2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

アメリカでドローン規制が緩和か-メリットとデメリットどちらも大きなトランプ大統領の思惑

ドローンという魔法のようなツールがいま世界中を盛り立てている。社会の見え方が大きく変わっていく中で、一体世界はどう変わっていくのだろうか。無人機が作る将来とは。



米国の広大な青い空をドローンが埋め尽くしていたら、国民はどう思うだろうか。そんな思いを馳せることもなく、大統領は「空の交通量」を増やそうと躍起になっている。そしてついに、実現に向けて動き始めた。 ドナルド・トランプ大統領は2017年10月25日、米国の領空で商用ドローンを飛行しやすくする計画の立案を米運輸省に指示する大統領令に署名した。 ほかの国では、政府がドローンネットワークの整備を推進している。米国のプロ操縦士たちは世界的な時流に追従し、追い越したいと切望してきた。そうした声を受け、米連邦航空局(FAA)は新たに「無人航空機システム統一パイロットプログラム」を実施し、彼らの機嫌をとっている。 この新しい計画は、アマゾンや「セブン-イレブン」などを興奮させるかもしれない。だが、実はスラーピー(セブン-イレブンのオリジナルフローズンドリンク)やソイレント(人間に必要な栄養素がすべて含まれるとうたう栄養機能食品のドリンク。Amazon.comなどで購入できる)の配達が早くなる以上の意味をもつ。 経済効果は92億円、10万人の雇用創出も ドローンの正式名称は「無人航空機システム(UAS)」だ。農業、保険、油田やガス田の調査、航空写真といった分野で存在感を示してきた。人間が行うと時間がかかり、危険も伴う作業を引き受けることができる。ヒューストンにハリケーン「ハーヴィー」が襲来した際も、捜索救助活動のサポートに使われた。 米運輸省のイレーン・チャオ長官は、「ドローンは緊急事態において特に真価を発揮すると証明されています。最近のハリケーンやカリフォルニアの山火事のような、自然災害による被害の大きさなどを調査できるからです」と話す。 ドローンはまた、米国に特筆すべき経済効果をもたらすとも考えられている。無人車両システム協会(Unmanned Vehicle Systems International)によれば、その規模は2025年までで8,200万ドル(約92億円)にのぼり、最大10万人の雇用を新たに創出するという。同協会は、4つの回転翼で飛行するクワッドコプターや同種のマシン(一般的なドローン)の発展のためにロビー活動を行っている。 via wired 「ようやく商用ドローン推進へ、重い腰をあげたトランプ政権が動き出した

GettyImages 530073912 アメリカでドローン規制が緩和か メリットとデメリットどちらも大きなトランプ大統領の思惑

 

ドローンとはなにか

最近ニュースでも取り上げられるようになっているドローン、結局のところ何が今までのラジコンなどと違うところなのでしょうか。答えはシンプルで、それは離陸から着陸まで完全自立移動が出来るという点にあります。誰かが外部からスイッチなどを押さなくても、あるいはコントローラーで移動を誘導しようとしなくても、自分自身で条件を見極めて移動することが出来るのがドローンです。

 

い 離陸だけの話ではありません。飛行中はもっと高精度な動作が行われています。例えば周りに遮蔽物がないかどうか、何か高速で接近しているものは無いか、風向きとその強さはどうか、ちゃんと機体はバランスを取れているか、そういう人間が今まで判断していたようなすべてのことを自律的に成し遂げることが出来るのです。すぐに気づく人もいると思いますが、まさに自動運転とも密接に繋がっているところです。

 

カメラの高性能化、センサーの高性能化に加えて、そこで得られた情報を巧みに処理するAIの発達がドローンを作っているわけですね。そしてそんな極めて賢いドローンにできることは山ほどあります。

 

ドローンは何が出来るのか

ドローンには正の要素と負の要素が両方あります。あらゆるテクノロジーがそうであるように、2つの顔を持っているのです。一つは記事でも紹介されているような災害時に人間が立ち入れないような場所での調査や活動が出来ること。例えば生きている人を見つけてgps情報を投げればレスキューが救援したりすることも可能です。

 

そして、その技術はそのままストーカーにも使うことが出来ます。特定の人間の顔を認識して遠くから追いかけ続ければいいのです。何時にどこにいるのか、いつどこに移動するのかが全て把握出来るわけですから被害者からしたら本当に恐ろしいことです。しかも加害者はその場にいないのですから、アリバイもへったくれもありません。

 

このような状況を避けるためにも、ドローンの運用には規制が求められています。しかし、トランプ大統領はどんどんその規制を緩めているようです。技術開発には自由が必要なので当然ですが、犯罪者にとってはドローンの使いみちを考えることはとても楽しいことだろうと私は想像しています、





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告



画像RSS





カテゴリー

ページ上部へ戻る