2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

1人1万円で動員される大学生、核のごみ処理施設の説明会に駆り出され問題に

「ちょっと参加してくれるだけで1万円あげるよ」そんな言葉にほいほい釣られて核のごみ処理施設の説明会に参加した大学生。これはサクラではないかということで大問題になっていますが、そんなに大した話でもないような気がしています。



 原発から出るいわゆる“核のゴミ”の処分場建設に理解を得ようと国などが行った説明会で、1人1万円を渡すと呼びかけて学生が動員されていたことが分かった。

 地域交流統括・宮沢宏之理事「あれほど徹底して禁止行為と言っていたのに、このようなことになったのは本当に遺憾でありますし、反省もしています」

 NUMO(=原子力発電環境整備機構)によると、今月6日に埼玉県内で行われた説明会で、PRを委託した会社が「参加したら1万円もらえるよ」などと呼びかけて学生12人を動員していた。

 このPR会社は以前から、コピー代を肩代わりするなど大学のサークル活動を支援しているということで、NUMOによると、埼玉以外の説明会でも多数の学生がサークルへの支援の見返りに参加していた可能性があるという。

via: 1万円で…核ゴミ処分場説明会に“サクラ”|日テレNEWS24

1f333b1f72ad03d69ed0af44fd1a2a6c 1人1万円で動員される大学生、核のごみ処理施設の説明会に駆り出され問題に

 

核のごみ処理施設

そんなに大した事件でもないような感じはありますが、しかし順繰り説明していきましょう。まずは核のごみ処理についてですが、これは最近随分ニュースになっていますよね。トイレのないマンションとも言われる原子力発電所は、エネルギーを生み出す過程で生じる放射能を持った物質の処理が未だ技術的に出来ないまま動いてきました。

 

発電をすればするほどそのゴミが出てくるわけなのですが技術的な処理は出来ないので、とりあえず地中深くに埋めるしかありません。日本のどこに捨てるか、というのがここでは大問題になるわけです。地中に埋めておくのだから安全だというのが国の主張ですが日本はなんといっても地震大国ですから、その影響で放射線が地上に出るのではと住んでいる人たちからは大反対を受けています。

 

今回の問題

さてニュースではそのごみ処理施設について市民を説得するための場に大学生をお金で釣って呼んだことが問題になっているようです。確かにお金を払ったら来るという市民は、本来説明したい対象とは違うかもしれません。しかし、実際これがなんらかの不正というほどのものでもないのではと感じます。

 

まず第一に、こういう説明会に行くような市民なんか全然いません。大学生なんて全然いません。この大学生達も、正直全然関心もなく行ったのでしょう。いつもお世話になってるしお金ももらえるなら行くか、という感じかと思います。もし彼らがバリバリの政治思想を持っている人たちだったのなら、そもそもお金なんかもらわなくても行って反対運動なりなんなりすることでしょうから。

 

続いて、どんな理由であっても彼らが来たことによって若い世代に説明ができたのだしそれはそれで良いのではないかということです。説明会というのはもうとにかく聞いてもらわないと始まらないわけですから、まあ聞かれただけ良かったのではという気もします。

 

これで何かサクラの学生達にあやしいことを色々させたりするとよくないと思いますが、とりあえず参加しただけで多数決とかそういう評決に介入しようとしていたわけでもないなら、「人集まらないし仕方ないから現金ばらまくか」と思ったのだなという感覚しか抱きません。

 

それほど大した問題じゃないように感じるのは私だけでしょうか。もちろん行政が直接やったら問題ですがそうではなかったようですしね。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告



画像RSS





カテゴリー

ページ上部へ戻る