2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

人間とロボットが一緒に働くのは確定、でも想像しているのとは違うと思う

人間とロボットは将来的に必ず一緒に働くことになりますが、その働き方のイメージはSFのソレとは随分違うものになるでしょう。ロボットは人に似ているとは限りませんから。



将来、ロボットが同僚になる可能性はあるのだろうか。  3800人のビジネスリーダーを対象にした調査によると、その答えが「イエス」である可能性はかなり高いという。  Dell Technologiesが米国時間1月30日に発表した新しい調査報告書によると、回答者の82%は、5年以内に人間とロボットがチームを組んで一緒に働くようになると予想したという。Vanson Bourneが実施したこの調査では、ロボット工学や人工知能(AI)、機械学習、仮想現実、拡張現実、クラウドコンピューティングが2030年までに社会に及ぼす影響について調べた。  Dell EMCの戦略およびプランニング担当シニアバイスプレジデントを務めるMatt Baker氏は、「人間と機械の連携強化という概念に関して、いろいろな新しい考えが登場し始めている」と語る。  Baker氏はそうした人間と機械の共同作業が奏功するかもしれない一例として、インドの乳製品企業Chitale Dairyのケースを挙げた。Chitale Dairyは、乳牛にマイクロチップを埋め込んだ小規模な酪農場と提携している。乳牛が十分な量の飼料を食べているのか、乳牛に予防接種する必要はあるのか、といったことについて同社はデータを収集し、その情報を使って、酪農場が乳牛の健康状態を向上できるよう支援する。  もう1つの例がある。ニューヨーク市の社会福祉部門はDellと共に、ホームレス(多くはスマートフォンを所持している)がシェルターのベッドを確保できるアプリを開発中だ。これにより長い列に並ぶ必要がなくなり、その時間を仕事探しに充てることができる、とBaker氏は言う。こうしたプロセスがテクノロジによって可能になることについては、異議を唱える人は比較的少ない。  DellがInstitute for the Future(IFTF)と共同で発表したレポート「The Next Era of Human-Machine Partnerships」には、次のように記されている。「人と機械のパートナーシップは、人々が感情や外部のバイアスから干渉を受けることなく、情報を得、それに基づいて行動することを可能にする。同時に、必要な場合には人間が判断することもできる」

gettyimages 586039464 人間とロボットが一緒に働くのは確定、でも想像しているのとは違うと思う

 

ロボットにも色々

あなたはロボットと聞いた時に一体どんなものを思い浮かべるでしょうか。多くの人が後も屋ドラえもんのような人形あるいは少なくとも二足歩行するようなロボットを想像するのではないでしょうか。

 

しかし参照記事を読んでみていただいてわかる通り、一般的なロボットというものがこれから一緒に私たちと働いていくわけではないでしょう。それはむしろロボットとイメージされるものとは全く違う形をとって、しかし私達の仕事に役に立つ形で一緒に働いていることになるのでしょう。

 

そもそも実はロボットと聞いて人型ロボットを想像するのは日本人に稀有なものものだとも言われています。なぜなら例えばアメリカ人はロボットと聞いた時にロボットアームを想像するからです。ロボットアームというのは工場などで使われる、あの極めて機械的な動作をするものですから、日本人がイメージするようなロボットとはずいぶん形が違うということはすぐにわかるかと思います。

 

ロボットと働くということ

そう、 ですからロボットと働くということはロボットアームと働くということでもなければ、 あるいはドラえもんや鉄腕アトムのような人型ロボットと働くということでもありません。

 

そうではなくて 、私たちの通常業務の中で人間がやらなくてもいいような仕事を代わりにバックグラウンドでこなしてくれるようなロボット、それがこれから私たちと働くロボットのイメージです。

 

ですから実はそもそも形というものはない可能性もあるのです。インターネット上あるいはオンライン上に存在して私たちの音声や位置、移動などを確認しながらその時その時の最適なアドバイスや作業をするわけです。

 

イメージしているロボットの働き方とは違うかもしれませんが、 これこそ未来の働き方になるでしょう。人間の仕事をまるで気象のように手伝ってくれる、めんどくさい作業ロボットがやってくれて、 人間が必要な作業に関しては人間が行う。そんな役割分担が今後されていくことでしょう。

 

でも、ロボットと聞くとどうしてもドラえもんのようなスーパーロボットが欲しくなりますよね。そんなロボットを作る方向性も未だに一部の科学者たちは熱心に取り組んでいるようですので、今後の成果に期待です。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告



画像RSS





カテゴリー

ページ上部へ戻る