2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

進む自動運転化、トラックが並んで走る技術なども開発激化へ

まさに未来の社会が作られていくのを感じるニュースです。これからどんどん無人で安全な運転技術が開発されていくのでしょう。



自動運転車は「乗用車」より「商用車」で先行!? 7年後に無人隊列目指す

prm1806130001 n1 進む自動運転化、トラックが並んで走る技術なども開発激化へ
有人で自動運転するトラックに並走する観光バスの車内モニター。運転手がハンドルとペダルを操作していない様子が映し出された=5月、東京都羽村市の日野自動車羽村工場

 乗用車で自動運転技術の開発競争が過熱する中、トラック・バスなど商用車を手がける日野自動車も完全自動運転の実現に向けた技術開発ロードマップ(計画表)を発表した。平成37年以降にエリア限定で全ての操作を自動化する商用車を実用化するほか、複数のトラックが隊列走行する技術の進化も急ぐ。自動運転で先行する独ダイムラーなどの欧州勢にどう立ち向かうのか。日野の戦略に迫った。

 「交通事故死傷者ゼロを目指し、完全自動運転に向けた技術開発を段階的に進めたい」

 同社が5月21日に東京都羽村市の羽村工場で開いた自動運転技術に関する説明会。遠藤真副社長は力強くこう宣言した。

 ロードマップによると、34年をめどに一定の条件下で自動走行し緊急時に運転手が操作する「レベル3」の自動運転技術を搭載した商用車を開発。37年以降には、エリア限定で全ての操作が自動化される「レベル4」以上の車両を実用化する。

 複数のトラックが加速・減速を自動制御して隊列走行する技術の開発も急ぐ。35年をめどに、有人の前走車を有人の後続車が自動追従する「有人隊列走行」を実用化。37年以降には、有人の前走車を無人の後続車が自動追従する「無人隊列走行」を実現する。

 開発を急ぐ背景には、運送業界の深刻な人手不足と運転手の高齢化のほか、路線バスの縮小・廃止に追い込まれた過疎地の移動手段を確保する狙いもある。

 

via: 【経済インサイド】自動運転車は「乗用車」より「商用車」で先行!? 7年後に無人隊列目指す(1/5ページ) – 産経ニュース

 

自動運転のレベル

最近自動運転の技術の開発スピードには驚かされますね。ところで自動運転にはレベルがあります。ご存知ですか? 搭載したカメラやセンサーで周囲の状況を把握し、自動で走る車。ハンドル、アクセル、ブレーキのいずれかを自動で操作する「レベル1」▽ブレーキやハンドルなど複数の操作が自動となる「レベル2」▽一定の条件下で自動走行し緊急時に運転手が操作する「レベル3」▽エリア限定で全て自動化される「レベル4」▽運転手を必要としない完全自動運転が可能な「レベル5」-の5段階があります。

 

そしてこれから十年程度でレベル4のところまで達成する予定だというのだから恐ろしい。特定のエリアではもう人間は一切関与することなく移動することが可能になるというではありませんか。無限の可能性が想像出来ますよね。運転手が必要ない、ただ載っているだけで移動が出来る。ひとだけじゃなくモノの移動も簡単になります。

 

自動運転と経済

ニュースの中にもありましたがトラックを集団で動かすことが出来るようになることも凄いですね。先に走っているトラックとの位置関係や動きを同期させて、一斉に動くことが出来るというのですから。人間だと疲れるからそうはいきませんが、自動運転ならただひたすら目的地に向かって進み続けることが出来ます。これはかなり強い。

 

日本の経済の動脈といえばトラックです。日本中に縦横無尽に走るトラックが様々な資材やエネルギーや道具や素材や部品を配って、それがぐるぐると回り続けるからこその経済発展です。これを爆発的に高めることが出来たとしたら…この業界はまた大きな飛躍を遂げるでしょう。もちろんひとの雇用がどうなるかというのは課題ではありつつ。

 

自動運転と雇用

そう、いま自動運転が進むことによって最も直接的に雇用が奪われかねないのがトラックの運転手です。彼らの能力のほとんどが自動運転によって代替される可能性があります。もし完全自動運転が可能になれば、複数のトラックが安全に24時間走り続けて荷物を届けることが出来るようになってしまうのですから当然です。

 

一部は有人のものが残るにせよ、間違いなく職業を変える必要があるでしょう。しかも、割と10年20年のスパンでです。今の若いトラックの運転手は仕事がなくなります。中年になったときにいきなり今ある仕事がなくなったら、人生が真っ暗になってしまいます。その辺りのキャリア支援は国の仕事、あるいは運送業の課題でしょうね。どうなるのだろう。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告



画像RSS





カテゴリー

ページ上部へ戻る