2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

専門家「核兵器を作っている企業と取引をしている日本企業が7社もある」

いま、あらゆる企業が「責任ある経営」を求められています。その責任とはつまり、世界平和や継続可能な社会になるための責任です。



「核兵器製造企業と取引中止を」専門家が指摘

国際NGOのICANの調査で、核兵器を製造する企業と取引があると指摘された銀行など日本の7社にNHKが取材したところ、少なくとも4社が核兵器製造に関連する事業への投資や融資を行わない方針を定めていることがわかりました。専門家は方針を定めて直接事業には投融資をしていなくても、核兵器を製造する企業と取引があるだけで社会的責任が問われるとして、取引をやめるべきだと指摘しています。

ICAN=核兵器廃絶国際キャンペーンは、核兵器を製造する企業と世界の金融機関との取引を2014年から3年にわたって調査し、24の国と地域の329の銀行や資産運用会社などが取引があると指摘しました。

NHKがこのうち日本に本社を置く銀行など7社に取材したところ、少なくとも4社が社内の規定などで核兵器製造に関連する事業への投資や融資を行わない方針を定めていると回答しました。

一方、指摘についての見解を尋ねたところ、4社は回答せず、3社は現在は取引をしていないなどと回答しました。

ICANによりますと、去年、核兵器禁止条約が採択された後、海外では30社が核兵器製造企業との取引をやめたということです。

K10011376901 1803232258 1803240509 01 04 専門家「核兵器を作っている企業と取引をしている日本企業が7社もある」
金融機関の社会的責任を提言しているNPO法人「環境・持続社会」研究センターの田辺有輝理事は、核兵器製造に関連する事業への投融資を行わない方針を定めて直接事業には投融資をしていなくても、そうした企業と取引があるだけで社会的責任が問われるとして、「核兵器製造への関与が強い企業については投資や融資を引き揚げていくべきだ」と指摘しています。
via NHK NEWS WEB 「核兵器製造企業と取引中止を」専門家が指摘

 

責任ある取引

グローバルな企業が増えていく中で、どんどん影響力を持ち始めているメガ企業が次々にあらわれています。アップルやグーグルなどは、国家予算にも相当する額を扱っており、小国よりも巨大なパワーを用いることが出来ます。もちろん法律を制定する力も税金を収集する力も犯罪を犯した人間を罰する権限も無いものの、それにしても莫大な能力を秘めています。

 

実際、国家が持つパワーというのも企業によって大きく影響されます。多くの国家が防衛予算を使って様々な兵器を購入しますが、そういう兵器をつくっているのは一体どこでしょうか。それは企業です。企業がこれまでの長い歴史に蓄積された様々な技術を用いながら、世界を動かす技術を輩出し、時には非常に多くの人間を殺しているのです。

 

このように、企業というのは非常に強い力を持ちながら、同時に世界に対して武器を生み出して輩出するという機能をも持っていることがあります。このようなパワーに対して一定の制限が必要であるという考え方が最近は主流です。国家もまた憲法などを持って自分たちがやっちゃいけないことを決めているように、企業もまた大きな力に対して責任が伴うという風に考えるのです。

 

企業の社会的責任

それをまとめてCSRといいます。日本語にすると企業の社会的責任というものです。これはもちろんフィクショナルなもので、実体があるわけではなく、またそれを作り出す法律があるわけでもありません。しかし、私達は大企業に対してこのような責任を求めることが非常によくあります。例えばファストファッションブランド企業がもしも生産国で10歳にも満たないような少女を劣悪な環境で働かせていたらこれは大問題になりますし、株価も下がります。これがCSRの本質的部分です。

 

他にも企業の社会的投資責任という考え方もあります。それは企業が投資をする先について、社会にとって良い企業でないといけないというものです。わかりやすい例を上げればマフィアやヤクザといった人たちに投資をしてお金を設けるような企業は良くない企業なので株価が下がったりします。その企業が商品の生産や流通において悪いことをしていなくても、その企業が投資している先に悪いところがあれば、生産に問題が無くても責任を果たしていないというわけです。

 

そして今回もその1つですね。核兵器をつくっているような企業と関係をもつのは良くないというわけです。投資もだめだし、取引すら核兵器を結果として作るために資金を提供していることに等しいというわけです。これをもし世界中の企業が行えば、たしかに核兵器をつくっている企業は取引先がいなくなって大いに困り、核兵器を作ることを辞めるかもしれません。CSRにはこのような考え方が前提にあるのです。果たしてそれが効果的かどうか、あと100年後に地球がまだ残っているとしたら、その頃に検証が出来るかもしれませんね。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告



画像RSS





カテゴリー

ページ上部へ戻る