2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

ネカフェ難民、都内に4000人もいることが判明…30-50代の男性がほとんど

ずっと言われ続けてきたネカフェ難民の問題にとうとう行政が調査を行いました。その数は実に4000人とのことで、恐ろしい実態が明らかになっています。



 住居がなく、東京都内のインターネットカフェなどで平日に寝起きしている人は約4千人――。都がそんな「ネットカフェ難民」の推計結果を公表した。失業や退職を機に住居を失った人が5割を占め、その後も不安定な仕事に就く人が多いという。都は安定した職業への就労など効果的な支援策を検討する。  都は2016年11月から17年1月、都内のネットカフェやカプセルホテルなど502店舗や利用者ら約1千人を初めて調査。その利用実態などから、ネットカフェなどで朝まで過ごす人は平日で1万5300人と推計した。回答者のうち4分の1が住居がないと答えたことから、4千人と推計したという。  さらに、該当者のうち363人に面会や書面で調査したところ、98%が男性だった。年代別では30代が39%で最も多く、50代が29%、40代が17%と続いた。44%は「駅や路上などで寝起きすることがある」と答えた。  住居を失った理由は「仕事を辞めて家賃が払えない」「仕事を辞めて寮などを出た」が計54%。「家族との関係悪化」が13%だった。現状は87%が仕事には就いているが、そのうち労働形態はパート・アルバイト(41%)、派遣労働者(40%)など不安定な働き方が計86%を占める。回答者の47%は月収「10万~15万円」で、「5万~10万円」も13%いた。  「今後、求職活動の予定はない」と答えた人は43%だった。一方、求職活動をしている人は15%いたが、「求人条件の年齢があわない」(26%)、「履歴書に書く住所がない」(23%)などの悩みを抱えていたという。  都は08年から「ネットカフェ難民」と呼ばれる人たちの住居探しや就労などの支援をしている。今回の結果について、担当者は「一定の収入がある人も少なくなく、多様化している。きめ細かな支援や相談窓口に関する情報提供が必要」といい、より効果的な施策を検討するという。 via 朝日新聞デジタル ネットカフェ難民、都内に推計4千人 30代が4割近く

 

ネカフェ難民、実に4000人

まず第一に、この数字がこれまで行政によって調べられてこなかったという事実に驚いています。もう5年も10年も前から騒がれていたネット難民の問題を、ずっと無視してきたというのでしょうか。一体これまでにどれだけの人たちがこの不安定な生活で死んでいったのか、想像するだけで恐ろしいものがあります。

 

とにもかくにも、これだけの数字が出たということは非常に重要なことでしょう。しかも興味深いのは、彼らの内の多くが何らかの形で働いているという点です。もちろん非正規雇用などが多く安定したモノではありませんが、仕事を終えたらネカフェに戻ってシャワーを浴び、着替えて眠りに就き、洗濯はコインランドリーなどで行い、そしてまた仕事へネカフェから行く、そんな嘘みたいな生活をしている人たちが本当にいるということです。

 

体も休まらないでしょうし、非正規雇用でこれからの仕事がどうなるかも全くわからないような生活をしている人がこれだけいる。心身ともにボロボロの状態になっていると予想されますが、一体誰が彼らを救うというのでしょうか。

 

住所が無いとダメ、な日本は滑り台社会

今回の報道より前からずっと言われていることでしたが、日本は滑り台社会だと言われています。すなわち、一度レールに外れた場合に一気に落ちていくということです。生活を支えるものが何もなく、唯一あるのが生活保護です。生活保護に落ち込む前に支えられるネットが幾つかあれば早い段階で社会に復帰することが出来るのですが、それが無いため一気にギリギリのところまで落ちてしまうのです。

 

日本は住所がないと働かせてくれないところがたくさんあります。また、生活保護についても同様です。お金が無くて生きていけなくて住む場所もない人間に対して支援するのが生活保護なのに、生活保護のためには住所が必要だというのです。なんというか、バカとしか言いようがない仕組みになっているんですね。問題の本質が理解されていない。

 

彼らは30-50代がほとんど、これから正社員になれる可能性は決して高くないでしょう。その日暮らしに近い状態ですから貯金をすることも難しいと思います。そうすると、彼らの老後は誰が支えるのでしょうか。もちろん年金なども払っていないでしょうから、とはいえ野垂れ死にさせるわけにもいかない。日本はとんでもない層を作り出してきてしまっています。この歪みは必ず将来に重くのしかかるでしょう。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告



画像RSS





カテゴリー

ページ上部へ戻る