2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

なぜ日本では子育てがしにくいのか? 母親一人で育児が出来る、は完全にウソ

昔から、一度も母親一人で育児が出来る時代なんて無かった。そんなことを忘れて昔の母親は偉かったなんて言葉馬鹿馬鹿しいにも程があるんですよね。





via: 日本はなぜ子育てが世界一難しい国になったか?50年で変わったこと(落合 恵美子) | 現代ビジネス | 講談社(2/4)

遡れば1980年代、わたし自身が子育てで一生懸命だった頃、「育児ノイローゼ」が社会問題になった。

その時、沸き起こったのが、若い母親世代へのバッシングだった。都会育ちで苦労を知らないからそんなことになる。偏差値世代は育児書に頼りすぎるからだ。

そして決まり文句の「昔の母親は偉かった」。昔は家族だけで立派に子育てしていたのだから、今もできないはずはない、と言われた。

自分が批判される立場の若い母親であり、社会学者の卵でもあったわたしは、なにかおかしいと思った。そこで兵庫県の委託調査をさせていただいた機会に、自分と同じ2歳児を抱える家族の調査を実施した。

そしてその結果を、1960年代に社会学者の森岡清美先生たちが東京郊外で実施した調査結果と比べた。立派だったと言って引き合いに出されるのは、だいたい1960年代の母親や家族だったからだ。

そして二つのことを発見した。

第一に、1960年代の幼児を抱えた母親たちは、近隣の人たちとあまり付き合わず「家族だけで」子育てしていたように見えるが、実は別世帯に住む自分の姉妹たちと頻繁に協力し合っていた。

これはわたし自身の子ども時代の経験とも合致する。田舎から出てきて東京各地に住み着いた母の姉妹たち4人は、毎週のように互いを訪問し合っていた。そのたび、わたしもいとこたちと顔を合わせ、きょうだいのように遊んだ。

「家族だけで」と言っても、その「家族」の範囲が今よりずっと大きかったのだ。正確に言えば、「家族」というより、「親族ネットワーク」だった。

img 6ddc662106988adb6d292f37b673c2fd350231 なぜ日本では子育てがしにくいのか? 母親一人で育児が出来る、は完全にウソ〔PHOTO〕iStock

しかし、1980年代に母親になったわたしたち世代では、4人や5人きょうだいのいる人はめったになかった。せいぜい2人。頼ろうにも、きょうだいがいない。

親族による育児サポートとして、きょうだいの支援をあげる人はほとんどおらず、親族で頼れるのは子どもにとっての祖父母だけになっていた。

祖父母はいくらがんばってくれても、体力に限界がある。こんなに条件が違うのに1960年代の母親は偉かったと言われてもね、と反論できる根拠が見つかった。

しかし、1980年代の母親たちも、黙って耐えていたわけではない。

縮小した親族の絆の代わりに、近くに住む母親どうしで協力し合う育児ネットワークを作りあげていた。これがわたしの調査の第二の発見だった。

 

via: 日本はなぜ子育てが世界一難しい国になったか?50年で変わったこと(落合 恵美子) | 現代ビジネス | 講談社(2/4)

 

素晴らしい調査

こういう調査というのは本当に重要ですね。なんとなく社会で共有されている様々な神話をぶち壊すことが出来ます。そしてそれによってどれだけの人が生きやすくなることか。本当に「少し前なら母親は洗濯機などの家電がないのに家のことも子供のことも出来ていた」と言ったりしますよね。もう大嘘ですよ。びっくりしちゃいます。

 

まず第一に、当時と今では求められる保育のレベルが全く異なります。子どもが子どもじゃなくなる都市も明らかに早いわけです。よく、小さな子どもが赤ちゃんをあやしたりおんぶしてるのを見たことがありませんか? あれですよ。ああいうのがあるから母親は他のことに時間を使えるわけですよ。

 

いまみたいに子どもが子どもでいられる時期というのは、決していつも同じではなくて時代によるのです。昔は15歳で元服でしたよね。その前にはもう結婚していることすらあります。いまは18歳まで学生として基本的には親のお金で生きていけるし、生きていくことが当然とされています。全く時代が異なるのです。子どもでいる時間が長ければ長いほど親が親としての責務を果たさなくてはならない時間も長くなります。

 

大事なのはネットワーク

まあ、そんな風によくわからない勘違いを批判していくこともとても大切だと思うのですが、と同時にかなり普遍的に求められるリソースがあることも事実です。子育てはどんな時代でも一人ではできない。その代わりに、ネットワークのリソースを活用するんですね。今回の調査はそれを非常にクリアに明らかにしていて感動するほどです。

 

ネットワークは大きく二種類。1つは広い意味での親族-姉妹との協力や親、娘達との協力-です。現代ですと男性配偶者もまたこの親族に含まれ、積極的に家事を手伝うこと、子育てに協力することが求められています。そしてもう1つはママさん友達と言われるコミュニティ。要するにご近所付き合いなわけですね。

 

そういう風に自分以外の力をフルに活用しないと一人だと潰れてしまうほどに大変な作業なわけです。だいたいね、人類はこれまで一度も母親一人で育てることが当然だという時代なんて無いわけなんです。それを簡単に「昔の母親は〜」などと意味のわからないことを言ってはならない。どれだけ大変かもわからず、そういうことを言うのは失礼ですよね。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告



画像RSS





カテゴリー

ページ上部へ戻る