2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

協調性は世界トップレベルの日本人、欲しいのは苦言を呈する力?

人とうまくやるのは得意だが、その代わりあまり文句が言えない。日本人全体の傾向としてよく言われることが、高校1年生で見ても明らかであることが調査からわかりました。



 協調性があって成績は世界トップクラスだが、苦言を呈することは不得手だ。そんな日本の生徒の弱点が浮かんだ。

 先進諸国が加盟する経済協力開発機構(OECD)の「チーム解決力調査」による興味深い結果である。今後の指導に生かしてほしい。

 15歳を対象にした学習到達度調査(略称PISA)で、日本からは高校1年が参加した。今回は、コンピューター上で生徒が他者といかに協力できるかを評価するテストを初めて行った。

 出題例は、架空の国の地理や人口、経済について3人一組のチームで調べる想定で、パソコンのチャット(会話)画面に示されたせりふから適切だと思うものを選ぶ。役割分担するなどルールを決め効率よく進めるほか、適切な助言ができるかなどが問われた。

 日本は参加52カ国・地域の中でシンガポールに次ぐ2位だった。3位香港、4位韓国などと続いている。OECDの加盟32カ国中では1位だった。

 昨年12月に公表された調査で、日本は科学2位、数学5位、読解力8位と上位だった。学力に支えられた好成績ともいえよう。

 専門家によると日本の学校教育は、体育や課外活動を含め集団行動を学ぶ機会が多く、世界で注目されている。教育の成果として改めてその利点を分析すべきだ。

via: 【主張】チーム解決力 モノ言える人材育てよう(1/2ページ) – 産経ニュース

0903130 協調性は世界トップレベルの日本人、欲しいのは苦言を呈する力?

 

素晴らしい成績

まず一番最初に、やはりこの素晴らしい成績について言及せざるを得ません。他の誰かと一緒に作業をするということにおいて、これだけの好成績を収めることが出来るとは。私が想像していたよりももっと高レベルに日本人は協調力があるようです。実際、海外大学でグループワークなどしてみると協調性に欠ける人間が結構いることは感じていたのですけれど。

 

52カ国中2位、OECD内ではトップの成績を収めたというのは誇るべきことです。と同時に、今回は欠点も浮き彫りになったようですが私はそうは思いません。欠点というのは「軋轢を恐れて苦言を呈さないこと」ということだと思いますが、しかしこれって協調性とは当然相反するものなんですから、欠点として取り上げられるのは当然。美徳の裏側ですからね。

 

では、この欠点はどのように補えばいいのか。答えは簡単です。別に日本人は日本人で、この欠点を抱えたままで大丈夫。その代わり、外部の風をきちんと入れるようにしたら良いのです。まさしく多様性の力によって解決する。一個人が全部出来る必要はなく、集団として出来る用になればよいのですから。

 

チームの力

まさに、個人ではなくチームの力として全体がパワーを発揮できればいいわけですよね。3人チームを作るなら2人は日本人、1人は軋轢をものともしない特性を持った外国人を加えたら良いのです。協調性を維持しながら、軋轢を乗り越えていけるようなチームに育てていけば良いのです。

 

1人がなんでもかんでも出来る様になる方がいいわけではない。協調性を持ちながら同時に軋轢を恐れないというのはほとんど不可能なことなのだから、それを個人に求める必要はない。これから社会はどんどんグローバリゼーションだというのだから、別に日本人が他の国の人間の美徳を手に入れる必要はない。大事なのは組み合わせなのですから。

 

そういう意味では、やはりどこまでいっても多様性というのがこれからの社会を考える重要なキーワードであると言えるでしょう。その多様性すら包み込める協調性を日本人が獲得できれば、それは大きな強みになるはずです。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告



画像RSS





カテゴリー

ページ上部へ戻る