2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

「明るい人ほど闇がある」なら、あらゆる人には闇があるというだけの話だ

明るい人にも暗い人にも、感情というのがある。嬉しいときもあれば悲しいときもある。そんな当たり前のことがわからない人ほど何かを断言するものですね。



人は心ならずも、自分の本心とは正反対の行動をすることがある。大なり小なり、自分の意の反した言動をするのは、どうにも心苦しいものだけど、状況が本音の吐露を許さないことなんて、社会じゃ珍しくもない。 たとえば、プライベートで非常に辛いことがあっても出社をしなければいけない。それがもしも営業系の仕事なら最悪だ。まさしく顔で笑って心で泣くことになってしまう。(文:松本ミゾレ) 「明るく振る舞うことで自分を守ってるんだよ」 人生色々ありますもんね 人生色々ありますもんね 先日、2ちゃんねるに「明るい性格の人は実は心に闇を抱えている←これ」というスレッドが立った。明るい奴は、その笑顔の反面、心に闇を抱いているという指摘が世間にはあるそうだ。 これについては正直僕は初耳だった。思わず「え? そうなの?」と思ってしまった。このスレッドを立てた人物もまた、その風潮を「ほんとか?」と疑問視している。これについて色々と書き込みが寄せられているが、中には参考になりそうなものもあった。 「うちの姉がそれだった。友達多いし積極的によく喋るけどたまに部屋にこもって泣いてる」 「普段は暗い性格なのに外で人と話すときは明るい性格を演じてる人多そう」 「明るく振る舞うことで自分を守ってるんだよ」 ただ、これらが正しいか見当ハズレなのかは分からない。これは誰もが思うことだろうけど、明るい人が日がなずっと明るいなんてことはそもそもあり得ない。普段明るい人だって悲しいことに直面すれば泣くし、嫌なことに遭遇したら激怒する。 明るい人が、何かの拍子で普段とは違う側面を露呈させても、それはいたって普通であるようにしか思えない。明るい人ほど「実は心に闇が~」という傾向があるのだとしたら、単純にその対象人物への観察不足ではないかと感じられる。 via キャリコネニュース 「明るい人こそ心に闇がある」って正しいの? 24時間笑顔の人なんていない、適当にレッテルを貼っているだけでは

180207egaoyamifuka 「明るい人ほど闇がある」なら、あらゆる人には闇があるというだけの話だ

 

人には色んな側面がある

最も気をつけなくてはならないことの一つは、物事を単純化しすぎないようにすることでしょう。この世界のあらゆることを理解しようとするときにハードルになることは、複雑性を理解しようとすると凄く大変だから、物事を単純に考えたいと思ってしまう欲望と戦うことです。その典型例が「○○人は全員ケチ」「女は○○だ」といったレッテル貼りによる明らかに間違った理解です。

 

それと同じように、明るい人こそ闇が深いというのも笑ってしまうほど過度な単純化であり、何かを理解しようとするときの態度としては最低のものだと言って良いでしょう。そんな風に簡単に割り切れるわけがない。それなのに、そう思ってしまうことが人間の認知の弱さというか、多くの人間が陥りがちな思考の罠だと言えるでしょう。

 

これは恐らくハロー効果に基づく違和感だと思われます。明るく振る舞う人間は、その全人格において明るい人間だろうと見なされる。それゆえ、そうじゃないときの落差が大きく、感情的な驚きと共に「本当は闇を抱えているんだ」と認識してしまいます。それはまるで、不良が猫を助けると「本当はいい人なんだ」と思う現象と同じです。そしておわかりのことかと思いますが、そこに「本当は○○」といった認知をすることは無意味です。

 

人間の人格に、本当は○○といった側面はありません。あらゆる性格が1人の人間の中に内包されているものなのです。意地悪な人も時には優しいですし、優しい人でも時には暴力的な振る舞いをしてしまう時があるでしょう。普段元気がない人も嬉しいときに笑顔になるかもしれませんし、笑顔を絶やさない人も時には悲しいことがあれば落ち込むでしょう。ただそれだけのことです。

 

なぜ人は単純化するのか

そう考えてみればまさに「明るい人ほど闇が深い」という考えがいかに下らないかよくわかります。誰にだって闇(悲しいこと、嫌なこと、腹が立つこと)はあるからです。暗い人にも闇が深いし、元気な人にも闇はあるのです。ひとえに、安易なレッテルを貼った上で、そのレッテルの裏側を知ってしまった人が安易な驚きを表現する言葉として用いられているのでしょう。

 

しかし、人はなぜこんなにも単純化して物事を理解してしまうのでしょうか。答えは簡単です。それは、いちいち0から相手のことを想像して、ギリギリまで価値判断をしないということは、そのままイコールコストだからです。毎回0から始めるより、疑ったり信じたりして、今までの経験則を利用したほうが考えることが減って楽だからです。人は楽をして自分の考えを強化するために思考停止しラベリングするのです。

 

ラベリングを安易に行う人間は思考体力がないということです。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告



画像RSS





カテゴリー

ページ上部へ戻る