2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

仏大統領マクロン「世界のために頑張れないアメリカに変わって欧州が環境問題に立ち向かおう」

世界を牽引するはずのアメリカは少しずつその責任を果たすことを諦めつつある。今こそ欧州連合のような高いリーダーシップと世界への意識を持った集団が動き出す時だ。



独仏首脳は、2020年以降の地球温暖化対策の国際枠組み「パリ協定」からの離脱を表明した米国に言及。メルケル氏は、米政権と一線を画す州や企業の取り組みを「非常に歓迎したい」と称賛。「トランプ大統領の決定にかかわらず、米国社会と連携していくことは重要だ」と述べた。

 マクロン氏は、米国が出すはずだった国連気候変動に関する政府間パネル(IPCC)の資金をめぐり、「欧州は米国の代わりを務めたい。フランスはこの難局を受けて立つ」と強調、喝采を浴びた。

 日本からは中川雅治環境相が、小さな島国向けに衛星データを使った高波の浸水域予測マップの開発や、マラリアに苦しむ国のために長持ちする蚊帳の支援などを約束した。

 パリ協定の運用ルールづくりでは一定の進展があり、多くの議題で各国からの意見を盛り込んだ非公式文書がまとまった。今後、作業部会の議長が非公式文書からルール案のたたき台をつくって、意見の集約をはかりたい考えだ。

 閣僚級会合に先立ち、議長国フィジーの少年がスピーチ、「今こそ団結して前進するときだ」と訴えた。国連のグテーレス事務総長は「気候変動は我々の時代にとって明らかな脅威。(温暖化対策の)野心を高めることは、お互いと未来の世代への義務だ」と呼びかけた。(ボン=小坪遊)

via: マクロン氏「欧州は米国の代わりを」 COP23で喝采:朝日新聞デジタル

AS20171116000670 comm 仏大統領マクロン「世界のために頑張れないアメリカに変わって欧州が環境問題に立ち向かおう」

 

義務を果たさないアメリカ

トランプ大統領がパリ条約の加入をやめるというとんでもない事態が発生してからしばらく経ちますが、着々とパリ条約の内容は確定しつつあります。パリ条約とは世界を持続可能にしていくための条約で、要するに地球環境を破壊しないでちゃんと長持ちするような世界にしていきましょうという世界包括的な条約です。

 

日本で有名なのはなんといっても京都議定書ですがそれの進化版、より本質的な内容になり、かつ関わる国家がずっと増えています。昔は参加しなくて非難の的になった中国ですら、今回の動きには関わっているわけですから、温暖化ガスを出しまくっている工業国家であるところのアメリカが参加しないというのは本当に許されない酷い話です。

 

酷すぎてちょっと呆れ返るくらいのものなのですが、最早トランプ大統領の蛮行には世界中が慣れているのであまり非難されていないようですが、これは本当に恥ずべきことです。莫大な富を生み出しながら甚大な被害を地球に与えている国がこういう持続可能な開発に関わらないって先進国として完全に論外。最低限の責任も果たさないのに北朝鮮のことに文句なんか言えません。本当にエゴイスティックな国だと思う。

 

欧州連合という世界のリーダー

そういう意味において、欧州連合というのは本当に頼もしいところがあります。理念ベースで作られたからこそでしょうが、世界の中でもきちんと責任を果たしながら価値あるチームとして動いています。これはアメリカのような俗物根性丸出しの国とは全く違う、理性的で素晴らしい態度だと思います。

 

地球の持続可能性問題は本当に深刻なところに来ています。このままいくと、地球の資源は枯渇し、食糧問題も温暖化にともなって深刻になり、世界レベルでの治安が下がれば地球上の治安も悪くなることはテロリズムなどでアメリカも欧州も、そして今まで無縁だった日本も北朝鮮の動きによって、改めてこの5年ほどで実感しているはずです。

 

にも関わらずこういう持続可能性に関わらないアメリカ…本当に唖然としますが、欧州連合が積極的にイニシアチブを取って動いていくことを改めて明言したマクロン大統領の手腕に期待ですね。ドイツはいまメルケルが大変な状況なので、フランスが欧州連合の騎手となるのは自然な成り行きでしょう。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告



画像RSS





カテゴリー

ページ上部へ戻る