2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

結婚が義務でなくなってきた世代が望むのは「成り行き」

一昔前であれば出世のために結婚が必須でした。一人前になるためには世帯を持つことが重要だったのです。しかし、今ではそうではありません。恋愛、結婚における価値観は世代によって全く異なる時代がやってきています。



20代のうちに結婚したいと思う人の割合は、時代と共に減少傾向にあるようだ。楽天オーネットは、30~34歳、40~44歳、50~54歳、60~64歳の男女336人を対象に調査を実施し、1月16日に結果を発表した。 成人したときに20代で結婚したいと思っていた女性の割合は、60代の73.2%に対し、30代が62.5%と、10ポイント以上低い。逆に、30代で結婚したいと思っていた女性は、60代が2.4%、30代が7.5%と、若い世代ほど多い傾向が見られた。 「今後も一人でいたい」生涯独身を希望する男性も1割存在 結婚したいと思っていた年齢 結婚したいと思っていた年齢 20歳のときに20代で結婚したいと思っていた男性の割合も、60代が54.6%、30代は30.8%と差がある。35~39歳で結婚したいと思っていた人は、60代・50代ではいなかったが、30代では10.3%だった。早く結婚したいという人の減少が、晩婚化を推し進めているようだ。 希望していた通りに結婚したかどうかを聞くと、60代女性では48.8%と半数近い人が希望通りだったと回答。しかし50代では39.5%、40代では31.6%、30代では22.5%と、若年層ほど希望通りにはいっていない様子が伺えた。 男性の場合、希望通り結婚した人は60代50%、50代36.8%、40代36.6%、30代12.8%。男女ともに、希望した年齢で結婚できている若い世代は少ないらしい。 未婚者を対象に今後について聞くと、「特に考えていないが成り行きにまかせる」という人が36.0%で最も多く、次いで「付き合っている人はいないが、いい人と出会いたい」が34.7%だった。男女別に見ると、女性は全体と同じ傾向だったが、男性は「付き合っている人はいないが、いい人と出会いたい」が37.5%で最も多かった。 「付き合っている人もいないし、今後も一人でいたい」と生涯独身を希望する人は、女性で5.7%、男性で10%と少なかった。 via キャリコネニュース「20代で結婚したい人は減少傾向 未婚男女の約4割が「成り行きにまかせる」と消極的」

0116age 結婚が義務でなくなってきた世代が望むのは「成り行き」

 

結婚が義務だった時代

いまの20代、30代ではほとんど想像がつかないはずですが、昔は結婚が半ば義務のようなものでした。それをしていないと非常に恥ずかしいことであり、また一人前の人間としてみなされず企業での出世などにも明確な影響を及ぼしていたものでした。つまりプライベートな部分とオフィシャルな部分は地続きであり、それぞれが明確に関係していたのです。

 

結婚は義務であったので、いまのような恋愛結婚だけに頼っているわけにはいかず、見合い文化も強烈に発展していきました。また、親や親戚による紹介も公然と行われていました。それが時代の変化を受けて、すっかり変わってしまいました。その理由には種々挙げられていますが、都市化にともなって家元を離れたり交友関係を把握しづらくなったこともあるのではと考えています。

 

成り行きを望む若者たち

結婚や子育ては重い。重いというのは様々な意味があると思いますが、今では意思決定の大変さというのが一つ、生活費などのコストの面がもう一つというところでしょうか。恋愛におけるコストが高すぎると疲れてしまったり、生活費が増すようでしたら億劫で中々本気で取り組む気にならないのです。一体なぜでしょうか?

 

これは他の場所でもたくさん論じてきましたが、答えは一つだと思っています。それはつまり「時間とお金の余裕」が若者に与えられていないことです。時間がなくては恋愛も中々出来ません、お金がなければ将来のことを考えたり子育てのことを考えることも恐ろしいことです。

 

長時間労働でプライベートを奪われ、かつ低成長で賃金が増えていかない若者たちに恋愛や結婚、子育てという人生の大きなタスクを簡単にこなせると思ってはいけません。このような状態を生み出したのは、まさにいま50-60代の人たちであるということも忘れるわけにはいきません。社会をより豊かなものにする責任を持った大人達が、その責務を果たせなかった。これもまた事実でしょう。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告



画像RSS





カテゴリー

ページ上部へ戻る