2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

とうとう始まる…自動運転のタクシーがアメリカに登場するらしい

誰も乗っていない無人の車が勝手に動き出して信号待ちをし、交差点を抜けてあなたの目の前に来る。ドアは自動的に開き、あなたが乗るのを待っている。あなたを乗せると、車は滑るように動き出して目的地へと向かう。そんな時代がもうすぐそこまで来ています。



ロイターによると、アルファベット(グーグルの親会社)傘下の自動運転技術開発会社のウエイモWaymoが、数か月以内にアリゾナ州の公道で無人タクシーの走行実験を開始すると昨日(11月7日)発表した。

タクシーは正確に言うとRide-hailing serviceというものだ。これはタクシーのみならずウーバーのような一般人が自分の車を使って他人を運ぶサービスをスマートフォンで呼ぶ仕組みだ。

無人運転車の公道走行テストはアメリカでは既に行われいるが、万一の自動運転システムの故障に備えてドライバーが運転席に座っている。

ウエイモのテストが目新しいのは、完全にドライバーなしで走行テストをする点だ。最初の試験段階では、ウエイモの従業員が旅客と一緒の車の後部座席に乗り、万一システムに不具合が発生した場合、緊急停止ボタンを押すことになっている。

via: ウエイモが数ヶ月以内に無人タクシーテスト車をスタート

c641bceb358354b5e28da0ebbc6c211c とうとう始まる…自動運転のタクシーがアメリカに登場するらしい

 

自動運転がついに始まるのか

とうとう、世界中様々なところで実験が行われている自動車の自動運転が本格的に動き出しています。もう何十年も先のことだと言っていた時代がウソのようですね。公道で実際にドライバーが乗っていない車が走るのですよ。にわかには信じられませんね。

 

しかも、最近流行りのサービスと連動するような形です。すなわち、タクシーを呼ぶような感覚でアプリで自分の居場所と目的地を設定するとその無人のタクシーがやってくるというわけ。なんだか魔法のような話ですよね。

 

まだ実験段階ではあるので、やってくる無人タクシーは実は無人ではなくて、そのサービスの会社員が後部座席に乗っていて安全確保のために緊急停止スイッチを持っているそうですが、それもじきにいなくなるでしょう。なんなら人間の緊急停止ボタンよりも良い判断をする人工知能も早晩作られるでしょうから。

 

社会制度とイノベーション

しかし改めて、日本では絶対に自動運転の技術は進まなかっただろうなという思いを強くします。なんといっても、こういう社会的な実験に対して非常に不寛容な社会だからです。こういうシステムや新しい技術というのは、決して実験室の中だけで成功するものではありません。

 

多少の事故があったとしても、それでも素晴らしい技術が生まれてくることを祈って社会で実際に実験をする。それがイノベーション、つまり発明のための大事な要素なわけです。自動運転は特にアメリカと中国で盛んに動いており、それはどちらもこれらの社会がそういうイノベーションに対する空気が柔らかいからです。

 

日本はこれからも色々な技術を開発するかもしれませんが、それを実際に社会実装して多くのデータを得られるわけではきっと無いのでしょう。基本的なところだけ作ったら後はアメリカや中国に持っていかれてしまう。そんな日本になっていることが残念ですが、このニュース自体は本当に凄まじいものですね。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る