2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

認定保育園以外にも無償化へ-ネットの声が政府を動かす

ネットの声が世界を動かす、それは少なくとも保育の世界では結構起きているのかもしれません。保育園落ちた日本死ね、から始まる一連のムーブメントはどこまで日本を変えてくれるのか。



 無償化は自民党が10月の衆院選で掲げた公約の柱で、0~2歳児は低所得世帯のみ、3~5歳児は保育園や幼稚園の利用料を全員無料にするとしていた。ただ政府は、認可外も対象にすると、国の基準を満たしていない施設への入園を推奨していると受け止められかねないとして対象外とする方針だった。

 だが、インターネット上に政府批判が多数書き込まれ、8日には自民党木原誠二政調副会長が幼児教育無償化などを話し合う会合後、記者団に「基本的に区別しないのが大切だという前提で議論していきたい」と述べていた。

 認可外の保育施設に通う子どもは2015年度末時点で約17万1千人いる。

via: 認可外保育園も一部対象 幼児教育無償化で政府方針転換:朝日新聞デジタル

photo5 認定保育園以外にも無償化へ ネットの声が政府を動かす

 

進む無償化

自民党が掲げていた教育の無償化、本格的な着手に向けて各種の調整が行われています。消費税の使い道を大きく変えるという公約を掲げ、それが国の借金返済から日本国民の教育における投資へと切り替える。かなり大胆な方針ですからそれぞれの調整でかなり苦慮している印象です。なんといってもお金があるわけではありませんからね。

 

そんなわけで、大学まで全部無償化ということですが色々調整が行われています。大学も、どうやら在学している間は学費をはらわないけど卒業したらお金を払う仕組み。要するに後払い。こんなの無償化とは全く別の話だし、これを無償化というのはミスリーディングであるどころか嘘です。ウソを付くのは良くないと思うのですがどうでしょう。

 

そして幼稚園や保育所の無償化についても同様だったようです。無償にするけど認定保育園だけって。散々待機児童の問題があると言われているのに、その解消もできずに認定保育園だけ無償化にしたら問題はむしろ深まる。つまり格差が大きくなるという意味で。そんな当たり前のツッコミを大量に受けたことで政府は考えを大きく転換したようです。

 

ネットの声が世界を変える

今回の問題もネットでの大批判が大きな影響を与えたようです。というかまあ、なんていうかロジックに無理がありすぎますからね。こんなの通しちゃったらもう意味わかりませんから。無償化という言葉を安易に使って実際は全然無償化でもなんでもないみたいなことをやるのは良くないですよ。

 

保育、幼稚園の業界はネットの声が強いのかなとも思います。不思議なのですが、なぜなのでしょうか。前に待機児童問題を大きな問題として扱われるようになったキッカケ「保育園落ちた日本死ね」問題もネットからでしたよね。匿名だからこその命がけの叫びが日本を変えたということで話題になっていました。

 

個人的には、このようにネットで個人の声がちゃんと政府にまで届くようなことは素晴らしいことだと思います。それが本当はちゃんと制度化すればよいのですがそうもいきませんから、ネットでの発信によるものになるのは仕方ないのでしょう。

 

どんな形であれ、心からの叫びが政治に反映されることは望ましいことでしょう。もっとマシな無償化に向けて頑張っていただきたいところです。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告



画像RSS





カテゴリー

ページ上部へ戻る