2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

元バレーボール選手・滝沢ななえさんがLGBTであることをカミングアウト、その反応は?

なんともさっぱりとしたカミングアウトについてのお話です。スポーツ選手はLGBT宣言が最もしづらい人たちとも言われていますが、反応は悪くなかったとのこと。



東京、渋谷区神宮前二丁目にあるアジアンビストロ「irodori」が3月に閉店する。LGBTのコミュニティスペース「カラフルステーション」を併設しているirodoriは、昨今のLGBTを取り巻く社会の変化の中心地とも言える場所だ。閉店に向け開催される全6回のクロージングイベント、LGBTのこれまでとこれからを考える「カラフルトーク」をレポートする。

 

AOL

 

第1回は「LGBTとスポーツの未来」と題して、昨年11月にテレビ番組でレズビアンであることをカミングアウトした元バレーボール選手の滝沢ななえさんが登壇。

セクシュアリティの気づきや、カミングアウトに至った経緯、また、スポーツ界におけるLGBTのアスリートの今後について話した。

 

AOL
滝沢ななえさん。昨年11月にバラエティ番組「衝撃のアノ人に会ってみた!」でレズビアンであることをカミングアウトした。

 

■レズビアンだと気付けて嬉しかった

滝沢さんがレズビアンだと自覚したのは22歳のとき。きっかけは上野樹里さんがトランスジェンダーを演じたドラマ「ラストフレンズ」を見たときだった。

「それまでお付き合いするのはいつも男性でした。でも気持ち的にしっくりこなくて、うまく恋愛ができないと感じていました」。

そもそも「女性を好きになるという考えを想定していなかった」と話す滝沢さん。ドラマ「ラストフレンズ」を見て「もしかしたら…」とレズビアンなのかもしれないと思い始めたそう。

「(レズビアンだと)気づいた後より、気づく前の方が悩みました。男性とお付き合いしていた時は、周りの友達みたいに『彼に会いたい!』とか、『連絡がなくて超寂しい!』という気持ちが私にはなくて、いわゆる恋バナができなかったんです」。

「22歳ではじめて女性とお付き合いしたときに、電話したいな、メールしたいなと思えて、『あ、みんなが言っていた感情はこれか!』と。気付けて嬉しかったですね」。

 

「レズビアンであることに対してネガティブなイメージはなかったんですか?」という質問に対して、滝沢さんは「あまりなかったですね。女性を好きになる人どうしの話を聞いたこともあったし、スポーツ界で触れる機会もあったので」と話した。

「むしろ(レズビアンだと)気付けてめっちゃ嬉しかったです」と笑顔で話す滝沢さんの人柄が、カミングアウトした後の周囲の暖かい反応にもつながっているように感じた。

 

AOL
登壇者の3人。任意団体「やる気あり美」代表で、イベントのモデレーターをつとめた太田尚樹さん(左)。滝沢ななえさん(中央)。irodoriのオーナーでもあり、トランスジェンダー活動家の杉山文野さん(右)。
via: 「レズビアンだと気付けて、めっちゃ嬉しかった」元バレーボール選手・滝沢ななえさんがカミングアウトした理由

 

アスリートとLGBT

アスリートといえばゲイやレズビアンが少ないとイメージを持っている方は少なくないのではないでしょうか。 LGBT の人達はアーティストやフィギュアスケートと言った芸術的な分野に多くいると思ってる人も多いでしょう。実際有名なファッションデザイナーも多くが LGBT であることをカミングアウトしています。

 

しかし多くの調査でそのような理解は勘違いであるということが明らかになっています。つまりある分野においては LGBT であることを公表しやすく、ある分野では LGBT であることを公表しづらいということです。そして LGBT が公表しづらい分野の一つがアスリートであり、他にも軍人がそれにあたります。

 

そのような分野や組織においては LGBT であることは非常に恥ずべきことだという風に取り扱われており、それが故にその人たちは自分たちが LGBT であることをカミングアウトすることができないのです。

 

しかし実際はどの分野どの組織にも同じようにLGBTは存在しています。そういうことを言ってはいけない空気がそういう人たちの生活を著しく抑圧しているのです。20人に1人が LGBT だと言われる中であらゆる組織に LGBT の人がいることはもはや当然です。

 

無視してはいけない

大切なことはそこに確かに LGBT の人がいるということをまず自覚するところから始まります。普通に電車の中にだって学校にだって存在していて、 LGBT を侮蔑するようなジョークを聞けば傷つく人もたくさんいるのです。

 

今回のようにアスリートの内部から LGBT であることをカミングアウトする人が増えてくるということは大きな価値を持っているでしょう。今の多くの若者も LGBT であることを恥ずかしく思ったり人に言えずに自分の中で苦しんでる人が多くいると思います。

 

アスリートというのは多くの若者や国民にとって夢や希望を与える存在であると同時にこのように様々な生き方があるということを示す存在でもあって欲しいと思います。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告



画像RSS





カテゴリー

ページ上部へ戻る