2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

自営業者が行うべきリスクヘッジ

起業しても10年後の生存率は1割以下

「起業」しても10年以内に90%が消えてゆく… 独立・開業の10年生存率は1割以下

 

 自営業者が行うべきリスクヘッジ 起業をしても10年以内に9割が消えてゆくという風潮について : 市況かぶ全力2階建

 

このような話がまことしやかに囁かれているようです。生存率10%は低すぎるっていう意見も多いみたいですが、業種によっても違うだろうし、どこまでを「起業」「開業」と呼ぶのかにもよっても違うんだろう…。

 

自営業をやる際には、最悪の事態を常に想定しておく必要があります。今後、脱サラ・起業を考えている方は、10年後に同じ仕事を続けられている確率は10%程度って考えておいた方がよさそうです。





地盤がないと大変

地盤がないフリーランス・ノマドなんかは特に不安定になりやすい。今はプロブロガーとしてブイブイ言わせているあの人も、1年後にはどうなっているか分かりません…(IT系の生存率は特に短いように思える)

 

サラリーマン時代のコネを使って独立したっていう人も、数年後にはそのコネがなくなって苦労するってケースが多いようです。会社員時代のコネクションって、その人自身についてのものじゃなくて、「会社」や「肩書」に対するものって場合が多いんですよねぇ。

 

リスクヘッジのコツ

さて、「起業が不安定」って話が本当だとすると、少しでも地位・収入を安定させるためにどうやっていけばいいのかという話になってきます(自営業のリスクヘッジ)。

 

分散させよう

まず、収入減を多様化・分散化させることが大切です。わたしの場合には、WEBライターとサイト運営の二足の草鞋を履きながら生活しています。これだけではまだまだ不安定なんで、IT系以外のジャンルにも手を出す必要があるなぁと感じています。

 

スキルを身につけよう

次に、スキルを身につけること。会社が潰れて自己破産してしまったとき、そこに残るのは「自分」しかありません。スキルや知識は一度身につけておけば心強い保険ともなります。

 

貯金をしておこう

そして、最悪の事態に備えて十分な貯蓄と保険を…起業する際には、最初の数年は赤字でも食べていけるように準備をしておくべきだと言われています。スタートアップ時は眠れないほど働いても黒字にはならない。これを前提に計画を練っておきましょう。突然病気になって働けなくなった…そのような事態も考えておくべきです(保険の重要性)。

 

以上のような話をしていると、起業なんてやってられないと考える方も多いかと思います。とはいえ、サラリーマンにないような魅力があるのも事実。

 

  • ・自由
  • ・収入に天井がない(やればやるほど稼げる)
  • ・自分の裁量で仕事ができる

 

などなど…

 

起業の際には甘い言葉に惑わされず、メリット・デメリットを考え抜いてから!

 

関連記事

 

10a962dd0e95260a00d002a36e4c5871 自営業者が行うべきリスクヘッジ




関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (1)
    • キジトラさん
    • 2015年 5月 01日

    >サラリーマン時代のコネを使って独立したっていう人も数年後にはそのコネがなくなって苦労するってケースが多いようです。会社員時代のコネクションって、その人自身についてのものじゃなくて、「会社」や「肩書」に対するものって場合が多いんですよねぇ。

    コネがなくなる時点でコネじゃないっすよね?
    そもそもコネクションは会社員時代にも作るもんだしフリーになってからも作るものです。
    一旦作れば安全安心じゃないんですよ。これからも作り続ける必要がある。
    会社員時代のコネはとっかかりです。生かすも殺すも自分次第。

    会社員時代にフリーを考えていたら、フリーを念頭に人脈は作るもんです。
    会社辞めて使えないコネなんてコネじゃないですし。

    一応、突っ込んでおきますがソフトウェアの受注って人脈から始まることが多いんです。
    アイツがいるから頼もうか?って奴です。
    どっちかというと会社名に負けない個人名というか。個人名が強い部分もある。
    まあコンペなんて事になればそうそううまくはいけませんが、少なくとも土俵に上がることはできます。

    >起業の際には甘い言葉に惑わされず、メリット・デメリットを考え抜いてから!

    これは本当にそうです。
    で、起業するつもりがあるのなら会社員時代に自分が社長になったつもりで考え、行動してみればいいんです。
    イメージするんですね。で、それでうまくいくかどうか。
    こういうシミュレーションをやれば自分がフリーに向くかどうかわかると思います。
    あくまでも判断材料として。

広告

おすすめサイト:Freemake YouTube ダウンロードソフト

 



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る