2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

揺れるアメリカと欧州の関係、全ての問題はトランプ大統領にある

トランプ大統領は冗談でもなんでもなくまさに世界の危機を生み出すために有効な機能を果たしている。ロシアがトランプ大統領を押し上げた理由もよくわかると言うものだ。



◆まさかの連続 アメリカの心変わりに混乱

 ニューズウィーク誌は、大統領就任2年目の今、トランプ大統領は選挙公約を実行に移しており、これが欧州を揺らしていると述べる。

最近、鉄鋼・アルミ製品への関税措置の対象とされたことで、EUはトランプ政権を批判し報復関税を課すと発言した。しかし実際のところ貿易戦争は望まず、むしろエスカレートして大きな犠牲を伴う事態になることを憂慮していると同誌は指摘する。

 欧州と米政権の間で問題化しているのは貿易だけではない。アメリカは欧州が重視する地球温暖化防止のための国際的枠組み「パリ協定」や、イランの核開発抑止を目指す「イラン核合意」からの離脱を表明した。

また、アメリカとEUの自由貿易協定である「環大西洋貿易投資パートナーシップ(TTIP)」もほごにしている。さらに防衛面でも、トランプ大統領は北大西洋条約機構(NATO)を一時は「古くさい」と呼び、参加国はアメリカに頼らずもっと独自に防衛費を増やすようにと要請したこともあった。

 欧州委員会のティメルマンス第1副委員長は、今まで変わることがないと思ってきた欧米関係が試されているとし、危機感を露わにしている(ニューズウィーク誌)。欧州各地に赴任した経験を持つバリー・マキャフリー元米陸軍大将は、フォーチュン誌に寄稿した記事の中で、アメリカと欧州の関係はどん底に達したと自信を持って言える、と述べている。

◆アメリカと欧州の関係を破壊 諸悪の根源トランプ氏

 しかしマキャフリー氏は、欧州が嫌っているのはアメリカではないと断じる。欧州とアメリカは同じ価値観を共有し、アメリカはEUの最大の貿易相手国でもある。また、間違いなくNATOはアメリカの最も大切な防衛同盟であり、アメリカのグローバルなリーダーシップを維持するには、欧州の存在は欠かせないと同氏は指摘している。

結局欧州が嫌っているのはトランプ大統領であり、政策ポジションの移し替え、頻繁に行う事実と異なる発言、そして「アメリカ・ファースト」のスローガンが、欧州の同盟国を狼狽させていると述べている。

 ドイチェ・ヴェレの主筆、イネス・ポール氏も、トランプ大統領がすべてを変えてしまったと考えている。同氏は、トランプ大統領が任命したリチャード・グレネル駐ドイツ大使が、欧州の現体制に批判的な右翼ナショナリスト政府を力づけるような、大使としてはあり得ない発言をしたことを問題視し、アメリカは欧州の分断に油を注いでいると主張している。

もはやトランプ氏に頼れないことを認めざるを得ず、アメリカがEUの団結への脅威となってしまった以上、未来への明確なビジョンを持ったEU改革で対応するしかないとしている。

via: トランプ大統領は欧州との関係を壊してしまうのか? 上がる憂慮の声

merkel trump 揺れるアメリカと欧州の関係、全ての問題はトランプ大統領にある

 

トランプ大統領というリスク

彼が大統領になることが決まったとき、冗談めかして言われていたとおり、確実にトランプ大統領はこの世界のリスクそのものになろうとしています。外交関係とはまさに信頼関係であって、それを積極的に破壊しにいくトランプ大統領はこれまでの歴史が築き上げてきた国家間の信頼をどんどん駄目にしていっています。

 

そもそも外交とは何かを考えたときに、それはお互いのメッセージを確実に伝えて受信することというのが挙げられます。どの国も自国の要求を必ずしもストレートには伝えません。貿易条件のちょっとした数字を変えようと提示してみたり、いつもより多くの軍事力を特定の場所に集めたり、グローバルな会議において発言することなどを通して自国のメッセージを他国に伝えています。

 

そしてそれには信頼関係が必要です。にも関わらず、そのような信頼関係を積極的に破壊しようとしていくトランプ大統領の罪は極めて重たいものです。要するに国際社会における安定性みたいなものを、しかもそれは本当に数十年以上を掛けて少しずつ積み上げられてきたものを、なんの重みも感じずに壊しているのです。これは大きな大きな問題にほかならないでしょう。

 

北朝鮮もそうですよね。軍事力を異常な形で行使して社会的な問題にすることによって自分たちの要求を突き通そうとする。そういうのはならず者国家がやることであって、いまトランプ大統領率いるアメリカがそれに近い存在になっていることを否定する人は少ないのではないでしょうか。

 

国際社会とアメリカ・ファースト

なんといっても彼の最悪の姿勢を露骨に示しているのがアメリカ・ファーストという言葉でしょう。国際社会で重要なのは協調と協力、そして共通したゴールの確保です。これなしで特定の国が自分の国のためだけに活動すれば、他の国にとっては協調するメリットが大きく削がれます。そんなことを許していたらみんな自国のことばかり考えてしまうわけですから、自国のことばかり考える人には厳しく対応しないといけません。

 

欧州の首脳はどこもトランプ大統領に対してかなりシビアで厳しい姿勢を見せています。その理由は簡単です。セカンドアメリカが生まれないようにしているのです。もしもアメリカと同じように自国のことばかり考えるような国家は同じように冷遇するぞ、気をつけろよというメッセージを送っているのです。日本はこれからどんなポジションをつくっていくのか心配でありながら楽しみでもあります。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告



画像RSS





カテゴリー

ページ上部へ戻る