2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

万引き家族を素直に認められない日本政府の「浅さ」に驚くばかりだ

なんというか、格好わるいとしか言いようがない。日本政府の今回の一連の動きについては正直がっかりしている人が多いのではないでしょうか。



 万引き家族を素直に認められない日本政府の「浅さ」に驚くばかりだicon zoom 万引き家族を素直に認められない日本政府の「浅さ」に驚くばかりだカンヌ映画祭で最高賞の「パルムドール」を受賞後、記者に囲まれる是枝裕和監督=撮影・筆者

 前稿「是枝裕和『万引き家族』がカンヌで受賞した理由――有力メディアでのネガティブな意見も、圧倒的な好評の前に駆逐された」で書いたように、フランスでは、是枝裕和監督の『万引き家族』の受賞で大いに沸いた一方で、日本にとっては必ずしも誇ることのできぬ報道も一部あった。カンヌで最高賞のパルムドールを受賞したのに、安倍首相が祝辞を出さなかったことを疑問視するものだ。

 

 先鞭をつけたのは、中道右派の有力週刊誌ル・ポワンのサイトだ。

「カンヌ、TOKYOを困惑させるこのパルムドール」

 この記事は、日本政府がノーベル賞やスポーツのオリンピックメダル受賞者などにはすぐに祝辞を述べるのに、今回は受賞が伝えられた日、政府のスポークスマンや安倍首相からは一言のコメントもなかったこと、そして、翌日の月曜の記者会見で、菅義偉官房長官が記者からの質問に答える形で、祝福するにとどまったことを指摘している。

 その上で、『万引き家族』は(万引きや年金を不正受給する家族といった)三面記事からインスパイアを受けた作品で、安倍政権に導かれた政治に責任の一端があるような状況、つまりは分断された日本社会の有害な結果を告発するものと表現。さらに、これまで是枝監督が安倍政権や国の文化政策に対して苦言を呈してきたことも具体的に紹介し、パルムドールに対する政府の「塩対応」(そっけない対応)の背景を紐解いてみせた。
(注:こちらで引用した記事には「告発」という言葉が使われていますが、是枝監督に告発目的はないということは、念のため付け加えておきます。ぜひ是枝監督本人の言葉もご参照ください。とはいえ、東京在住のフランス人の記者さんが、フランスの媒体に記事を書いてくださった意義は大きかったと考えます)

 この記事に追従する形で、仏映画サイトの最大手アロシネや、右派・中道右派のル・フィガロのサイトでも、似た内容の記事が掲載されている。

 

via: 『万引き家族』の祝辞に表れた日本政府の無理解 – 林瑞絵|WEBRONZA – 朝日新聞社の言論サイト

 

恥ずかしい日本の態度

なんていうか、これはもうほとんど悪口のような感じなんですけれど、安倍首相ってあのロシアの選手に犬を贈るみたいなやつはめちゃくちゃ率先して出ていったのに、今回のような非常に世界的にも名誉である賞を獲得した日本人に対する態度があまりにも酷すぎてちょっと驚くんですがどうなんですかね。大人としてあまりにも子供っぽいというか幼稚な対応のように思います。

 

もちろん心の中でどう思うかは別として、少なくとも上っ面の部分ではこのような映画を取ったことについては手放しで褒めた上で、その内容によって批判されている部分、貧困対策の部分などについては憂慮するしここからなにかアクションを起こすみたいなことを、口先だけでも言っておくのが最低限の政治家としての度量というか、なんというか、当然のことであるのではとすら思います。

 

こんなことも出来ないようでは、とてもじゃないけどもっと本質的な批判にも対応しようがないですよね。こんなに反論、批判されたときにうろたえたり無視したり反応しなかったり黙殺したりするような人間というのは議論や対話が可能な人間だとは到底思えないし、多くの政治家がこの脂質を備えていないのだとしたらそれにも大変驚きます。恥ずかしいというか、なんというか。

 

批判はいつだってやってくる

もっと言うとですね、そもそも批判なんて何をやってもでてくるわけなんですよ。一つのアクションで全ての人を救えるわけもないし、全てのアクションを行うためのリソースもないんだから優先順位をつけてやっていくしかないんです。だから何をしてもそれによって取りこぼされてしまう人たちというのは存在して、批判があるのは常に当然そうなんです。

 

問題はその批判を受けてどのようにこれからを考えていくのか、常に自省していく態度こそが重要だと思うのです。これまでの優先順位の付け方になにかおかしなことがあるかもしらない。情報不足で気づいていなかった重要な論点に気づけるかもしれない。批判とは常に、それをまともに真剣に扱う限りにおいて自分を攻撃するものであるばかりではなく、むしろ自分をより洗練させるための重要な道具になりえるのです。

 

しかしそのような批判にひらかれた形で物事を考えないのであれば、当然それは停滞と偏った考えと、そして最終的には愚かな勘違いに陥ってしまうものです。いまの日本政府は着々とそのような態度を当然のもののようにしていると思います。非常に残念なことです。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告



画像RSS





カテゴリー

ページ上部へ戻る