2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

不要になる「エンジン技術者」花形部門もEV車では活躍の場が無い

テクノロジーの激変は当然ながら求められる技術者のスキルの激変を生む。アナログな技術の集大成である自動車もまた同様である。



オイルにまみれて、手を黒くして、ミリ単位のモノ作りに汗を流す――。そんな匠の技が一気に廃れてきた。変化を拒めば、ただ失業が待つ過酷な時代。技術者たちよ、君たちはどう生きるか。

大企業を去った男の告白

「大組織の中のコマの一つではなく、自分自身でビジネスを構築できる仕事がしたいと考え、思いきって転職しました」

こう語るのは、ソフトバンクの子会社で、バスなど公共交通の自動運転関連サービスの開発に取り組む「SBドライブ」の坂元政隆氏(32歳)だ。

坂元氏は2011年に大学院を修了して大手自動車メーカーに技術者として入社。エンジン関連の開発に携わった後、’14年に社内公募に応じてEV(電気自動車)技術関連のマーケティングを行う部署に異動、’17年3月末に退社してすぐに現職に転じた。

現在、坂元氏は企画部に所属。自動運転の開発だけではなく、規制対応や他社との提携業務など事業全般にかかわっている。

たとえば、全日本空輸とSBドライブは今年2月21日から羽田空港新整備場地区で運転手がいない自動運転バスの実証試験を開始し、東京五輪が始まる2020年までの実用化を目指しているが、こうした事案を取り仕切る。

SBドライブは’16年に設立されたばかりのベンチャー。佐治友基社長も坂元氏と同年代の若い会社だ。大手で開発とマーケティングの仕事をしてビジネス全体を俯瞰する力を養った坂元氏の手腕は頼りにされている。

坂元氏自身、自動車メーカー在籍当時から「技術革新の流れが速いこの時代に、技術者の働き方はこれからどうなっていくのだろう」との危機感を抱いていた。

その一つのきっかけとなったのが、コスト削減のために外資とエンジンの相互供給をするようになったことだ。「エンジン屋の仕事は減るだろう」と直感した。

人工知能(AI)の進化などにより、技術者の置かれた環境は激変し始めている。坂元氏は言う。

「クルマのボンネットを開けると、さまざまな部品が配置されています。あの配置を決めるのには、部品設計の担当者同士がスペース獲得競争をしながら摺り合わせて細かい調整をします。

が、いずれAIがこの配置が最適と判断する時代になり、人による摺り合わせ作業は最小限になるでしょう」

AIの登場によって伝統的な設計手法まで変わり、人が要らなくなる。加えて、EVシフトなど電動化の流れによって、主流のエンジン技術者も余ってくる。

日本では工学部で機械工学などを専攻して自動車メーカーのエンジン技術者になることが技術屋の歩むエリートコースの一つだったが、その流れは完全に崩れている。

トヨタ自動車の寺師茂樹副社長は昨年12月、記者会見して’30年に電動車(ハイブリッド車含む)の販売で550万台以上を目指すと発表。

そのうち100万台はエンジンがまったく搭載されていないEVと燃料電池車になる見通しだ。そして’50年までに新車販売ではエンジンだけで走るクルマをほぼゼロにする。

今から32年後は、今春入社した新入社員の中にもまだ「現役」として活躍している人材もいることだろう。しかし、想像以上に技術者の仕事の仕方や質が激変していることは間違いない。

via: AI・自動運転の発達で「全国230万人の技術者」が消える日(井上 久男) | 現代ビジネス | 講談社(1/4)

main vis 不要になる「エンジン技術者」花形部門もEV車では活躍の場が無い

 

時代が変わればエースも変わる

これまでどこまでも花形部門として光り輝いてきたエンジン部門、そしてエンジンまわりの技術がとうとうその座をIT系に明け渡すという事態がやってきています。特に昔気質でずっとやってきたような人たちからすれば、どうにも許しがたいことなのではないでしょうか。ハード屋さん。実際にものを動かすための部品などを考えていた人が、ソフト屋さん。いわゆる中身の動く部分、プログラミングなどを考える人達にそのパワーを奪われることになるとは。

 

やはりどんな文化もそうですが、基本的には人間は自分達のスキルをすごく大事なものと考え、そうでないものをそれの補助のようなものとして考える傾向があります。例えばサラリーマンは妻が行う家事を補助的なものとみなします。あるいは工学者は理学や数学を補助的なものとみなします。法律を使う人は、法学の学問的な研究は補助的なものだと考えがちです。

 

そう、それはハードのエンジニアも間違いなくそうです。結局どんなプログラミングを考えたところで、それを適切に実行することのできるハードの部分がないと駄目なのです。そう考えていたのだと思いますし、だからこそEV化に伴って部品の数が1/10になる時代において、その自信やプライドのようなものはボコボコに砕かれることになってしまうことを思うと不憫ですらあります。

 

時代は変わっていく

しかしこのようなニュースほど時代が変わっていく姿を思わせるものはありませんね。だってそうでしょう。TOYOTAがプログラマーを重視していく時代なんですよ。工場で汗を流しながら作ってきた様々な部品。組み立てを少しでも早く正確にするための努力。そういった色んなことが、いま全く別のものに切り替わっていこうとしている。

 

TOYOTAで働けば将来安泰だ。そう思っていた人たちがどれほどいたことでしょうか。果たしてTOYOTAがこの度決定したようにどんどんEV化を進めていくのだとしたら、そう考えていた人たちの多くがまったく想像していなかったような事態に発展しかねません。つまるところ職を失ったり、キャリアの先がなくなったりするということです。

 

しかし、もちろんTOYOTAの一部の人たちは必死になって勉強してEV化に対応していくのでしょう。そう、時代は変わるのだから人間も変われば良い。新しいことが必要になったら学び続ける必要があるのです。いまあるスキルの延長線上だけに向かって歩いていくのではなく、全く新しいチャレンジをすること。それこそがこれからの時代に求められるものなのでしょう。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (1)
    • キジトラさん
    • 2018年 6月 28日

    >>いずれAIがこの配置が最適と判断する時代になり、人による摺り合わせ作業は最小限になるでしょう

    AIつかうまでもなく矩形選択アルゴリズムとか、最適化問題で配置を決めてないか???

広告



画像RSS





カテゴリー

ページ上部へ戻る