2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

カテゴリー:米国企業

Googleは一旦軍需産業から手を引いたが、今後は全くわからない

もはや最先端の研究は軍では行われない時代になった。巨大なIT企業はもはや世界最先端の知識を生む場となっている。そしていつの時代も最新技術は軍事的に非常に重要なのだ。

詳細を見る

失墜するAmazonのレビューへの信頼性、そしてインターネットはまた不透明さを纏う

レビューという仕組みがどれだけインターネットに信頼をもたらしたか、そしてそれがいま終わろうとしています。規模が大きくなれば必ず失われる信頼をどう考えたらよいのでしょう。

詳細を見る

「ホームレスを生み出している税」をAmazonに課すことを決めたシアトル

K10011438921_1805151229_1805151232_01_02

画期的というか恐ろしいというか、面白い税金が生まれました。Amazonを代表とする大企業には今後みんな課税するつもりでしょうか。

詳細を見る

Googleの中にもいじめあり、女性差別あり、トランプ大統領の影響がある模様

google

do not evil(邪悪になるな)というフレーズが有名なGoogleですが、やはり中にはこういうどろどろした部分もあるのですね。

詳細を見る

鳴り物入りの無人店Amazon Goは万引きし放題という事実

なんとも悲しいニュースですが、やはりまだまだ人間の悪意にはテクノロジーが勝利することは無いのかもしれません。無人の店というキャッチーなフレーズで広まったAmazon Goの限界が垣間見えます。

詳細を見る

Google人事がバッサリ「長時間労働はナンセンス、ただし短期間ならアリ」

google

最早当たり前のようになってしまっている長時間労働、やはり海外から見たら相当ありえない常態です。そもそもホワイトカラーの仕事って時給換算するの無意味なんですよねというお話。

詳細を見る

まっとうな医療情報を検索上位にするアップデート:googleは情弱を救うか

welqで大問題になったデマに近い医療情報ですが、それを検索で上位に上げてしまっていたGoogleにも反省があるようです。いまや検索サービスはインフラに近く、社会正義も求められています。

詳細を見る

機械は人間の労働を奪わない? Amazonは人を雇い続けている

Amazon

機械はいずれ人間の仕事をすっかり奪ってしまうだろう-そんな恐ろしい予測はいまだ現実のものにならない。一体いつになったら人間を労働から開放してくれるのだろうか、と穿った言い方すらしたくなるほどだ。

詳細を見る

Googleが政治家向けにセキュリティを強化:もしかしたらアメリカ大統領はヒラリーだったかも

一番情報が漏洩したら困るのが政治家だというのは、選挙のたびに海外では情報が漏洩してスキャンダルとなることからも明らか。Googleがとうとうその重い腰を上げて特別なセキュリティ機能を追加するようです。

詳細を見る

EUがAmazonに15億円の税金支払を要求:多国籍企業という脱税組織

amazon

多国籍企業、それはあらゆる手段を使って税金を少しでも節約しようとするとても合理的な存在でもあります。しかし、世界中で活動する以上、その地域ごとの税金を支払えとの要求は毎年のように起きています。

詳細を見る

広告



画像RSS





カテゴリー

ページ上部へ戻る