2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

AI時代に求められるのは個性と人間力? 絶対ウソだと思う

新卒市場がますます過熱化しています。就職塾、内定塾など不安を食い物にしたようなビジネスが多数発生。Ai時代に求められることなんて特にありません。



経団連のアンケートによると、企業が新卒者を採用する際に重視する能力として、コミュニケーション力、主体性、チャレンジ精神、協調性が上位に挙がっています。これらの能力は、日々の学生生活の中で伸ばすことができます。しかし、ただ漠然と過ごしているだけでは伸ばすことができません。目的意識を持ち、課題に向き合い、乗り越えていくからこそ育める能力です。多くのことにチャレンジして、学生は個性と「人間力」を磨きあげてほしいと思います。

 また、今後は人工知能(AI)の発展や少子高齢化の影響などから、大きく仕事や働き方が変わると予測されており、今ある組織や業務が将来も同じ形かどうかは分かりません。だからこそ、生涯を通して主体的に学び、困難に粘り強く取り組み、そして自分で自分の道を切り開く強い意志と実行力が重要となってきます。

 「現状維持」ではなく「現状打破」。この気持ちで学生生活を充実させてほしいと思います。

via: 【プロが指南 就活の極意】AI時代に備えてチャレンジを! 個性と「人間力」を磨くべし(1/3ページ) – 産経ニュース

170509 blog01jp AI時代に求められるのは個性と人間力? 絶対ウソだと思う

 

AIは世界をどう変えるのか

AIが発達すると人間の仕事なんかすぐに無くなってしまう。これからの若者は大変な時代に生まれてきてしまった、そんな脅し文句のような言葉がよく聞かれます。AIは確かに物凄い力を持ったツールですが、果たしてそれほどのことが出来るのでしょうか。

 

答えは部分的にイエスですが、しかしそれがすぐの話かというと全く疑問です。まだまだAIが出来ないことはたくさんあるし、人間の仕事が即座に奪われることもありません。具体的にはどんな状況をイメージしたら良いかというと、40歳くらいになってからパソコンが登場した世代を想像したら良いのです。

 

彼らはパソコンなどまったく使ったことの無い世代として働いてきて、中間管理職として働き始めたくらいでちょっとずつ先進的な企業がパソコンを取り入れ始めました。しかし結局彼らはパソコンをちゃんと覚えないまま普通に仕事をし、最後にはもしかしたら老害と呼ばれていたかもしれないけれどなんだかんだ立派に勤め上げて退職していきました。

 

そんな感じで、おそらくいまの新卒の世代ですら生き延びることが出来るでしょう。ここから下の人材は逆に小学生からプログラミング教育を受ける世代ですから、AIを使いこなす人材として立派に働いていくはずです。ではこの時代に求められているものは一体どんな力なのでしょうか。

 

これから求めるのは「学ぶ力」

平均寿命が伸び続け、年金を貰える時期が遅れるから働き続けることを選んでいるのが今の60代です。彼らは最後の最後、ギリギリのラインで再就職を迫られたりして大変だったと思いますがまあ基本的には同じ会社に務め続けることが出来た世代でしょう。しかし、私達はそうではありません。

 

企業の寿命は30年くらいだと言われており、大企業を例外にすれば大体潰れます。しかも大企業でさえ最近の不祥事とリストラを見るとまったくもって安心出来るものではありません。そして労働年齢は50年を越えると思われますから、もう絶対に転職を前提に考えた方が良いのですね。つまり私達にこれから求められるのは転職力と言い換えても構いません。

 

どんな人が転職出来るかといえば、+αが出来る人間というとわかりやすいでしょう。会社の業務をしっかりこなすこととは別に、サイドで自分が磨きたい力を趣味で身につけたりすることが必要です。趣味で写真をやっていたり、イラストが書けたり、イベントを作ったりしている人間はそこで身につけた経験を企業で身につけた本業の能力とを組み合わせて武器にすることが出来るのです。

 

転職の際に求められるのはその+α。学ぶ力がいま求められているのです…が、問題は長時間労働ですよね。長時間労働だとこのスキルを身につけるための時間を確保出来ないので、新卒の人が一番頑張るべきは自分の学習の時間を持てるような企業に入ることかもしれません。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告



画像RSS





カテゴリー

ページ上部へ戻る