2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

老後に向けて投資だけじゃなく「稼ぐ力」を身につけるという生き方

老後に向けて投資を、という話をよく聞きます。しかし、どうしても投資ってアレルギーを持っている人も少なくないのではないでしょうか。私は稼ぐ力を身につける方に一票です。



「投資をしない」という価値観も大いにけっこうです 私は基本的に投資推奨派ですが、誰でも投資をやるべきだとは思っていません。なぜなら、やはり向き不向きがあるからです。それは能力の問題ではなく、価値観やライフスタイルで、という意味です。 投資活動は、経済全体には必要ですが、個人にとっては必需品ではありませんし、投資や運用は人生に必須の活動でもないと考えています。「貯蓄から投資へ」、「お金は銀行に預けるな」と言われ、専門家や経済評論家たちの発言の中には、「資産運用をしないと老後は大変」、というものもあります。そうした風潮に違和感を覚える人もいると思います。でも、投資ってそんなに大事なことなのでしょうか? コントロールできないものに資金を出して目減りするリスクをかかえ、お金が増えた減ったと一喜一憂することに、価値を見いだせない人もいるでしょう。投資のために銘柄を調べたり、時間を使ったりするのはバカバカしいと感じる人もいるでしょう。 たとえば300万円で買った車が、仮に5年後は半分の価値になったとしても、移動が快適になるというバリューを享受することができます。しかし、運用で半分になったとすれば、減った150万円はいったいどういうバリューがあったのか(もちろん、学びに転換するということはできますが……)。 ですから私は、投資をしないという生き方があって当然だと考えています。投資をして増やす人が偉くて、何もせず銀行預金に入れておく人が愚かだ、なんてことはまったくないと思います。あえてリスクをとってまで、お金に働いてもらおうとしなくても、自分が働いて稼いで貯蓄して備えるという方法の方が、十分に現実的な人もいるでしょう。 そうやって、投資という選択肢をなくせば、覚悟して本業に集中できます。本業に邁進して、生活を安定化させようとしますから迷いがありません。 お金を自分のスキルに投資をして打ち込める仕事を見つける 投資で100万円を使う余裕があれば、そのお金を専門学校に投下してプログラミングや語学を学ぶ。短期留学や海外旅行に投下して見聞を広め、自分の価値観を広げる……。それに、本当に打ち込める仕事にありつけたとすれば、それは人生の幸福の多くを手に入れたと同じくらい価値のあることです。だってそうですよね。好きなことをして、顧客に感謝されて、お金までいただけるんです。 私のコンサル時代の同僚は、「コンサルが天職だ」と言っています。だから、寝食を忘れて仕事に没頭しています。ゆえに、ヌルく働いている人とは、数年で大きな差が開きます。それは、収入の差になって現れます。昇進すれば自分の決裁範囲が広がりますから、仕事の自由度も増します。そして、ますます人生が楽しくなる。 彼は投資や運用なんて一切興味がありません。彼曰く、「だってコンサルのほうがおもしろいじゃん」とのこと。ですから、彼のお金は全部普通預金です。「口座にいくら入っているかもよく覚えていない」というくらい、お金にも無頓着です。しかも、ひとつの口座にペイオフ上限をはるかに上回る金額を入れています(さすがの彼も、「これはちょっとまずいかなあ」と言っていますが)。 via All about 投資よりも「稼ぎ力をつける」という生き方

a duty 老後に向けて投資だけじゃなく「稼ぐ力」を身につけるという生き方

 

老後の不安への2つの戦い

いま、キャリアはどんどん不透明になってきています。それは仕事のことだけではなく、ライフキャリアというより広い視点においてもそうです。結婚は当たり前ではなくなりました。子どもを持たないひとも増えてきました。正社員の割合は下がり続け、転職する人の数も増えてきています。

 

これまでのように、大学を出て就職したら40年間ほど働いて退職というわけにはいきません。年金は65歳、これから70歳に支給がずれる友いわれています。健康寿命は伸び続け、人生100年時代といった言葉も盛んに使われるようになりました。でも、結局じゃあ将来はどうしたらいいのでしょうか。ぼんやりした不安だけが存在しています。

 

老後にある不安は要するに「どのくらいお金を使うかわからない」「その時の収入がどのくらいなら足りるのか」がわからないというものです。今までは年金暮らしが可能でしたがそれもいつまで出来るかわかりません。老後の蓄えは必要ですが寿命が伸び続ければいつまで保つかもわかりません。この不安がいま多くの世代に共通しているのです。

 

そこで、その不安に対して大きく2つの方向性が示されています。1つは投資。貯金をするのではなくて長期的に利益を生むような資産を持っておいて対応するというもの。お金がお金を生む、という感じですね。それに対して「定年など関係なく、いつまでも働き続けられるようにする」という立場もあります。

 

稼ぐ力をつけること

私はこの後者の考え方が好きです。投資というのはなんとなく自分の生き方に合わないというか、よくわからない株式の相場の上下に踊らされ、自分の手を離れてただ数字だけを追うようなことにあまり関心が持てないのです。

 

それよりも、転職するにせよ再就職するにせよ、そこで実力によって普通に仕事を獲得出来るようになっていれば怖いものはありません。そのためには常に学び続ける必要がありますしトレンドを追いかけ続ける必要がありますが、不安にかられてお金を運用して失敗したり数字の上下にドキドキするくらいなら、自らの力を高めて安定的な生活を営む方がよいでしょう。

 

それに、これから人生は長い。退職して暇になって一気にボケるなんて勿体無いことはしたくありません。仕事は楽しいですから、そういう仕事を出来るだけたくさんこなしながら将来的にも継続してその分野で活躍し続けたいと私は思います。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告



画像RSS





カテゴリー

ページ上部へ戻る