2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

合計特殊出生率と、合計結婚出生率と生涯無子率から考える少子化問題

少子化と聞くと最近はどんどん深刻になっている印象があります。でも、実は多くの指標があってそれぞれから読み取れる情報が結構違うのはご存知でしょうか。それにしてもこういうのは数字が多くてわかりづらい。



この合計特殊出生率は未婚の女性も含むため、女性の未婚率が上昇すれば当然下がってしまうのです。既婚女性の出生率を表す指標としては、「合計結婚出生率」があります。これは既婚女性が一生の間に産むとされる子どもの平均数を示します。

合計特殊出生率と合計結婚出生率の経年推移を比較したグラフを見てみましょう。

img d206fad1cf5c3d2e8d69e8e2384d363c238066 合計特殊出生率と、合計結婚出生率と生涯無子率から考える少子化問題

グラフからは、合計結婚出生率はそれほど下がってはいないことがわかります。1990年代以降2.0を超えたことはありませんが、それでもずっと1.7~1.9レベルで持ちこたえています。つまり、結婚した夫婦は合計2人弱の子どもを産んでいるということになるのです。逆の見方をすれば、結婚数が1つ増えれば、その分だけ期待出生値がプラス2となるわけで、既に2人の子どもを産んでいる女性に3人目を求めるより、未婚女性の結婚を促進した方が少子化解決に効くと考えられます。

要するに、既婚者の子どもの数が一定である以上、出生率の観点からは未婚者の増加によるマイナス影響が大きいということになります。「未婚が増えれば国が滅ぶ」と言いたい人の気持ちもわかります。

しかし、結婚さえすれば皆子どもができるはず、という思考は短絡的にすぎます。子どもが欲しいと思っていても、事情によりできない人たちもいます。

さらには、物理的に「産めない」女性だけではなく、自ら子どもを産まない選択をする女性も存在します。雑誌『FRaU』(講談社)の2016年3月号では、女優山口智子さんが「産まない選択」を告白したロングインタビューが掲載され、大きな反響を呼びました。個人の価値観や人生観が多様化していく中で、たとえ結婚して夫婦となったからといって、必ずしも子を持つとは限らないのです。

 

via: 少子化は「未婚者の増加」だけが原因じゃない | ソロモンの時代―結婚しない人々の実像― | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

 

結局どういうこと?

なんだか色んな数字が出てきますが、簡単に言うと「いま2人くらい生んでいる夫婦に3人目を産んでくれというのは大変」「結婚してる人は大体2人くらい産んでるから、未婚の人に結婚してもらうのが良さそう」「でも、最近は結婚しても子ども産まない人も結構いるよ」という話です。

 

一般的によく言われる「最近はみんな結婚しなくなったから少子化が進んでいる」は事実と言っても問題なさそうです。しかし、じゃあ結婚したら少子化は解決するのかといったらそんなことはなく結婚しても子どもを産まない人達が13%もいるというのですから話は変わってきます。

 

このような層を生涯無子層と呼べそうです。彼らは結婚しても子どもを産まないので、安易に結婚の数さえ増えれば出生率は改善するという話にはならないようですね。

 

止まらない少子化、日本は沈没するのか

至る所で聞かれる少子化、国難という問題。これは最早止まることはないでしょう。このまま日本はどんどん人口が減っていって、経済的に必要となれば移民の導入もありえるでしょう。来てくれたらマシですが、言語の問題で全然人が来てくれないという可能性すらあるかもしれません。

 

人もお金も減ってくればいよいよ国家としては衰退して、困っている人達を助けることも出来なければ企業が元気に活動することもできなくなっていく。これは悲しいですが現実的なシナリオでしょう。しかしまあ、よく考えてみればどの国家もいつでも元気というわけではありません。

 

イギリスだってオランダだってスペインだってギリシャだって、昔の栄光に比べたら随分小国になったものです。それと同じようになんとか踏ん張って最低限の経済活動を維持できたら良いのかもしれませんね。私は海外で働く準備でもしないといけないな。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告



画像RSS





カテゴリー

ページ上部へ戻る