2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

SoftBankが教えてくれる「AIで労働が無くなるのは、単純労働ではなく知的労働」という事実

AIの発達で仕事が無くなるのは怖い-そう誰もが思っている中、特に不安がっているのは専門的スキルを持っていない人間かもしれませんが、実は知的労働者の方がやばいとSoftBankの偉い人が言っています。



 コンピュータが人間の能力を超える――「シンギュラリティ」(技術的特異点)が2045年に訪れるといわれている。そんな中、ソフトバンクロボティクス事業推進部の吉田健一本部長は、同社のロボットカンファレンス「SoftBank Robot World 2017」(11月21~22日)の基調講演で、「シンギュラリティは単純労働に影響をもたらすと思われているがそれは誤解だ」と述べた。

 よく「AI(人工知能)は人の仕事を奪うか」という議論があるが、その議論の際真っ先に出てくるのが「単純労働はロボットやAIに代わる」という話だ。吉田さんは「単純労働に影響をもたらすのではない。ファンドマネジャーや医者、弁護士といった知的生産物を創造する『ナレッジワーカー』にこそ影響する」と話す。具体的には、患者のサポートを行う看護師の価値は上がるが、ドクターの判断は必要なくなるという。逆に、肉体労働や職人仕事、介護といった仕事はしばらくの間なくならないと予測する。

via: AIが脅かすのは「単純労働でなく知的労働」――ソフトバンクが語る、シンギュラリティの誤解 – ITmedia NEWS

tomomi 20171122singularity03 SoftBankが教えてくれる「AIで労働が無くなるのは、単純労働ではなく知的労働」という事実

 

単純労働は本当に単純か

散々AIが仕事を奪うというニュースが席巻した時、知的労働者はどこかで斜に構えていたように思うのは私だけでしょうか。実際の所、彼らの立場は全然安定的なものではないということが最近どんどんわかってきています。実は仕事を失うのが早いのは単純労働者ではなくて知的労働者の可能性が高まっています。

 

なぜなら、知的労働というのは要するに頭が良ければ出来るからです。AIというのは物凄く記憶力が良いので、どんなことも時間を少し掛けるだけで覚えることが出来ます。専門家が持っている能力というのは思考力と記憶力ですが、そのどちらもAIは非常に相性が良いのです。

 

それに対して単純労働というのは簡単そうに見えてそうではありません。パット見た時にどういう配列でコンビニの袋に入れたら良いのか、ゴミ捨てのときの見分け方だって人間の目のほうが遥かに優秀です。AIにやらせると大変かつそんなに実りがないので人間にやらせようとしているわけです。

 

感情労働が重視される時代へ

逆にこれから重要になると言われているのが感情労働と呼ばれるものになります。例えば看護師、介護士のようにその人の人生そのものに寄り添うような仕事はその典型です。ロボットに気遣ってもらってもあまりうれしくありませんが、自分のことをケアしてくれる人間がいるというのはとても重要なことです。

 

その重要性は今後どんどん機械やAIが人間に関わるようになるにつれ加速度的に高まっていくことでしょう。生身の人間がちゃんと世話をしてくれること、対面で話してくれることが実は非常に価値のあるものであることに気づく時代が来るのです。

 

と同時に、いわゆる論理的であるとか知的であるとか、そういった人間味の意味ではダメだけど頭が良いから許されてきたような人間というのはこれから淘汰される可能性があります。これは本当に十分ありえます。つまり、感じの良い人というのがものすごいステータスになる時代がくるのです。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告



画像RSS





カテゴリー

ページ上部へ戻る