2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

日本の移民政策に変化あり! いよいよ始まる本格的な移民受け入れか

あまりニュースになっていないが日本の移民政策に変化が生じているようです。政府も人手不足との戦いに移民受け入れを認める方針です。



時代遅れの外国人受け入れ政策

人手不足を背景に外国人労働者が急増している。2017年12月の厚生労働省の発表では128万人を数え、過去最大となった。しかし、日本政府は「移民政策をとらない」と明言してきた。

政府のこの主張は外国人の定住を認めないということではない。実は大卒者、ホワイトカラーの分野について日本の外国人労働者の受け入れはアメリカよりもはるかに開かれている。

日本人がアメリカの大学に留学し卒業してもアメリカの企業で働く労働ビザが出ないことはきわめてよく聞く話である。アメリカの就労はトランプ政権以前からも厳しく規制されていた。

一方、日本の場合はどうか?

日本の大学を卒業した外国人が国内で働こうとした場合、ほぼ問題なく就労可能なビザが発行される。

日本の大学の卒業生ばかりではない。海外の大学の卒業者であっても、受け入れ先の企業が決まっており、求める職能にふさわしい学部の卒業生であれば日本では働くことが可能である。

東京のビジネス街には、現実に何万人ものホワイトカラーの外国人が働いている。そして彼らは日本で10年間、継続して働けば永住権を得る資格を申請することもできる。

img bb668a39ac35c1010ae6ea3b6af9d12b284988 日本の移民政策に変化あり! いよいよ始まる本格的な移民受け入れか〔PHOTO〕iStock

では政府が主張してきた「移民政策をとらない」とは何を意味するのだろうか?

それは、大卒者以外の外国人労働者の雇用を原則として認めず、またその結果、定住を認めないことを意味する。現場労働、いわゆる単純労働の分野の外国人の就労を認めないということである。

しかし、現在、人手不足が最も厳しいのはこうした分野、例えば、農林水産業や製造業、サービス業、建設業である。

日本では毎年公立の小中高校が500校を越える勢いで廃校となるほど若者の減少は続いている。今後、さらに少子化が進むことが想定されており、現場労働の分野で今後、日本人の就業者が増える可能性はゼロに近い。

ではなぜ単純労働の分野で外国人の雇用が認められてこなかったのか?

それは時代認識のギャップがあるためと考えられる。

日本の人口が増加していた時代には、いわゆる単純労働の分野は人手が余り、日本人の間で職の奪い合いが起こっていた。

一方、大卒者の数は限られ、産業の高度化を達成するためにも海外からの人材が必要とされていた。

しかし、時代は様変わりした。

少子化が進んだ現代では若者の大学進学率が上昇するとともに、過酷な現場で働くことを忌避する青年が増え、その結果、いわゆる単純労働といわれる分野の多くは継続的な人手不足が発生している。

政府はそうした分野はロボットやAIの導入で人手不足を目指すとするが、実際に起こっているのは人手不足による倒産である。帝国データバンクによれば、2017年度の人手不足倒産は初めて100件を越え、2013年度比で2.5倍に増加した。

 

via: 日本政府が「本格的な移民政策」に踏み出したと言える理由(毛受 敏浩) | 現代ビジネス | 講談社(1/5)

 

日本も移民が増えていく

さて、とうとう日本政府も諦めたようです。というか前々からよくわかっていたことです。ただ、保守層の人たちの手前簡単に認めることが出来なかったのでしょう。日本はもはやこのままだと沈没する泥舟だということです。人口が減っていくということは、そういうことです。死ぬ気で人口を確保しないと、日本経済全体が地盤沈下してしまうのです。

 

労働者がいるからものが生産され、労働者が買うからものが消費されます。人口が減れば労働者は減ります。それすなわち生産と消費が小さくなっていくことを意味します。この生産や消費の規模が小さくなれば、経済全体が弱くなります。なぜならば規模の経済がなくなってしまうからです。少ししか作らないと高くつきますが、たくさん一度に作れば安くなります。そういうことができなくなっていきます。

 

規模を確保出来ないということは、質も量も値段もどんどん悪くなっていくわけです。もちろん一部のオーダーメイドのスーツとかそういう一点モノや、少ししか売らないものに関しては別です。それは今までもこれからもそうでしょう。大事なのは、ほとんどの国民にとって重要な、普段のスーパーで買う商品などなのです。それらが規模の経済の力を失えば、高くなったり少なくなったり美味しくなくなったりしていくのです。

 

労働者を増やそう

そう、そうなれば当然の話ですが労働者を増やすしかないわけです。日本ではAIが労働者不足を担えるなどと言っていましたが徹底的に見落としている視点があります。それはAIやロボットは消費をしないということです。これは物凄く重要なことです。ロボットがいくら増えても消費は増えないのです。消費が増えなければ生産も当然小さくなります。結果として先程と同じように規模の経済が力を失います。

 

となると外部から人を引っ張ってくるか、内部の労働者人口を増やすかのどちらかしかありません。そして前者は移民の受け入れであり、後者は出生率を上げるための様々な施策であろうということがすぐに思いつきます。問題は、後者が日本は絶望的に下手だということです。未だに政治家が「3人産まない人は駄目」みたいなことを発言していましたが論外です。3人生みたくなるような、産んでも困らないような社会にすることが政治家の仕事です。単なる根性論ほど下らないものはない。そんなことで政治家の仕事が達成されるなら私だって出来ますよ。

 

というわけで、今回の移民受け入れについては妥当な判断なのでしょう。移民受け入れが嫌な人は、もっと本気になって出生率向上のために頑張るべきです。もちろん根性論ではなく、具体的な政策によって。シングルマザーの生活支援、待機児童問題の解決、育児や出産休暇の徹底とその後のキャリアの確保。こういった問題を解決しないと子どもは増えないんですから。保守派の人はこれらを受け入れないで移民も受け入れないなんて馬鹿なことは言ってられないんですよ。なんでわからないんでしょうね。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (1)
    • キジトラさん
    • 2018年 6月 28日

    移民沢山入れて安い賃金に抑え込もうという目論見だ

広告



画像RSS





カテゴリー

ページ上部へ戻る