2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

男女平等のため、男性が自主的に報酬を削減:イギリス公共放送BBC

日本では到底信じられないようなニュースが報じられています。なんと男女平等のため、イギリス公共放送であるBBCの男性幹部が自主的に報酬を削減したというのです。



ニューヨーク(CNNMoney) 英公共放送のBBCは27日までに、著名記者やキャスターなどの男性6人が給与の男女格差解消への一助として自主的な報酬削減に同意したとの声明を発表した。減給の幅には触れなかった。 BBCは昨年、最高水準の所得が保証される幹部級のうち女性が占める割合は3分の1などとする報告書を発表。これ以降、局内では賃金格差への女性職員の抗議がくすぶっていた。 この中で中国担当の編集責任者を務めていた女性のキャリー・グレイシーさんが最近、反発して同職位を辞任。男女平等の報酬が確保されれば復帰するとも言明していた。来週には英国会の委員会で証言する予定。 給与の自主的な引き下げに応じた6人はニュースキャスターやラジオ局の司会者などが含まれ、いずれも最高水準の給与の資格保持者。昨年7月に出された報告書によると、6人の年収は70万~74万9999ポンド(約1億780万〜約1億1550万円)などとなっていた。 6人のうち北米担当の編集責任者を含む2人はグレイシーさんの賃金格差への不満をけなす会話を知らずに録音され、外へ流される騒ぎにも巻き込まれていた。冗談だと釈明し、漏えいした人物を非難していた。 グレイシーさんの年収は15万ポンド以下とされる。世界の他地域の編集責任者4人の報酬額は不公平な状況にあり、男性は女性より少なくとも50%以上多い給与をもらっているとも主張している。昨年の報告書では、年収15万ポンド以上の従業員が発表された。 BBCのトニー・ホール会長は報酬の男女格差について2020年までの是正を約束している。 via CNN 男性記者ら6人が減給同意、男女格差解消で 英BBC

bbc sign 01 男女平等のため、男性が自主的に報酬を削減:イギリス公共放送BBC

 

なぜ減給するのかわからない

非常に印象的なニュースで、男女平等とは何かということを考えさせられるものがありますね。最大の論点は「なぜ、最高報酬資格保持者」がわざわざ給与を下げなければならなかったのかというところにあります。

 

報酬に文句をつけて飛び出した女性編集者は、その資格保持者ではありません。そして、重要なのは彼女と同ポジションだった男性編集者の方々との報酬が50%以上異なる所です。それこそが最大の問題でしょう。同じポジションなのに給与が50%違う、つまり二倍近く差がついていることはどう考えても問題です。

 

しかし、それとこれとは話が別です。なぜなら、最高報酬資格保持者が給与を下げた所で、それが結局女性編集者らの報酬に影響しないなら意味が無いからです。問題の本質をずらしているような感覚がして、わざとセンセーショナルに男女平等問題として取り上げようとしている感じがしてなんだか違和感があります。

 

男女平等とは何か

私が常々考えていることは、男女平等とは性別に関わらず同じように取り扱われることだということです。今回のような事例であれば、同じことをしているのに報酬が異なるのは性別以外になんらか正当な理由がないといけないということです。ただ、男性だから女性だからという理由は給与を変えて取り扱う理由にはなりません。

 

逆に言うと、正当な理由で報酬を変えて取り扱うことは許されるでしょう。つまり、職務に置ける責任や権限、その成果によって異なる取り扱いをするような場合です。しかし、今回のケースでは少なくとも同じ職位についており、その権限にも大きな違いがありません。であればやはり報酬に大きな差をつけることは許されないでしょう。男女によって明確に給与が違うのであれば、会社としても性別以外の理由で分けているとは考えにくい。

 

これまで、同じ仕事をしているのに男性というだけで3000万円近く、女性だという理由でその半分にされていたとするなら彼女が怒りを覚えて離職をするのも当然のことです。BBCはさっさと最高報酬資格の人間が減給した分の額を使って、彼女ら女性の不当に低い報酬額を引き上げるよう動くべきでしょう。なんでこんな愚かなことをしていたのかよくわかりませんね。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告



画像RSS





カテゴリー

ページ上部へ戻る