2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

twitter登録者は全体の3割程度、しかし使い方には如実に違いがあり:あなたはどのタイプ?

なぜ自分のつぶやきを世界中に公開するのか理解に苦しむ、といった人もいれば友達付き合いに必須と言う人もいるtwitter。使い方は人によってかなり異なるようです。





マイボイスコムは1月16日、9回目となるツイッター利用調査の結果を発表した。調査は昨年12月にインターネットで実施し、10代以上の男女1万1111人から回答を得た。

ツイッターの登録・利用状況を聞くと、「登録しており、閲覧・フォローだけでなく投稿や返信もしている」(8.6%)と「登録しており、閲覧・フォローが中心」(15.7%)の合計が24.3%。「登録しているが利用していない」(9.0%)を合わせると33.3%と、3人に1人が登録していることが分かった。

若年層ほど利用率高い傾向 10代は8割弱、50代は2割弱

180116tw1 twitter登録者は全体の3割程度、しかし使い方には如実に違いがあり:あなたはどのタイプ?
ツイッター、やってます?

年代別に利用率を見ると、10代で8割弱、20代で5割強と若年層で高く、「投稿や返信もしている」という積極利用層も10代5割強、20代3割弱となっている。一方、50代以上の利用率は2割弱と低い傾向にある。

アクセス頻度は、「1日1~4回」(34.7%)が利用者のボリュームゾーンだ。次いで「1日5~9回」「週2~3回」(同12.9%)、「週4~6回」(9.3%)、「週1回」(8.0%)と比較的頻度の低い層が続く。

しかし1日1回以上アクセスする人は利用者の6割弱で、特に10~20代では、1日10回以上のユーザーが各2~4割と高い。またフォロー数は「100人以上」(20.8%)が最も多いが、僅差で「1~5人未満」(19.1%)、「5~10人未満」(15.9%)と続く。

若年層ほどフォロワーが多く、フォロワーが100人以上いる割合は10代6割、20代4割となっている。ツイッターにのめり込み、日常生活に支障をきたしている「ツイ廃(ツイッター廃人)」と呼ばれる人たちは、この層に多い傾向があるのかもしれない。

「今後ツイッターを利用したいと思わない」約6割 「他人の呟きを見ている時間がもったいない」

ツイッターの利用目的は「最新情報、リアルタイムでの情報収集」「有名人・著名人などのつぶやきを閲覧する」が各4割強。「話題の出来事に関する情報収集」「ネット上の友人・知人とのコミュニケーション」「リアルな(普段からの)友人・知人とのコミュニケーション」などが各2割台となっている。

全員に「今後ツイッターを利用したいと思うか」を聞くと、「利用したいと思わない」「あまり利用したいと思わない」の合計59.2%が、「利用したいと思う」「まあ利用したいと思う」の合計は21.5%を約3倍上回る結果となった。

利用したいと思わないと回答した人からは、

「ツイッターは面倒。ネットで自分の興味あるものを必要な時に検索すればいい。他人の呟きなんて見ている時間がもったいない」(33歳女性)

などという声があがっている。またそもそも「何故自分の呟きを世界中の不特定多数に向け無料で公開する必要があるのか理解に苦しむ」(54歳男性)という人もいた。

一方、利用したいと回答した人からは、不平不満を含め独り言をつぶやきたいといういう人や、情報収集ツールとして必要不可欠という声が多かったが、他にも、

「ツイッターがないと友達がいなくなっちゃうから」(20歳女性)

とコミュニケーションのウェイトを占めるツールとなっている、という人もいた。

 

via: 【ツイ廃涙目】ツイッター閲覧頻度「1日4回以下」が最多 「なぜ自分のつぶやきを世界中に無料公開する必要があるのか理解に苦しむ」

 

 

twitterの使い方

twitterには大きく3つの使い方があると考えています。この使い方を十把一絡げにしてしまうと「一体何のためにやってるの?」と思う人が多いのも当然です。それでは早速見ていきましょう。

 

1.情報発信タイプ

特に大量のフォロワーを持っている人たちの使い方です。自分の考え方や意見、アイディアなどを広くシェアすることで賛同者や共感する人たちを集めます。お気に入りの数で、特にどういう内容をフォロワーが求めているかを理解しながら、自分の意見を述べていきます。

 

この層はあまり多くないでしょう。フォロワーが5000以上いるような人でないと、意見を述べた所で特に反応も返ってきませんし、無意味です。もちろん中にはフォロワーが少ないのにそういうことをする人もいますが、何のためにやっているのかはそれこそ不明です。

 

2.情報収集タイプ

これは完全に真逆のタイプです。つまり、自分では全然意見を発信せず面白いことをつぶやいている人をフォローするという使い方です。上記の情報発信タイプは政治的なオピニオンや面白いつぶやき、最新の情報など様々有益な情報をつぶやきます。その中でも自分の関心が深い人をフォローすることで、どこよりも早く情報を得ることが出来るのです。

 

例えば好きなアイドルやミュージシャンがいれば、そういう人をフォローするとテレビやメディアでは語らないようなちょっとした生活のつぶやきなどが見られるなど、明確にメリットがある使い方になります。もちろん閲覧専用となっているのでフォロワーは全然いません。

 

3.交流タイプ

これは上記2つの混合型と言えそうです。1がツイートばかり、2がイイネばかりだとすると、3の人たちはリプライが多くなります。フォローとフォロワーが同一人物である場合が多く、相互にリプライを飛ばし合ったり、相互に向かって情報を発信したりします。

 

仲良しコミュニティ(例えば高校のクラス)などが全員使っていたりすると、まさにこのような交流タイプの人がほとんどになるはずです。

 

使い方によって見える世界は全く違う

いかがでしょうか、こうやって見てみるとtwitterの使い方は明らかに人によって大きく異なり、それによってtwitterを使うことのメリットも全く異なるということがよくわかるはずです。

 

ファンを持っているような人でしたら交流の手段、発信の手段になります。誰かのファンからすると気軽の情報が手に入るRSSに近い側面を持ちます。そして交流を中心としている人たちからすると、facebookなどより気軽に日常のちょっとしたことをつぶやき情報を交換しあえる道具としての機能があるでしょう。

 

この使い方の違いもわからずに無用のツールと考えてしまうのは、ちょっと考察不足かもしれません。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告



画像RSS





カテゴリー

ページ上部へ戻る