2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

Alexaは究極のスパイ:家庭の中を覗き込める最高のデバイス

家の中に盗聴器があったら私たちは嬉しくありませんが、Alexaがあったら嬉しい。これは矛盾スラしているように感じますが、多くの人はそれを心から信じています。



ドミノ・ピザに注文できない電子デヴァイスはほとんどない。ピザを食べたくてたまらなくなったら、Twitterのほか、SlackやFacebook Messengerなどのアプリ、ショートメッセージ(SMS)はもちろん、タブレットやスマートウォッチ、スマートテレビなどのデヴァイス、さらにはスマートフォンアプリとの連携システムを搭載したフォードのクルマからも注文できる。 2017年には、そこに新たな注文ツールが加わった。もしあなたの家が人工知能(AI)を搭載した音声アシスタントを備える2,000万軒のうちの1軒なら、Amazonの音声アシスタント「Alexa」やスマートスピーカーの「Google Home」を通じて、いつものように注文できる。音声アシスタントに聞こえるように「エキストラチーズのラージ」と言うだけで、ピザを届けてもらえるのだ。 Alexaの提供する「スキル」は2万5,000を超える。これは音声テクノロジー用に開発されたアプリケーションのことで、「アクション」と呼ばれるさまざまな動作を実行する。 ドミノ・ピザは独自のスキルを開発し、家庭に進出する機会を得た数少ない企業のひとつだ。スマートスピーカー「Amazon Echo」やGoogle Homeは、いまや米国中のキッチンやリヴィングルームに置かれるようになり、「ユーザーの行動を知るための窓」が開かれた。かつてマーケティング担当者にとって夢でしかなかった状況が現実となったのだ via wired Alexaが「広告を話す」日がやってくる──いま始まった「音声販促」競争

 

家の中のスパイ

Alexa という素晴らしいデバイスが販売されて、もうずいぶん経ちます。もしかしたらこの読者の中にもAlexaを使ってる人がいるかもしれません。最新のデバイスというのは使っていて気持ちの良いものですよね。しかし新しいということは常にリスクをはらんでいるということでもあります。 Alexa は今のところ大きなトラブルはないようですが、 今後どんなことが待っているかまた分かりません。

 

Alexa がやってることというのはどういうことでしょうか。彼らは自分に向けて話していると認識した言葉を理解し、事前に準備されたアクションの中から適切なものを選択します。裏を返せば自分に向いていない言葉も一旦は処理しているということです。家庭の中でどんなことが話されているのか、もしかしたらあなたよりもよく知っているかもしれません。

 

日常会話をビジネス目的では使わない、おそらく最低限そんな規定は用意してることでしょう。しかしその規定がどれほど意味を為すのか分かりません。あるいは悪意を持った企業がAlexaをハッキングしてそのような利用する可能性もあります。 どんなものを買っているのか、 家の中にはどんな人がいるのか、 誰がどのくらいよく喋るのか、 一体どんなことに関心を持っていってどんなことに興味を持っていないのか、最近のドラマのことを家の中で離したりはしているのか、新商品はどのくらい知られているのか、といった 様々な情報が簡単に手に入るようになってしまいます。

 

マーケティングってそういうこと

ただしこのような行為が本当に良くないのか分かりません。プライバシーはもちろん守られるべきですが普通の人たちが一体どんなことを望んで普段生きてるのかということを知ることは、 より素晴らしい商品を作るためにも極めて重要なことなのです。

 

実際ビジネスというのはシンプルな仕組みでできています。何か困っている人がいたらその困りごとを解決できるなものを提供すること。 これからビジネスの基本ですから多くの人が普段どんなことを考えているのかということを知ることはまさに商品開発のための重要な情報なのです。

 

情報を勝手に撮られるのが嫌ですがもし自分のためになるような商品を開発してもらうために使われるのであれば、最低限のプライバシーを保障されていればそれで構わないと思う人も多いのではないでしょうか。私は自分自身のことが特定されないのであればある程度生活の内容が企業に流れてしまっても構わないのではないかと考えますが皆さんはいかがでしょうか。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告



画像RSS





カテゴリー

ページ上部へ戻る