2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

女性専用車両に男が乗ってもその制度は無くならないからただキモいだけ

なんでわざわざこんなことをするのか全く分からない。なぜなら、このような行為がこの人たちの抱えている課題を解決したりはしないからである。



東京メトロ・千代田線の国会議事堂前駅で2月16日午前8時38分ごろ、停車中の女性専用車両に男性数人が乗車してトラブルとなり、電車が12分遅延した。東京メトロ広報は「それ以上の詳細は、現在調査中」としている。

今回の一件との関連は不明だが、「女性専用車両」に反対する男性が、あえて女性専用車両に乗り込んでトラブルになるケースは以前から一部で起きている。ネット上には、2月16日に男性が女性専用車両に乗れるか確認すると宣言しているグループもあった。

公式サイトによると、東京メトロは、「痴漢をはじめとする迷惑行為の抑止」などの理由で女性専用車両を導入。駅では「女性専用車は、女性のお客様のほか、小学生以下のお客様、おからだの不自由なお客様とその介護者の方も乗車できます」と掲示している。

東京メトロ広報によると、「女性専用車両のルールには法的強制力はなく、このルールでお願いしますとご理解を求めているもの」だという。千代田線では、朝7時10分に代々木上原/綾瀬を出発する列車から、午前9時30分まで実施している。

via: 女性専用車両に男性数人が乗り込みトラブル。通勤ラッシュ時の千代田線が12分遅れる

5130 2 1 女性専用車両に男が乗ってもその制度は無くならないからただキモいだけ

 

根本的にズレてる

なんかもうこういうニュース聞くと本当にドン引きしますね。何が一番ドン引きするって、こういうことをしても全然意味がないことなのにそれをやっているところです。腹が立つというかムカつくというか気持ち悪いというかどう表現したら良いかわかりませんが、まともな政治的な行動にすらなっていないんですよね。

 

もっと言うならば、女性専用車両を問題視するならもっと違うアプローチがあるということなんです。なんでこんな反感を買うやり方をするのかわからない。実際女性の被害がこれだけ騒がれている中、女性専用車両に乗り込むという行為には全然意味がありません。むしろそういう暴力性をこそ恐れられて現状の仕組みができているというのに。

 

それよりも普通の電車における痴漢男性に対して啓蒙するような活動をすることや、あるいは男性専用車両を作るためのアクションをしたほうがよほどマシでしょう。個人的には後者がおすすめですね。理屈としては男性専用車両を作ればだまりそうなので、さっさと黙らせるのが良いと考えているからです。

 

問題の本質は混雑にある

大体ですね、そもそもとんでもない混雑率自体が問題なわけです。あれだけ大量の人間が詰め込まれてしまっているから監視カメラだって役に立たないですし、犯人を見つけるのも難しいですし、冤罪だって生まれてしまっている。これはもう構造的な問題です。女性専用車両なんて作った所で結局ほとんどの女性はその車両に乗れないわけですよ。物理的に。

 

これは男性専用車両も同様です。ただ、このようなアクション自体には意味があります。どうしても共用のものに乗りたくない人に選択肢を与えるという意味では価値があるからです。でも、実際そんな車両作った所でほとんどの男性は乗れません。人が多すぎるからです。これって結局問題解決になると思いますか? そもそも限界があるだろうと私は思うのです。

 

非常に残念なことですが、いまの都市過密的な労働環境がある限り痴漢問題などは無くしようがありません。対処にも限界があります。それでもその中に公平性を求めるなら、男性専用車両を作ってこういうわけのわからない人間による加害を防ぐのが手っ取り早いように思うのです。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告



画像RSS





カテゴリー

ページ上部へ戻る