平社員の側よりも管理職の側の問題といった方がいいかもしれません。特に、OJTについては、ブロゴスのコメント欄でも同様の意見が多数書かれていました。

 

教育・指導をする際には、在宅勤務という形にこだわらず、実際に集まってから対面してからやるってのが一番手っ取り早い解決方法でしょう。

 

評価については、より「成果」主義に近い形にならざるを得ません。

 

自分の働きっぷりを見てほしいっていう人には、あまり在宅勤務は向いていないかも…。

 

2.自己管理能力(きちんと働く+働きすぎない)が求められる

「自己管理能力」というと、怠けないようにする能力ってとらえられがちですが…在宅勤務の場合には、働きすぎないように管理する能力も必要となってきます。

 

労働時間にきちんとした区切りがなく、平日・休日などの境がないケースもあるので…際限なく働き続けてしまうっていう人もでてきます。

 

1で述べたように、在宅勤務では成果主義がベースとなってくるので…頑張って仕事やってますよっていう姿勢・行動よりも、結果・成果を出すことが重要。何時間働いたかってことよりも、どれだけ成果を出せたかってことが問われてきます。効率よくコスパ重視で働く…オフィスでだらだらとやっていた方には、パラダイムシフトが求められるかもしれません。

 

…もちろん、怠けてしまいがちな人も要注意。

 

2deb17b8664a5853d59ee8c4e9e77baf 在宅勤務のデメリット

 

3.ネット世代なら、孤独はあんまり感じないかも

在宅勤務はたった一人の闘いだ…そのように説明されることも多いですが、実はそうでもありません。チャットや電話会議などで雑談を交わすこともありますし、通勤時間などを浮かせた分仕事以外の付き合いを増やすことも可能。

 

SNSやチャットになれているネット世代だったら、孤独だとはあんまり感じないかもしれません。

 

もちろん、雑談を徹底的に排除して孤独に仕事をすることもできますが…結局は仕事以外のコミュニケーションをするかどうかは、その人の性格によるのかも。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告

おすすめサイト:Freemake YouTube ダウンロードソフト

 



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る