2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

日本で働く外国人300人に聞いた「職場のいいとこ悪いとこ」:丁寧な仕事、無駄なコミュニケーション

日本企業に染まりきっている日本人よりも、却って日本企業の悪いところを見ることが出来るのが外国人労働者かもしれません。



アデコは11月30日、日本企業に常勤する外国人の意識調査の結果を発表した。調査は今年10月に実施し、日本の企業に常勤しているホワイトカラーの外国人300人から回答を得た。

同僚の日本人の働き方についての印象を聞くと、最も多かったのは「仕事の精度が高い」(そう思う・まあそう思うの合計が80.3%)だった。

次いで「人材の指導や育成に長けている」(計61.3%)、「仕事に対するモチベーションが高い」(計57%)と続く。一方、「仕事のやり方が効率的」(計47%)、「時間の管理が上手い」(計43.3%)、「無駄な会議が少ない」(計28.3%)は半数を切る結果となった。

男女不平等で、察することを要求されることも不満

 

a8657 1591 badda61930abcb5a4c9f62c1ab0978e3 日本で働く外国人300人に聞いた「職場のいいとこ悪いとこ」:丁寧な仕事、無駄なコミュニケーション

 

日本の職場環境で不満に思っていることを聞くと、1位は「男女が平等に扱われていない」(43.3%)。2位「『阿吽の呼吸』といった直接的でないコミュニケーションが煩わしい」(40.0%)、3位「遠回しな言い方がわかりにくい」「外国人に対する差別がある」(同39.0%)だった。

5位以降は「上司とのコミュニケーションがとりにくい」(34.0%)、「飲み会や親睦会など業務外のイベントが煩わしい」(28.3%)、「セクハラやパワハラが多い」(25.0%)などと続く。多様性への不寛容と、察することを要求するコミュニケーションの仕方に不満を持っているようだ。

via: 日本の企業に常勤している外国人たちの不満「上司が帰るまで待つ」 – ライブドアニュース

foreign workers 日本で働く外国人300人に聞いた「職場のいいとこ悪いとこ」:丁寧な仕事、無駄なコミュニケーション

 

異文化から見た日本

このような記事は、もちろん外国人労働者の気持ちを知るためにも非常に素晴らしい記事だと思うのですが、それだけではなくて、日本文化に染まっていない彼らだからこそ冷静に見ることのできる日本の労働環境の悪いところを教えてくれる記事にもなると考えます。

 

そんな風に見ると重要な情報が山ほど眠っていますね。男女平等でないこと、直接的でないコミュニケーション、遠回しな言い方、外国人差別、上司とのコミュニケーションがとりにくい、飲み会など業務外のイベント、セクハラやパワハラが不満に思うこととして出てきています。

 

これは肌感覚の部分もあるのですが、日本人だとこんなに上位に上がってこないだろうなと思うものがあります。特に男女平等、コミュニケーションの部分は間違いないでしょう。日本人にとっては普通になってしまっていることが、海外の人間からしたら理不尽なレベルであるということです。

 

特にコミュニケーションに関しては、日本が持っている最大の弱みである労働生産性の低さとも繋がっているように考えられます。誰が誰に何をいつまでにやってほしいのか、誰がその最終責任を負うのかといったことをどこまでもなあなあにする日本文化では、生産性などという言葉が出て来る機会がそもそも無いのではないかと思うほどです。

 

日本がこれから変わる方向性

これから絶対に日本が求めるべき道の一つが多様性の担保です。ダイバーシティ・マネジメントという言葉でも言い表されますが、要するに色んな人が色んな形で働ける社会にしていく必要があります。外国人差別や男女平等の達成など、そんな小さなレベルではありません。

 

例えば週3で働けるような労働の配分、テレワークといった遠隔労働、高齢者の方や若い人の有効活用、女性の進出も当然です。経済のパイ自体が縮小する中で消費力を高めるためにも、消費のための時間を得るためにもこれらは非常に重要な戦略になってきます。

 

そのために一番大事なのが、マネジメントです。こういう現場の声をどれだけ制度に落とし込めるかが勝負。いま日本企業は大変革の時を迎えていると私は考えています。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告



画像RSS





カテゴリー

ページ上部へ戻る